メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Linux インスタンス用ユーザーガイド

T2 インスタンス

T2 インスタンスは、ベースラインレベルの CPU パフォーマンスを実現するとともに、ワークロードの必要に応じて高いレベルまでバーストする機能を実現できるように設計されています。T2 インスタンスはマイクロサービス、低レイテンシーのインタラクティブアプリケーション、小規模および中規模のデータベース、仮想デスクトップ、開発、構築、およびステージ環境、コードリポジトリと製品プロトタイプなどの幅広い汎用アプリケーションに最適です。

T2 インスタンスの料金体系と追加ハードウェアの詳細については、「Amazon EC2 料金表」および「Amazon EC2 インスタンスタイプ」を参照してください。

アカウントを作成してから 12 か月未満の場合は、特定の使用制限内でt2.micro インスタンスを使用できます。詳細については、「AWS Free Tier」を参照してください。

ハードウェア仕様

各 Amazon EC2 インスタンスタイプのハードウェア仕様については、「Amazon EC2 インスタンスタイプ」を参照してください。

T2 インスタンスの要件

T2 インスタンスを作成するための要件を以下に示します。

  • T2 インスタンスは仮想プライベートクラウド (VPC) で起動する必要があります。EC2-Classic プラットフォームではサポートされません。Amazon VPC を使用すると、定義した仮想ネットワーク内で AWSリソースを起動できます。EC2-Classic の既存のインスタンスのインスタンスタイプを T2 インスタンスタイプに変更することはできません。EC2-Classic および EC2-VPC の詳細については、「サポートされているプラットフォーム」を参照してください。VPC 専用インスタンスの起動の詳細については、「VPC でのみ利用可能なインスタンスタイプ」を参照してください。

  • T2 インスタンスは、HVM AMI を使用して起動する必要があります。詳細については、「Linux AMI 仮想化タイプ」を参照してください。

  • T2 インスタンスの起動には、Amazon EBS ボリュームをルートデバイスとして使用する必要があります。詳細については、「Amazon EC2 ルートデバイスボリューム」を参照してください。

  • T2 インスタンスは、オンデマンドインスタンス、リザーブドインスタンス および スポットインスタンス しては使用できますが、スケジュールされたインスタンス、または ハードウェア専有インスタンス としては使用できず、Dedicated Host でもサポートされていません。これらのパラメータの詳細については、インスタンス購入オプションを参照してください。

  • リージョンで起動できるインスタンスの合計数には制限があります。また、一部のインスタンスタイプにはその他の制限もあります。デフォルトでは、最大 20 個の T2 インスタンスを同時に実行できます。さらに多くの T2 インスタンスが必要な場合は、Amazon EC2 インスタンス申請フォームを使用して、インスタンスの追加を申請できます。

  • 選択する T2 インスタンスのサイズが、オペレーティングシステムおよびアプリケーションの最小メモリ要件を満たしていることを確認します。多くのメモリおよび CPU リソースを消費するグラフィカルユーザーインターフェースを使用するオペレーティングシステム (Windows など) は、多くのユースケースで t2.micro 以上のインスタンスサイズを必要とする場合があります。メモリおよび CPU の要件が時間が経つにつれて増大したときは、より大きな T2 インスタンスサイズまたはその他の EC2 インスタンスタイプにススケールすることができます。

ベストプラクティス

これらのベストプラクティスに従って、T2 インスタンスの利点を最大限に活用してください。

  • 推奨される AMI の使用

    Linux T2 インスタンスには、最新の Amazon Linux 2 AMI をお勧めします。

  • 自動復旧の有効化

    EC2 インスタンスをモニタリングし、何らかの原因でインスタンスに障害が発生した場合に、インスタンスを自動的に復旧するための CloudWatch アラームを作成できます。詳細については、「Amazon CloudWatch アラームへの復旧アクションの追加」を参照してください。