Windows インスタンスのパスワードを設定する - Amazon Elastic Compute Cloud

Windows インスタンスのパスワードを設定する

Windows インスタンスに接続するときは、そのインスタンスにアクセスする権限を持つユーザーアカウントとパスワードを指定する必要があります。インスタンスに初めて接続するときは、管理者アカウントとデフォルトのパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。

Windows Server 2012 R2 用の AWS Windows AMI では、EC2Config サービスがデフォルトのパスワードを生成します。Windows Server 2016 以降の AWS Windows AMI では、EC2Launch がデフォルトのパスワードを生成します。

注記

Windows Server 2016 以降では、Password never expires はローカル管理者に対して無効です。Windows Server 2012 R2 以前では、Password never expires はローカル管理者に対して有効です。

接続後に管理者パスワードを変更する

初めてインスタンスに接続するときは、管理者パスワードをデフォルトの値から変更することをお勧めします。Windows インスタンスの管理者パスワードを変更するには、次の手順を使用します。

重要

新しいパスワードを安全な場所に保存します。Amazon EC2 コンソールを使用して新しいパスワードを取得することはできません。コンソールでは、デフォルトのパスワードのみ取得できます。パスワードを変更した後、デフォルトのパスワードを使用してインスタンスに接続しようとすると、「お使いの資格情報は機能しませんでした」というエラーになります。

ローカル管理者パスワードを変更するには

  1. インスタンスに接続して、コマンドプロンプトを開きます。

  2. 次のコマンドを実行します。新しいパスワードに特殊文字が含まれている場合は、必ず二重引用符でパスワードを囲んでください。

    net user Administrator "new_password"
  3. 新しいパスワードを安全な場所に保存します。

紛失または期限切れのパスワードの変更

パスワードを忘れた場合、またはパスワードの有効期限が切れた場合は、新しいパスワードを生成できます。パスワードのリセット手順については、「忘れたまたは期限切れの Windows 管理者パスワードをリセットする」を参照してください。