スポットフリートインスタンスの分量指定 - Amazon Elastic Compute Cloud

スポットフリートインスタンスの分量指定

スポットインスタンス のフリートをリクエストする際に、それぞれのインスタンスタイプがアプリケーションのパフォーマンスに貢献するように容量ユニットを定義し、また、インスタンスの分量指定を利用してスポットキャパシティープールごとに上限価格を調整できます。

デフォルトでは、指定する料金は 1 インスタンス時間あたりの料金となります。インスタンスの分量指定機能を使用すると、指定した料金は ユニット時間ごと の料金となります。 ユニット時間あたりの使用料金はインスタンスタイプの料金を対応するユニット数で割って計算できます。スポットフリートは、ターゲット容量をインスタンス分量で割ることで、起動するインスタンス数を計算します。結果が整数でない場合、スポットフリートはその数を次の整数に切り上げ、そのためフリートのサイズがターゲット容量以上になります。起動されたインスタンスの容量がリクエストされたターゲット容量を超えた場合でも、スポットフリートは起動仕様で指定したどのプールでも選択できます。

以下の表では、スポットフリートリクエストのターゲット容量が 10 の場合の、単位あたりの料金を計算する例を示します。

インスタンスタイプ インスタンスの分量 インスタンス時間あたりのスポット料金 ユニット時間あたりの価格 起動されたインスタンスの数
r3.xlarge

2

0.05 USD

.025

(.05 ÷ 2)

5

(10 ÷ 2)

インスタンスタイプ インスタンスの分量 インスタンス時間あたりのスポット料金 ユニット時間あたりの価格 起動されたインスタンスの数
r3.8xlarge

8

0.10 USD

.0125

(.10 ÷ 8)

2

(10 ÷ 8、結果切り上げ)

次のように、スポットフリートのインスタンスの分量指定を使用して、受理時に単位ごとの最低価格のプールに指定するターゲット容量をプロビジョニングします。

  1. スポットフリートのターゲット容量を、インスタンス (デフォルト) または仮想 CPU、メモリ、ストレージまたはスループットなどご希望のユニットで設定します。

  2. ユニットあたりの料金を設定します。

  3. 各起動設定で、インスタンスタイプがターゲット容量に対して必要なユニット数である分量を指定します。

インスタンスの分量指定例

次の設定のスポットフリートリクエストの場合を考えます。

  • ターゲット容量 24

  • r3.2xlarge のインスタンスタイプの起動条件と分量 6

  • c3.xlarge のインスタンスタイプの起動条件と分量 5

分量とは、インスタンスタイプがターゲット容量に対して必要なユニット数を表します。最初の起動条件がユニットあたりの料金を最低値で提供する場合 (インスタンス時間あたりの r3.2xlarge の料金を 6 で割ったもの)、スポットフリートはこれらのインスタンスから 4 つを起動します (24 を 6 で割ったもの)。

2 番目の起動仕様がユニットあたりの最低料金を提供する場合 (インスタンス時間あたりの c3.xlarge の料金を 5 で割ったもの)、スポットフリートはこれらのインスタンスから 5 個を起動します (24 を 5 で割ったもの、結果は切り上げられる)。

インスタンスの分量指定と配分戦略

次の設定のスポットフリートリクエストの場合を考えます。

  • ターゲット容量 30

  • c3.2xlarge のインスタンスタイプの起動条件と分量 8

  • m3.xlarge のインスタンスタイプの起動条件と分量 8

  • r3.xlarge のインスタンスタイプの起動条件と分量 8

スポットフリートは、4 個のインスタンスを起動します (30 を 8 で割ったもの、結果を切り上げ)。diversified 戦略では、スポットフリート は 3 プールごとに 1 インスタンスを起動し、4 つ目のインスタンスはいずれかのプールで、単位あたりの最低価格を提供します。