インスタンスの詳細モニタリングを有効または無効にする - Amazon Elastic Compute Cloud

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

インスタンスの詳細モニタリングを有効または無効にする

デフォルトでは、インスタンスで基本モニタリングが有効になります。オプションで詳細モニタリングを有効にできます。詳細モニタリングを有効にすると、Amazon EC2 コンソールに、インスタンスの 1 分間ごとのモニタリンググラフが表示されます。

以下では、インスタンスの基本モニタリングおよび詳細モニタリングのためのデータ間隔と料金について説明します。

モニタリングタイプ 説明 料金
基本モニタリング データは自動的に 5 分間隔で取得されます。 料金は発生しない
詳細モニタリング データは 1 分間隔で取得されます。このレベルのデータを取得するには、インスタンスのデータ取得を明確に有効にする必要があります。詳細モニタリングを有効にしたインスタンスでは、同様のインスタンスグループの集約データを取得することもできます。 料金は、CloudWatch に送信されるメトリックスごとに発生します。データストレージに対しては料金が発生しません。詳細については、「Amazon CloudWatch の料金」ページの、「有料利用枠」および「例 1 –EC2 の詳細モニタリング」を参照してください。

必要な IAM アクセス許可

インスタンスの詳細モニタリングを有効にするには、IAM ユーザーに MonitorInstances API アクションを使用するためのアクセス許可が必要です。インスタンスの詳細モニタリングをオフにするには、IAM ユーザーに UnmonitorInstances API アクションを使用するためのアクセス許可が必要です。

詳細モニタリングを有効にする

インスタンスが実行または停止された後で、起動時にインスタンスの詳細モニタリングを有効にできます。インスタンスで詳細モニタリングを有効にしても、そのインスタンスに接続されている EBS ボリュームのモニタリングには影響しません。詳細については、「Amazon EBS の Amazon CloudWatch メトリクス」を参照してください。

New console

既存のインスタンスの詳細モニタリングを有効にするには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。

  3. インスタンスを選択し、[Actions (アクション)]、[Monitoring (モニタリング)]、[Manage detailed monitoring (詳細モニタリングの管理)] の順に選択します。

  4. [Detailed monitoring (詳細モニタリング)] 詳細 ページの [Detailed monitoring (詳細モニタリング)] で、[Enable (有効)] チェックボックスをオンにします。

  5. [Save] (保存) をクリックします。

インスタンスの起動時に詳細モニタリングを有効にするには

AWS マネジメントコンソール を使用してインスタンスを起動する場合は、[Configure Instance Details] ページの [Monitoring] チェックボックスをオンにします。

Old console

既存のインスタンスの詳細モニタリングを有効にするには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。

  3. インスタンスを選択して、[Actions]、[CloudWatch Monitoring]、[Enable Detailed Monitoring] を選択します。

  4. [詳細モニタリングを有効化] ダイアログボックスで、[Yes, Enable] を選択します。

  5. [Close] を選択します。

インスタンスの起動時に詳細モニタリングを有効にするには (コンソール)

AWS マネジメントコンソール を使用してインスタンスを起動する場合は、[Configure Instance Details] ページの [Monitoring] チェックボックスをオンにします。

AWS CLI

既存のインスタンスの詳細モニタリングを有効にするには

次の monitor-instances コマンドを使用して、指定したインスタンスの詳細モニタリングを有効にします。

aws ec2 monitor-instances --instance-ids i-1234567890abcdef0

インスタンスの起動時に詳細モニタリングを有効にするには

run-instances コマンドを --monitoring フラグとともに使用して詳細モニタリングを有効にします。

aws ec2 run-instances --image-id ami-09092360 --monitoring Enabled=true...

詳細モニタリングの無効化

インスタンスが実行または停止された後で、起動時にインスタンスの詳細モニタリングを無効にできます。

New console

詳細モニタリングを無効にするには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。

  3. インスタンスを選択し、[Actions (アクション)]、[Monitoring (モニタリング)]、[Manage detailed monitoring (詳細モニタリングの管理)] の順に選択します。

  4. [Detailed monitoring (詳細モニタリング)] 詳細 ページの [Detailed monitoring (詳細モニタリング)] で、[Enable (有効)] チェックボックスをオフにします。

  5. [Save] (保存) をクリックします。

Old console

詳細モニタリングを無効にするには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。

  3. インスタンスを選択して、[Actions]、[CloudWatch Monitoring]、[Disable Detailed Monitoring] を選択します。

  4. [詳細モニタリングを無効化] ダイアログボックスで、[Yes, Disable] を選択します。

  5. [Close] を選択します。

AWS CLI

詳細モニタリングを無効にするには

次の unmonitor-instances コマンドを使用して、指定したインスタンスの詳細モニタリングを無効にします。

aws ec2 unmonitor-instances --instance-ids i-1234567890abcdef0