VSS 対応 EBS スナップショットからのボリュームの復元 - Amazon Elastic Compute Cloud

VSS 対応 EBS スナップショットからのボリュームの復元

RestoreVssSnapshotSampleScript.ps1 スクリプトを使用して、VSS 対応 EBS スナップショットからインスタンスにボリュームを復元できます。このスクリプトは以下のタスクを実行します。

  • インスタンスを停止する

  • インスタンスからすべての既存のドライブを削除する (ルートボリュームが除外されている場合はそれを除外)

  • スナップショットから新しいボリュームを作成する

  • スナップショットのデバイス ID タグを使用してインスタンスにボリュームをアタッチする

  • インスタンスを再起動する

重要

以下のスクリプトは、インスタンスにアタッチされたすべてのボリュームをデタッチし、スナップショットから新しいボリュームを作成します。インスタンスを適切にバックアップしていることを確認してください。古いボリュームは削除されません。必要に応じて、古いボリュームを削除するようにスクリプトを編集できます。

VSS 対応 EBS スナップショットからボリュームを復元するには

  1. AWS Tools for Windows PowerShell を開き、次のコマンドを実行して認証情報を指定します。Amazon EC2 で管理者権限を持っているか、IAM で適切なアクセス許可が付与されている必要があります。詳細については、AWS Systems Manager ユーザーガイドの「AWS Systems Manager のセットアップ」を参照してください。

    Set-AWSCredentials –AccessKey key_name –SecretKey key_name
  2. 次のコマンドを実行して、PowerShell セッションのリージョンを設定します。この例では、us-east-2 リージョンを使用しています。

    Set-DefaultAWSRegion -Region us-east-2
  3. RestoreVssSnapshotSampleScript.zip ファイルをダウンロードして、ファイルの内容を展開します。

  4. RestoreVssSnapshotSampleScript.zip をテキストエディタで開き、スクリプトの最後にあるサンプル呼び出しを編集して有効な EC2 インスタンス ID と EBS スナップショット ID を反映し、このスクリプトを PowerShell から実行します。