Amazon Elastic Compute Cloud
Windows インスタンス用ユーザーガイド

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) は、EC2 インスタンスで使用するためのブロックレベルのストレージボリュームを提供します。EBS ボリュームの動作は、未初期化のブロックデバイスに似ています。これらのボリュームは、デバイスとしてインスタンスにマウントできます。複数のボリュームを同じインスタンスにマウントできますが、各ボリュームをアタッチできるインスタンスは 1 度に 1 つだけです。これらのボリューム上にファイルシステムを構築できます。また、これらのボリュームをブロックデバイスを使用する場合と同じ方法で使用できます (ハードドライブとして使用するなど)。インスタンスにアタッチされているボリュームの設定は動的に変更できます。

EBS ボリュームは、同じアベイラビリティーゾーンにある実行中のどのインスタンスにもアタッチできる、可用性と信頼性に優れたストレージボリュームです。EC2 インスタンスにアタッチされた EBS ボリュームは、インスタンスの運用状況から、独立した永続性を保つストレージボリュームとして表示されます。Amazon EBS については、お客様が利用された分のみのお支払いとなります。Amazon EBS の料金の詳細については、Amazon Elastic Block Store ページの概算費用のセクションを参照してください。

AWS アカウントによって規定される制限内であれば、同一のインスタンスに複数のボリュームをアタッチできます。アカウントには、使用できる EBS ボリュームの数と、利用可能なストレージの総量に制限があります。これらの制限と、制限を緩和するよう要求する方法の詳細については、「Request to Increase the Amazon EBS Volume Limit」を参照してください。

Amazon EBS は、データにすばやくアクセスする必要があり、長期永続性が必要な場合に推奨されます。EBS ボリュームは、ファイルシステムの主要ストレージやデータベースとしての使用に特に適しています。また、細かい更新が必要なアプリケーションや、ブロックレベルの未初期化のストレージを使用する必要があるアプリケーションにも適しています。Amazon EBS は、ランダムな読み取り/書き込みに依存するデータベーススタイルのアプリケーションと、長時間の連続読み取り/書き込みを実行するスループットが高いアプリケーションの両方に適しています。

Amazon EBS の機能

  • EBS ボリュームは、特定のアベイラビリティーゾーンで作成され、そのアベイラビリティーゾーン内のインスタンスにアタッチできます。アベイラビリティーゾーンの外部でボリュームを使用できるようにするには、スナップショットを作成し、そのスナップショットをそのリージョン内の新しいボリュームに復元できます。スナップショットをその他のリージョンにコピーしてから、そのリージョン内の新しいボリュームに復元できるので、地理的な拡大やデータセンターの移行、災害復旧など、複数の AWS リージョンをより容易に活用することができます。

  • Amazon EBS には、ボリュームタイプとして 汎用 SSD (gp2)、プロビジョンド IOPS SSD (io1)、スループット最適化 HDD (st1)、および Cold HDD (sc1) が用意されています。ボリュームタイプ別のパフォーマンスとユースケースの概要は以下のとおりです。

    • 汎用 SSD ボリュームは、1 GiB あたり 3 IOPS のベースパフォーマンスを提供し、長時間にわたり 3,000 IOPS までバーストできます。これらのボリュームは、さまざまなユースケース(ブートボリューム、小規模および中規模のデータベース、開発環境やテスト環境など) に適しています。詳細については、「汎用 SSD (gp2) ボリューム」を参照してください。

    • プロビジョンド IOPS SSD ボリュームは、最大 64,000 IOPS と 1,000 MiB/秒のスループットをサポートします。これにより、EC2 インスタンスあたり何万単位の IOPS まで拡張できます。詳細については、「プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリューム」を参照してください。

    • スループット最適化 HDD ボリュームは、IOPS ではなくスループットでパフォーマンスを示す、低コストの磁気ストレージとして使用できます。これらボリュームは、Amazon EMR、ETL、データウェアハウス、ログ処理など、サイズの大きなシーケンシャルワークロードに適しています。詳細については、「スループット最適化 HDD (st1) ボリューム」を参照してください。

    • Cold HDD ボリュームは、IOPS ではなくスループットでパフォーマンスを示す、低コストの磁気ストレージとして使用できます。これらのボリュームは、サイズのコールドデータのシーケンシャルワークロードに適しています。データへのアクセス頻度が低くて、コストを削減したい場合は、これらのボリュームを安価なブロックストレージとして使用できます。詳細については、「Cold HDD (sc1) ボリューム」を参照してください。

  • EBS ボリュームを暗号化された ボリュームとして作成することで、規制/監査されるデータとアプリケーションの保管時の広範な暗号化要件に対応できます。暗号化の対象となる EBS ボリュームを作成し、サポートされているインスタンスタイプに関連付けると、そのボリュームに保管されるデータ、そのボリュームとのディスク I/O、そのボリュームから作成されたスナップショットは、すべて暗号化されます。暗号化は EC2 インスタンスをホストするサーバーで行われ、EC2 インスタンスから EBS ストレージに転送されるデータが暗号化されます。詳細については、「Amazon EBS Encryption」を参照してください。

  • EBS ボリュームの特定の時点におけるスナップショットを作成し、Amazon S3 に保管できます。長期的な耐久性を実現するために、スナップショットはデータを保護します。また、スナップショットは、新しい EBS ボリュームの開始点として使用できます。1 つのスナップショットからインスタンス化できるボリュームの数に制限はありません。これらのスナップショットは、複数の AWS リージョンにわたってコピーできます。詳細については、「Amazon EBS スナップショット」を参照してください。

  • AWS マネジメントコンソールを介して、帯域幅、スループット、レイテンシー、平均キュー長などのパフォーマンスメトリクスを使用できます。Amazon CloudWatch のこれらのメトリクスを使用してボリュームのパフォーマンスをモニタリングすると、アプリケーションに対して十分なパフォーマンスを提供できているか、無駄なリソースにコストを費やしていないかを確認できます。詳細については、「Windows インスタンスの Amazon EBS ボリュームのパフォーマンス」を参照してください。

このページの内容: