EC2Launch バージョン履歴 - Amazon Elastic Compute Cloud

EC2Launch バージョン履歴

Windows Server 2016 で開始する Windows AMI には、EC2Launch と呼ばれる一連の Windows Powershell スクリプトが含まれます。EC2Launch は最初のインスタンスの起動中にタスクを実行します。Windows AMI に含まれる EC2Launch のバージョンについては、「AWS Windows AMI」を参照してください。

最新バージョンの EC2Launch をダウンロードしてインストールするには、「EC2Launch の最新バージョンのインストール」を参照してください。

次の表は、EC2Launch のリリース済みバージョンについて説明しています。バージョン 1.3.610 以降のバージョン形式は変更されていることに注意してください。

バージョン 詳細 リリース日
1.3.2004891
  • HandleUserData が想定どおり false に設定されない問題を修正しました。

  • LaunchConfig.jsonEncrypted パスワードオプションを追加しました。

  • ユーザー指定のパスワードをデフォルトで暗号化するようにSettings UI の動作を変更しました。

  • エージェント設定ファイルの Specify パスワードオプションを Encrypted パスワードオプションに変換するために SetAdminPasswordConfig.ps1 を追加しました。

2024 年 5 月 31 日
1.3.2004617
  • 壁紙を設定する際のエラーを修正しました。

2024 年 1 月 15 日
1.3.2004592
  • install.ps1 によって %ProgramData%\Amazon\EC2-Windows\Launch に設定されたアクセス権限が更新されました。

  • EC2Launch のフォルダ/ファイルへのアクセスを、標準ユーザーアカウントに対してのみ読み取り/実行に制限しました。

  • インスタンスのインスタンスメタデータサービス (IMDS) が有効化されていない場合に、IMDS が初期化されるのを待たないようにエージェントを変更しました。

  • IMDS が初期化されるのを待つ際に 5 分のタイムアウトを追加しました。

  • Windows is Ready メッセージの後ではなく前にインスタンスのコンソールログにテレメトリを書き込むようにエージェントを変更しました。

  • いくつかの新しいインスタンスタイプに壁紙のサポートが追加されました。

EC2Launch ディレクトリのアクセス許可とユーザーアカウントのアクセス許可の詳細については、「EC2Launch のディレクトリ構造」を参照してください。

2024 年 1 月 2 日
1.3.2004491
  • [管理者パスワードの指定] オプションの使用状況をモニタリングするためのテレメトリを追加しました。

2023 年 11 月 9 日
1.3.2004462
  • シリアルコンソールへの毎回の書き込み後にフラッシュが追加されました。

2023 年 10 月 18 日
1.3.2004438
  • レジストリエントリに基づいてドメイン名の権限委譲を制限: HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Dnscache\Parameters\DomainNameDevolutionLevel

  • UserdataExecution.log の許可は Administrators のみに制限されています。

  • ログの初期化に失敗したときの Windows イベントログにエラーメッセージを追加しました。

2023 年 10 月 4 日
1.3.2004256
  • EnableSCSIPersistentReservationsコンソールログに値を追加しました。

  • の再試行機能が追加されました。Get-ConsolePort

2023 年 7 月 7 日
1.3.2004052
  • インスタンスの起動時に SSH キーが指定されていない場合のエラーを修正しました。

  • 障害発生時に AmazonSSMAgent Windows サービスの開始が再試行されるように更新されました。

  • BeforeSysprep.cmd がゼロ以外の終了コードで失敗した場合に SysprepInstance.ps1 が失敗するように更新されました。

2023 年 3 月 8 日
1.3.2003975
  • SysprepInstance.ps1 が 1 の $LastErrorCode を返す Packer AMI ビルドに影響する問題を修正しました。

2022 年 12 月 24 日
1.3.2003961
  • 高速起動されたインスタンスで、明示的に指定された管理者パスワードがランダムなパスワードで上書きされる問題を修正しました。

