EC2Launch バージョン履歴 - Amazon Elastic Compute Cloud

EC2Launch バージョン履歴

Windows Server 2016 で開始する Windows AMI には、EC2Launch と呼ばれる一連の Windows Powershell スクリプトが含まれます。EC2Launch は最初のインスタンスの起動中にタスクを実行します。Windows AMI に含まれる EC2Launch のバージョンについては、「AWS Windows AMI」を参照してください。

最新バージョンの EC2Launch をダウンロードしてインストールするには、「EC2Launch の最新バージョンのインストール」を参照してください。

次の表は、EC2Launch のリリース済みバージョンについて説明しています。バージョン 1.3.610 以降のバージョン形式は変更されていることに注意してください。

バージョン 詳細 リリース日
1.3.2003411
  • パスワード生成ロジックを変更して、複雑さの低いパスワードを除外するようにしました。

2021 年 8 月 4 日
1.3.2003364
  • IMDSv2 サポート付の Install-EgpuManager を更新。

2021 年 6 月 2 日
1.3.2003312
  • setMonitorAlwaysOn 設定の前後にログ行を追加。

  • コンソールログに AWS Nitro Enclaves パッケージバージョンを追加。

2021 年 5 月 4 日
1.3.2003284 ユーザデータを保存する場所を LocalAppData に更新することで、アクセス許可モデルを改善しました。 2021 年 3 月 23 日
1.3.2003236
  • Set-AdminAccount および Randomize-LocalAdminPassword でのユーザーパスワードの設定方法を更新しました。

  • 書き込み可能に設定する前に、ディスクが読み取り専用に設定されているかどうかをチェックする InitializeDisks を修正しました。

2021 年 2 月 11 日
1.3.2003210 install.ps1 のローカライゼーションを修正しました。 2021 年 1 月 7 日
1.3.2003205 install.ps1 のセキュリティ修正により、%ProgramData%AmazonEC2-WindowsLaunchModuleScripts ディレクトリのアクセス許可が更新されました。 2020 年 12 月 28 日
1.3.2003189 ルートを追加した後に w32tm resync が追加されました。 2020 年 12 月 4 日
1.3.2003155 インスタンスタイプ情報を更新しました。 2020 年 8 月 25 日
1.3.2003150 コンソール出力に OsCurrentBuildOsReleaseId を追加しました。 2020 年 4 月 22 日
1.3.2003040 IMDS バージョン 1 のフォールバックロジックを修正しました。 2020 年 4 月 7 日

1.3.2002730

IMDS V2 のサポートを追加しました。 2020 年 3 月 3 日

1.3.2002240

小さな問題を修正しました。 2019 年 10 月 31 日

1.3.2001660

Sysprep の初回実行後にパスワードなしのユーザーの自動ログイン問題を修正しました。 2019 年 7 月 2 日

1.3.2001360

小さな問題を修正しました。 2019 年 3 月 27 日

1.3.2001220

すべての PowerShell スクリプトが署名されています。 2019 年 2 月 28 日

1.3.2001200

InitializeDisks.ps1 で、Microsoft Windows Server フェイルオーバークラスタ内のノードでスクリプトを実行すると、ドライブ文字がローカルドライブ文字と一致するリモートノード上のドライブがフォーマットされるという問題を修正しました。 2019 年 2 月 27 日

1.3.2001160

Windows 2019 の壁紙が表示されない問題を修正しました。 2019 年 2 月 22 日

1.3.2001040

  • ACPI の問題を解決するためにモニターをオフにしないように設定するためのプラグインを追加しました。

  • SQL Server のエディションとバージョンがコンソールに書き込まれます。

2019 年 1 月 21 日

1.3.2000930

ipv6 有効 ENI でメタデータへのルートの追加を修正しました。 2019 年 1 月 2 日

1.3.2000760

  • ENA デバイス用の RSS および受信キュー設定のデフォルト設定を追加しました。

  • Sysprep 中の休止状態を無効化しました。

2018 年 12 月 5 日

1.3.2000630

  • DNS サーバーに ルート 169.254.169.253/32 を追加しました。

  • 管理者ユーザー設定のフィルターを追加しました。

  • インスタンスを休止状態にするための改善。

  • 起動ごとに EC2Launch を実行するようにスケジュールオプションが追加されました。

2018 年 11 月 9 日

1.3.2000430.0

  • AMZN タイムサービスにルート 169.254.169.123/32 を追加

  • GRID ライセンスにルート 169.254.169.249/32 を追加

  • Systems Manager を開始しようとするときのタイムアウト 25 秒を追加。

2018 年 9 月 19 日

1.3.200039.0

  • EBS NVMe ボリュームが一時的なものとしてマークされる問題を修正。

  • NVME ドライバーのバージョンの追加ログを追加。

2018 年 8 月 15 日

1.3.2000080

小さな問題を修正しました。

1.3.610

出力およびエラーがユーザーデータからファイルにリダイレクトされる問題を修正しました。

1.3.590

  • 表示されないインスタンスタイプを壁紙に追加しました。

  • ドライブ文字のマッピングとディスクの設置に関する問題を修正しました。

1.3.580

  • ウェブのリクエストに対してデフォルトのシステムプロキシ設定を使用するように Get-Metadata を修正しました。

  • ディスクの初期化に NVMe の特殊なケースを追加しました。

  • 小さな問題を修正しました。

1.3.550

シャットダウンなしで Sysprep を有効化する -NoShutdown オプションを追加しました。

1.3.540

小さな問題を修正しました。

1.3.530

小さな問題を修正しました。

1.3.521

小さな問題を修正しました。

1.3.0

  • コンピュータ名の変更に伴う 16 進数の長さの問題を修正しました。

  • コンピュータ名の変更に伴って起こる場合がある再起動ループを修正しました。

  • 壁紙設定の問題を修正しました。

1.2.0

  • インストールされているオペレーティングシステム (OS) に関する情報を EC2 システムログに情報を表示するための更新。

  • EC2Launch および SSM Agent のバージョンを EC2 システムログに表示するための更新。

  • 小さな問題を修正しました。

1.1.2

  • ENA ドライバー情報を EC2 システムログに表示するための更新。

  • プライマリ NIC フィルタロジックから Hyper-V を除外するための更新。

  • KMS のアクティブ化のレジストリキー内に AWS KMS サーバーおよびポートを追加しました。

  • 複数のユーザー用に壁紙設定を改善しました。

  • 永続的なストアからのルートをクリアするための更新。

  • DNS サフィックスリストのアベイラビリティーゾーンから z を削除するための更新。

  • ユーザーデータの <runAsLocalSystem> タグの問題に対処するための更新。

1.1.1

初回リリース。