Amazon EC2 インスタンスタイプの検索 - Amazon Elastic Compute Cloud

Amazon EC2 インスタンスタイプの検索

インスタンスの起動前には、使用するインスタンスタイプを選択しなければなりません。選択するインスタンスタイプは、コンピューティング、メモリ、ストレージリソースなど、ワークロードが必要とするリソースに応じて異なる場合があります。ワークロードに適したインスタンスタイプをいくつか特定し、テスト環境でそれらのパフォーマンスを評価することは有益な場合があります。負荷時のアプリケーションのパフォーマンスを測定するための、代替手段はありません。

EC2 インスタンスをすでに実行している場合は、AWS Compute Optimizer を使用すると、パフォーマンスの向上、コストの削減、またはその両方に使用するインスタンスタイプの、推奨事項を取得できます。詳細については、インスタンスタイプに関する推奨事項の取得 を参照してください。

コンソールを使用したインスタンスタイプの検索

Amazon EC2 コンソールを使用して、ニーズに合ったインスタンスタイプを検索できます。

コンソールを使用したインスタンスタイプを検索するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションバーから、インスタンスを起動するリージョンを選択します。お客様は場所に関係なく、使用できるリージョンをどれでも選択できます。

  3. ナビゲーションペインで、[インスタンスタイプ] を選択します。

  4. (オプション) プリファレンス (歯車) アイコンを選択して オンデマンド Linux 料金などの表示するインスタンスタイプ属性を選択し、次に [確認] を選択します。または、インスタンスタイプの名前を選択して詳細ページを開き、コンソールで使用できるすべての属性を表示します。このコンソールには、API またはコマンドラインで使用できる属性のすべては表示されません。

  5. インスタンスタイプ属性を使用して、ニーズを満たすインスタンスタイプのみがリスト表示されるようにフィルタリングします。例えば、以下の属性でフィルターをかけることができます。

    • アベイラビリティーゾーン — アベイラビリティーゾーン、ローカルゾーン、Wavelength Zone の名前。詳細については、リージョンとゾーン を参照してください。

    • vCPU または コア — vCPUs またはコアの数。

    • [Memory (GiB)] (メモリ (GiB)) — メモリサイズ (GiB 単位)。

    • [Network performance] (ネットワークパフォーマンス) — ネットワークパフォーマンス (ギガビット)。

    • [Local instance storage] (ローカルインスタンスストレージ) — インスタンスタイプにローカルインスタンスストレージがあるかどうかを示します (true|false)。

  6. (オプション) 並べて比較するには、複数のインスタンスタイプに対応するチェックボックスをオンにします。比較は、画面下部に表示されます。

  7. (オプション) インスタンスタイプのリストをカンマ区切り値 (.csv) ファイルで保存してさらに見直せるようにするには、[Actions] (アクション)、[Download list] (リスト CSV をダウンロード) の順に選択します。このファイルには、設定したフィルターに一致するすべてのインスタンスタイプが含まれます。

  8. (オプション) ニーズを満たすインスタンスタイプを使用してインスタンスを起動するには、インスタンスタイプのチェックボックスをオンにして [Actions] (アクション)、[Launch instance] (インスタンスを起動) の順に選択します。詳細については、新しいインスタンス起動ウィザードを使用してインスタンスを起動する を参照してください。

AWS CLI を使用したインスタンスタイプの検索

Amazon EC2 の AWS CLI コマンドを使用して、ニーズに合ったインスタンスタイプを見つけることができます。

AWS CLI を使用してインスタンスタイプを検索するには

  1. まだ AWS CLI を用意していない場合はインストールします。詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドを参照してください。

  2. インスタンス属性に基づいてインスタンスタイプをフィルターするには、ribe-instance-types コマンドを使用します。例えば、次のコマンドを使用すると、64 GiB (65536 MiB) のメモリを持つ現行世代のインスタンスタイプのみを表示できます。

    aws ec2 describe-instance-types --filters "Name=current-generation,Values=true" "Name=memory-info.size-in-mib,Values=65536" --query "InstanceTypes[*].[InstanceType]" --output text | sort
  3. 場所 (リージョンまたはゾーン) によって提供されるインスタンスタイプをフィルタリングするには、describe-instance-type-offings コマンドを使用します。例えば、次のコマンドを使用して、指定されたゾーンで提供されるインスタンスタイプを表示できます。

    aws ec2 describe-instance-type-offerings --location-type "availability-zone" --filters Name=location,Values=us-east-2a --region us-east-2 --query "InstanceTypeOfferings[*].[InstanceType]" --output text | sort
  4. ニーズを満たすインスタンスタイプを見つけたら、インスタンスを起動するときにこれらのインスタンスタイプを使用できるように、そのリストを保存しておきます。詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの「インスタンスの起動」を参照してください。