Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

リザーブドインスタンス のタイプ (提供しているクラス)

リザーブドインスタンス を購入するとき、スタンダードあるいはコンバーティブルの提供クラスから選択できます。リザーブドインスタンス は、期間内で単一のインスタンスタイプ、プラットフォーム、スコープ、テナンシーに適用されます。コンピューティングに変更が必要な場合、提供クラスによって、リザーブドインスタンス を変更または交換することができます。提供クラスには追加の制約あるいは制限がある場合があります。

以下に、スタンダード提供クラスとコンバーティブル提供クラスの違いを示します。

スタンダード リザーブドインスタンス コンバーティブルリザーブドインスタンス
インスタンスサイズなどの一部の属性は期間中に変更できますが、インスタンスファミリーは変更できません。スタンダード リザーブドインスタンス は交換できず、変更のみができます。詳細については、「リザーブドインスタンス の変更」を参照してください。 期間内で、インスタンスファミリー、インスタンスタイプ、プラットフォーム、スコープやテナンシーなどの新しい属性の別の コンバーティブルリザーブドインスタンス に交換することができます。詳細については、「コンバーティブルリザーブドインスタンス の交換」を参照してください。また、コンバーティブルリザーブドインスタンス の一部の属性を変更することもできます。詳細については、「リザーブドインスタンス の変更」を参照してください。
リザーブドインスタンスマーケットプレイス で販売できます。 リザーブドインスタンスマーケットプレイス で販売できません。

スタンダードと コンバーティブルリザーブドインスタンス は、特定のアベイラビリティーゾーン (ゾーン リザーブドインスタンス) 内のインスタンス、またはリージョン (リージョン リザーブドインスタンス) 内のインスタンスに適用するために購入できます。詳細な説明と例については、「リザーブドインスタンス がどのように適用されるか」を参照してください。

日、週、または月ベースで処理能力の予約購入を繰り返す場合は、スケジュールされたリザーブドインスタンス で、ニーズが満たされている可能性があります。詳細については、「スケジュールされたリザーブドインスタンス」を参照してください。