インスタンスユーザーデータの使用 - Amazon Elastic Compute Cloud

インスタンスユーザーデータの使用

インスタンスユーザーデータを使用する場合は、次の点に注意してください。

  • ユーザーデータは、base64 でエンコードされている必要があります。Amazon EC2コンソールは、base64 エンコードを実行したり、base64 エンコード入力を受け入れたりできます。

  • ユーザーデータは raw 形式の 16 KB に制限されます (以前は base64 エンコード)。base64 エンコード後の 文字列の長さサイズ n は、ceil(n/3)*4 です。

  • ユーザーデータを取得するときにユーザーデータを base64 デコードする必要があります。インスタンスのメタデータあるいはコンソールを使用してデータを取得する場合、自動的にデコードされます。

  • ユーザーデータは非透過的なデータとして取り扱われ、指定したデータがそのまま返されます。このデータを解釈できるかどうかは、インスタンスによって異なります。

  • インスタンスを停止してユーザーデータを変更した場合、インスタンスを起動しても、更新されたユーザーデータはは実行されません。

起動時にインスタンスユーザーデータを指定する

インスタンスの起動時のユーザーデータを指定できます。詳細については、「インスタンス起動ウィザードを使用したインスタンスの起動」および「起動時に Linux インスタンスでコマンドを実行する」を参照してください。

インスタンスユーザーデータを変更する

ルートボリュームが EBS ボリュームの場合は、停止状態のインスタンスのユーザーデータを変更することができます。詳細については、「インスタンスユーザーデータの表示と更新」を参照してください。

インスタンスユーザーデータを取得する

実行中のインスタンス内からユーザーデータを取得するには、次の URI を使用します。

http://169.254.169.254/latest/user-data

ユーザーデータのリクエストは、データをそのままの状態で返します (コンテンツタイプ application/octet-stream)。

この例は、カンマで区切られたテキストとして指定されたユーザーデータを返します。

IMDSv2
[ec2-user ~]$ TOKEN=`curl -X PUT "http://169.254.169.254/latest/api/token" -H "X-aws-ec2-metadata-token-ttl-seconds: 21600"` \ && curl -H "X-aws-ec2-metadata-token: $TOKEN" -v http://169.254.169.254/latest/user-data 1234,john,reboot,true | 4512,richard, | 173,,,
IMDSv1
[ec2-user ~]$ curl http://169.254.169.254/latest/user-data 1234,john,reboot,true | 4512,richard, | 173,,,

この例では、スクリプトとして指定されたユーザーデータを返します。

IMDSv2
[ec2-user ~]$ TOKEN=`curl -X PUT "http://169.254.169.254/latest/api/token" -H "X-aws-ec2-metadata-token-ttl-seconds: 21600"` \ && curl -H "X-aws-ec2-metadata-token: $TOKEN" -v http://169.254.169.254/latest/user-data #!/bin/bash yum update -y service httpd start chkconfig httpd on
IMDSv1
[ec2-user ~]$ curl http://169.254.169.254/latest/user-data #!/bin/bash yum update -y service httpd start chkconfig httpd on

お使いのコンピュータからインスタンスのユーザーデータを取得するには、「ユーザーデータと AWS CLI」を参照してください。