Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

Amazon EC2 のモニタリング

モニタリングは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスおよび AWS ソリューションの信頼性、可用性、およびパフォーマンスを維持する上で重要な部分です。マルチポイント障害が発生した場合は、その障害をより簡単にデバッグできるように、AWS ソリューションのすべての部分からモニタリングデータを収集する必要があります。ただし、Amazon EC2 のモニタリングを開始する前に、次の内容を盛り込んだモニタリング計画を作成する必要があります。

  • モニタリングの目的とは?

  • モニタリングの対象となるリソースとは ?

  • どのくらいの頻度でこれらのリソースをモニタリングしますか?

  • 使用するモニタリングツールは?

  • 誰がモニタリングタスクを実行しますか?

  • 誰が問題が発生したときに通知を受け取りますか?

モニタリングの目的を定義し、モニタリングの計画を作成したら、次のステップとして、お客様の環境内で通常の Amazon EC2 パフォーマンスのベースラインを確立します。さまざまな時間帯に、さまざまな負荷条件で Amazon EC2 パフォーマンスを測定します。Amazon EC2 をモニタリングしながら、収集したモニタリングデータの履歴を格納する必要があります。現在の Amazon EC2 パフォーマンスをこの履歴データと比較して、通常のパフォーマンスパターンとパフォーマンス異常を識別することで、異常への対処方法を考案することが容易になります。たとえば、EC2 インスタンスの CPU 使用率、ディスク I/O、およびネットワーク使用率をモニタリングすることができます。確立したベースラインからパフォーマンスが外れた場合は、インスタンスの再設定または最適化を行って CPU 使用率の抑制、ディスク I/O の改善、またはネットワークトラフィックの低減を行うことが必要な場合があります。

ベースラインを確立するには、少なくとも、次の項目をモニタリングする必要があります。

モニタリング対象の項目 Amazon EC2 メトリクス エージェント / CloudWatch Logs のモニタリング

CPU 使用率

CPUUtilization

ネットワーク使用率

NetworkIn

NetworkOut

ディスクパフォーマンス

DiskReadOps

DiskWriteOps

ディスクの読み書き

DiskReadBytes

DiskWriteBytes

メモリの使用率、ディスクスワップの使用率、ディスクスペースの使用状況、ページファイルの使用状況、ログ収集

[Linux および Windows Server インスタンス] CloudWatch エージェントを使用して Amazon EC2 インスタンスとオンプレミスサーバーからメトリクスを収集する

[Windows Server インスタンスでの以前の CloudWatch Logs エージェントからの移行] Windows Server インスタンスのログ収集を CloudWatch エージェントに移行する