  • SSM エージェントが小さいインスタンスタイプで起動できない問題を修正しました。

  • インスタンスコンソールログに、有効な RDP 証明書のサムプリント値の代わりに RDPCERTIFICATE-THUMBPRINT: 00000000000000000000000 が含まれる問題を修正しました。

2022 年 12 月 6 日
1.3.2003923
  • PnPDeviceID が空の場合にネットワークアダプタを検索するロジックが修正されました。

2022 年 11 月 9 日
1.3.2003919
  • PCI セグメント情報を使用するように Get-ConsolePort を更新しました。

  • 再起動後に間違ったネットワークアダプターを選択できる問題を修正します。

  • Start-SSM-Agent のタイムアウトロジックを修正しました。

  • Send-AdminCredentials 関数エイリアスの下位互換性が修正されました。

2022 年 11 月 8 日
1.3.2003857
  • プライマリネットワークアダプタが選択された場合に、デフォルトゲートウェイのあるアダプタを優先します。

  • インメモリのパスワード暗号化を拡張しました。

2022 年 10 月 3 日
1.3.2003824
  • setComputerName 中のエラーを修正しました。

  • BYOL 請求コードが検出された場合に Windows のアクティベーションをスキップするロジックを追加しました。

  • メモリ内パスワードの暗号化を追加しました。

  • m6id.4xlarge でのボリューム初期化中のエラーを修正しました。

2022 年 8 月 30 日
1.3.2003691
  • IMDSv2 リクエストのみを行うように IMDS 待機ロジックを更新しました。

  • eGPU のインストールに影響するバグを修正しました。

2022 年 6 月 21 日
1.3.2003639
  • 初期化前の使用を防ぐため、ネットワークアダプタの待機ロジックを追加しました。

  • 小さな問題を修正しました。

2022 年 5 月 10 日
1.3.2003498
  • テレメトリが追加されました。

  • 設定 UI へのショートカットを追加しました。

  • PowerShell スクリプトをフォーマットしました。

  • BeforeSysprep.cmd が完了する前にシャットダウンが発生する問題を修正しました。

2022 年 1 月 31 日
1.3.2003411 パスワード生成ロジックを変更して、複雑さの低いパスワードを除外するようにしました。 2021 年 8 月 4 日
1.3.2003364 IMDSv2 サポート付の Install-EgpuManager を更新。 2021 年 6 月 7 日
1.3.2003312
  • setMonitorAlwaysOn 設定の前後にログ行を追加。

  • コンソールログに AWS Nitro Enclaves パッケージバージョンを追加。

2021 年 5 月 4 日
1.3.2003284 ユーザデータを保存する場所を LocalAppData に更新することで、アクセス許可モデルを改善しました。 2021 年 3 月 23 日
1.3.2003236
  • Set-AdminAccount および Randomize-LocalAdminPassword でのユーザーパスワードの設定方法を更新しました。

  • 書き込み可能に設定する前に、ディスクが読み取り専用に設定されているかどうかをチェックする InitializeDisks を修正しました。

2021 年 2 月 11 日
1.3.2003210 install.ps1 のローカライゼーションを修正しました。 2021 年 1 月 7 日
1.3.2003205 %ProgramData%AmazonEC2-WindowsLaunchModuleScripts ディレクトリのアクセス許可を更新するための install.ps1 に対するセキュリティ修正。 2020 年 12 月 28 日
1.3.2003189 ルートを追加した後に w32tm resync が追加されました。 2020 年 12 月 4 日
1.3.2003155 インスタンスタイプ情報を更新しました。 2020 年 8 月 25 日
1.3.2003150 コンソール出力に OsCurrentBuildOsReleaseId を追加しました。 2020 年 4 月 22 日
1.3.2003040 IMDS バージョン 1 のフォールバックロジックを修正しました。 2020 年 4 月 7 日

