スポットフリートのリクエストタイプ - Amazon Elastic Compute Cloud

スポットフリートのリクエストタイプ

スポットフリートリクエストには2 つのタイプがあります。

request

リクエストタイプを request として設定した場合、スポットフリートは希望する容量に非同期ワンタイムリクエストを配置します。それ以降にスポットの中断のためにキャパシティーが減少した場合、フリートは スポットインスタンス の補充を試みません。また、キャパシティーが利用できない場合にも代替のスポットキャパシティープールへのリクエストを送信しません。

maintain

(デフォルト) リクエストタイプを maintain として設定した場合、スポットフリートは希望する容量に非同期リクエストを配置し、中断された スポットインスタンス を自動的に補充して、容量を維持します。

Amazon EC2 コンソールでリクエストのタイプを指定するには、スポットフリートリクエストを作成するときに次の操作を行います。

  • タイプ request のスポットフリートを作成するには [Maintain target capacity] (ターゲット容量を維持する) チェックボックスをクリアにします。

  • タイプ maintain のスポットフリートを作成するには [Maintain target capacity] (ターゲット容量を維持する) チェックボックスを選択します。

詳細については、定義済みパラメータを使用してスポットフリートリクエストを作成する (コンソール)を参照してください。

どちらのリクエストタイプも分散戦略の恩恵を受けます。詳細については、スポットインスタンスの配分戦略を参照してください。