Amazon Elastic Compute Cloud
Windows インスタンス用ユーザーガイド

EC2Launch バージョン履歴

Windows Server 2016 で開始する Windows AMI には、EC2Launch と呼ばれる一連の Windows Powershell スクリプトが含まれます。EC2Launch は最初のインスタンスの起動中にタスクを実行します。Windows AMI に含まれる EC2Launch のバージョンについては、「マネージド AWS Windows AMI」を参照してください。

最新バージョンの EC2Launch をダウンロードしてインストールするには、「最新バージョンの EC2Launch のインストール」を参照してください。

次の表は、EC2Launch のリリース済みバージョンについて説明しています。

バージョン 詳細

1.3.2001660

  • Sysprep の初回実行後にパスワードなしのユーザーの自動ログイン問題を修正しました。

1.3.2001360

  • 小さな問題を修正しました。

1.3.2001220

  • すべての PowerShell スクリプトが署名されています。

1.3.2001200

  • InitializeDisks.ps1 で、Microsoft Windows Server フェイルオーバークラスタ内のノードでスクリプトを実行すると、ドライブ文字がローカルドライブ文字と一致するリモートノード上のドライブがフォーマットされるという問題を修正しました。

1.3.2001160

  • Windows 2019 の壁紙が表示されない問題を修正しました。

1.3.2001040

  • ACPI の問題を解決するためにモニターをオフにしないように設定するためのプラグインを追加しました。

  • SQL Server のエディションとバージョンがコンソールに書き込まれます。

1.3.2000930

  • ipv6 有効 ENI でメタデータへのルートの追加を修正しました。

1.3.2000760

  • ENA デバイス用の RSS および受信キュー設定のデフォルト設定を追加しました。

  • Sysprep 中の休止状態を無効化しました。

1.3.2000630

  • DNS サーバーに ルート 169.254.169.253/32 を追加しました。

  • 管理者ユーザー設定のフィルターを追加しました。

  • インスタンスを休止状態にするための改善。

  • 起動ごとに EC2Launch を実行するようにスケジュールオプションが追加されました。

1.3.2000430.0

  • AMZN タイムサービスにルート 169.254.169.123/32 を追加

  • GRID ライセンスにルート 169.254.169.249/32 を追加

  • Systems Manager を開始しようとするときのタイムアウト 25 秒を追加。

1.3.200039.0

  • EBS NVMe ボリュームが一時的なものとしてマークされる問題を修正。

  • NVME ドライバーのバージョンの追加ログを追加。

1.3.2000080

小さな問題を修正しました。

1.3.610

出力およびエラーがユーザーデータからファイルにリダイレクトされる問題を修正しました。

1.3.590

  • 表示されないインスタンスタイプを壁紙に追加しました。

  • ドライブ文字のマッピングとディスクの設置に関する問題を修正しました。

1.3.580

  • ウェブのリクエストに対してデフォルトのシステムプロキシ設定を使用するように Get-Metadata を修正しました。

  • ディスクの初期化に NVMe の特殊なケースを追加しました。

  • 小さな問題を修正しました。

1.3.550

シャットダウンなしで Sysprep を有効化する -NoShutdown オプションを追加しました。

1.3.540

小さな問題を修正しました。

1.3.530

小さな問題を修正しました。

1.3.521

小さな問題を修正しました。

1.3.0

  • コンピュータ名の変更に伴う 16 進数の長さの問題を修正しました。

  • コンピュータ名の変更に伴って起こる場合がある再起動ループを修正しました。

  • 壁紙設定の問題を修正しました。

1.2.0

  • インストールされているオペレーティングシステム (OS) に関する情報を EC2 システムログに情報を表示するための更新。

  • EC2Launch および SSM エージェントのバージョンを EC2 システムログに表示するための更新。

  • 小さな問題を修正しました。

1.1.2

  • ENA ドライバー情報を EC2 システムログに表示するための更新。

  • プライマリ NIC フィルタロジックから Hyper-V を除外するための更新。

  • KMS アクティベーションのレジストリキー内に KMS サーバーおよびポートを追加しました。

  • 複数のユーザー用に壁紙設定を改善しました。

  • 永続的なストアからのルートをクリアするための更新。

  • DNS サフィックスリストのアベイラビリティーゾーンから z を削除するための更新。

  • ユーザーデータの <runAsLocalSystem> タグの問題に対処するための更新。

1.1.1

初回リリース.