1.3.2002730

IMDS V2 のサポートを追加しました。 2020 年 3 月 3 日

1.3.2002240

小さな問題を修正しました。 2019 年 10 月 31 日

1.3.2001660

Sysprep の初回実行後にパスワードなしのユーザーの自動ログイン問題を修正しました。 2019 年 7 月 2 日

1.3.2001360

小さな問題を修正しました。 2019 年 3 月 27 日

1.3.2001220

すべての PowerShell スクリプトが署名されています。 2019 年 2 月 28 日

1.3.2001200

Windows Server フェイルオーバークラスター内のノードでスクリプトを実行すると、ドライブ文字がローカルドライブ文字と一致するリモートノード上のドライブがフォーマットされるという InitializeDisks.ps1 の問題を修正しました。 2019 年 2 月 27 日

1.3.2001160

Windows 2019 の壁紙が表示されない問題を修正しました。 2019 年 2 月 22 日

1.3.2001040

  • ACPI の問題を解決するためにモニターをオフにしないように設定するためのプラグインを追加しました。

  • SQL Server のエディションとバージョンがコンソールに書き込まれます。

2019 年 1 月 21 日

1.3.2000930

ipv6 有効 ENI でメタデータへのルートの追加を修正しました。 2019 年 1 月 2 日

1.3.2000760

  • ENA デバイス用の RSS および受信キュー設定のデフォルト設定を追加しました。

  • Sysprep 中の休止状態を無効化しました。

2018 年 12 月 5 日

1.3.2000630

  • DNS サーバーに ルート 169.254.169.253/32 を追加しました。

  • 管理者ユーザー設定のフィルターを追加しました。

  • インスタンスを休止状態にするための改善。

  • 起動ごとに EC2Launch を実行するようにスケジュールオプションが追加されました。

2018 年 11 月 9 日

1.3.2000430.0

  • AMZN タイムサービスにルート 169.254.169.123/32 を追加

  • GRID ライセンスにルート 169.254.169.249/32 を追加

  • Systems Manager を開始しようとするときのタイムアウト 25 秒を追加。

2018 年 9 月 19 日

1.3.200039.0

  • EBS NVMe ボリュームが一時的なものとしてマークされる問題を修正。

  • NVME ドライバーのバージョンの追加ログを追加。

2018 年 8 月 15 日

1.3.2000080

小さな問題を修正しました。

1.3.610

出力およびエラーがユーザーデータからファイルにリダイレクトされる問題を修正しました。

1.3.590

  • 表示されないインスタンスタイプを壁紙に追加しました。

  • ドライブ文字のマッピングとディスクの設置に関する問題を修正しました。

1.3.580

  • ウェブのリクエストに対してデフォルトのシステムプロキシ設定を使用するように Get-Metadata を修正しました。

  • ディスクの初期化に NVMe の特殊なケースを追加しました。

  • 小さな問題を修正しました。

1.3.550

シャットダウンなしで Sysprep を有効化する -NoShutdown オプションを追加しました。

1.3.540

小さな問題を修正しました。

1.3.530

小さな問題を修正しました。

1.3.521

小さな問題を修正しました。

1.3.0

  • コンピュータ名の変更に伴う 16 進数の長さの問題を修正しました。

  • コンピュータ名の変更に伴って起こる場合がある再起動ループを修正しました。

  • 壁紙設定の問題を修正しました。

1.2.0

  • インストールされているオペレーティングシステム (OS) に関する情報を EC2 システムログに情報を表示するための更新。

  • EC2Launch および SSM Agent のバージョンを EC2 システムログに表示するための更新。

  • 小さな問題を修正しました。

1.1.2

  • ENA ドライバー情報を EC2 システムログに表示するための更新。

  • プライマリ NIC フィルタロジックから Hyper-V を除外するための更新。

  • KMS のアクティブ化のレジストリキー内に AWS KMS サーバーおよびポートを追加しました。

  • 複数のユーザー用に壁紙設定を改善しました。

  • 永続的なストアからのルートをクリアするための更新。

  • DNS サフィックスリストのアベイラビリティーゾーンから z を削除するための更新。

  • ユーザーデータの <runAsLocalSystem> タグの問題に対処するための更新。

1.1.1

初回リリース。