EC2Launch v2 のトラブルシューティング - Amazon Elastic Compute Cloud

EC2Launch v2 のトラブルシューティング

このセクションでは、EC2Launch v2 での一般的なトラブルシューティングシナリオ、Windows イベントログの表示に関する情報、およびコンソールログの出力とメッセージについて説明します。

一般的なトラブルシューティングのシナリオ

このセクションでは、一般的なトラブルシューティングのシナリオと解決手順を示します。

サービスで壁紙を設定できない

解決策

  1. %AppData%\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup\setwallpaper.lnk が存在することを確認します。

  2. %ProgramData%\Amazon\EC2Launch\log\agent.log をチェックし、エラーが発生したかどうかを確認します。

サービスでユーザーデータを実行できない

考えられる原因: ユーザーデータを実行する前にサービスが失敗した可能性があります。

解決策

  1. %ProgramData%\Amazon\EC2Launch\state\previous-state.json をチェックします。

  2. bootnetworkpreReadypostReadyLocalData のすべてが成功とマークされているかどうかを確認します。

  3. いずれかのステージが失敗した場合は、特定のエラーの %ProgramData%\Amazon\EC2Launch\log\agent.log を確認します。

サービスはタスクを 1 回だけ実行する

解決策

  1. タスクの頻度を確認します。

  2. サービスが Sysprep 後に実行済みであり、タスクの頻度が once に設定されている場合、タスクは再度実行されません。

  3. EC2Launch v2 が実行されるたびにタスクを実行する場合は、タスクの頻度を always に設定します。

サービスでタスクを実行できない

解決策

  1. %ProgramData%\Amazon\EC2Launch\log\agent.log の最新のエントリを確認します。

  2. エラーが発生しなかった場合は、"%ProgramFiles%\Amazon\EC2Launch\EC2Launch.exe" run からサービスを手動で実行し、タスクが成功するかどうかを確認します。

サービスはユーザーデータを複数回実行する

解決策

ユーザーデータは、EC2Launch v1 と EC2Launch v2 では異なる方法で処理されます。persisttrue に設定されている場合、EC2Launch v1 はユーザーデータをインスタンスでスケジュールされたタスクとして実行します。persistfalse に設定されている場合、タスクが再起動して終了したり、実行中に中断された場合でも、タスクはスケジュールされません。

EC2Launch v2 は、ユーザーデータをエージェントタスクとして実行し、実行状態を追跡します。ユーザーデータがコンピュータの再起動を発行した場合、または実行中にユーザーデータが中断された場合、実行状態は pending として持続し、ユーザーデータは次回のインスタンスの起動時に再び実行されます。ユーザーデータスクリプトが複数回実行されないようにするには、スクリプトをべき等にします。

次のべき等スクリプト例では、コンピュータ名を設定し、ドメインに参加します。

<powershell> $name = $env:computername if ($name -ne $desiredName) { Rename-Computer -NewName $desiredName } $domain = Get-ADDomain if ($domain -ne $desiredDomain) { Add-Computer -DomainName $desiredDomain } $telnet = Get-WindowsFeature -Name Telnet-Client if (-not $telnet.Installed) { Install-WindowsFeature -Name "Telnet-Client" } </powershell> <persist>false</persist>

EC2Launch v2 への移行後、EC2Launch v1 のスケジュールされたタスクが実行されない

解決策

移行ツールは、EC2Launch v1 スクリプトにリンクされているスケジュールされたタスクを検出しないため、EC2Launch v2 のタスクは自動的にセットアップされません。タスクを設定するには、agent-config.yml ファイルを編集するか、EC2Launch v2 設定ダイアログボックスを使用します。例えば、インスタンスのタスクが InitializeDisks.ps1 を実行するようにスケジュールされている場合は、移行ツールを実行した後、EC2Launch v2 の設定ダイアログボックスで、初期化するボリュームを指定する必要があります。EC2Launch v2 設定ダイアログボックスを使用して設定を変更する の手順については、ステップ 6 を参照してください。

空ではない EBS ボリュームがサービスによって初期化される

解決策

ボリュームが初期化される前に、EC2Launch v2 は、そのボリュームにデータがないこと確認します。ボリュームが空でない場合、初期化はスキップされます。空でないことが検出されたボリュームは初期化されません。ボリュームの最初の 4 KiB が空の場合、またはボリュームに Windows を認識できるドライブレイアウトがない場合、ボリュームは空と見なされます。Linux システムで初期化およびフォーマットされたボリュームには、Windows を認識できるドライブレイアウト (MBR や GPT など) がありません。したがって、それは空とみなされ、初期化されます。このデータを保持する場合、EC2Launch v2 による空ドライブの検出には頼らないでください。代わりに、EC2Launch v2 設定ダイアログボックス (ステップ 6 を参照) または agent-config.yml で、初期化するボリュームを指定します。

setWallpaper タスクは有効になっていないものの、再起動時にウォールペーパーがリセットされる

setWallpaper タスクは、既存の (Default User を除く) 各ユーザーのスタートアップフォルダ内に、ショートカットファイル setwallpaper.lnk を作成します。このショートカットファイルは、ユーザーがインスタンスの起動後に初めてログインしたときに実行されます。インスタンス属性を表示するカスタム壁紙があるインスタンスが設定されます。この setWallpaper タスクを削除しても、このショートカットファイルは削除されません。このファイルは手動で削除するか、スクリプトを使用して削除する必要があります。

ショートカットパスは次のとおりです。

$env:SystemDrive/Users/<user>/AppData/Roaming/Microsoft/Windows/Start Menu/Programs/Startup/setwallpaper.lnk

解決策

このファイルを手動で削除するか、スクリプトを使用して削除します。

ショートカットファイルを削除する PowerShell スクリプトの例

foreach ($userDir in (Get-ChildItem "C:\Users" -Force -Directory).FullName) { $startupPath = Join-Path $userDir -ChildPath "AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup" if (Test-Path $startupPath) { $wallpaperSetupPath = Join-Path $startupPath -ChildPath "setwallpaper.lnk" if (Test-Path $wallpaperSetupPath) { Remove-Item $wallpaperSetupPath -Force -Confirm:$false } } }

サービスは実行中ステータスでスタックしています

説明

  • sysprepreset など、ブロッキングモードで実行されるコマンドは、以下のような出力によりブロックされます。

    PS C:\Program Files\Amazon\EC2Launch> .\EC2Launch.exe sysprep -c -s 'sysprep' command running in blocking mode. service is still running...checking again in '5.000000' seconds service is still running...checking again in '5.000000' seconds service is still running...checking again in '5.000000' seconds service is still running...checking again in '5.000000' seconds
  • EC2Launch は、以下のようなログ (agent.log) でブロックされます。

    2022-02-24 08:08:58 Info: ***************************************************************************************** 2022-02-24 08:08:58 Info: EC2Launch Service starting 2022-02-24 08:08:58 Info: Windows event custom log exists: Amazon EC2Launch 2022-02-24 08:08:58 Info: ACPI SPCR table not supported. Bailing Out 2022-02-24 08:08:58 Info: Serial port is in use. Waiting for Serial Port... 2022-02-24 08:09:00 Info: ACPI SPCR table not supported. Bailing Out 2022-02-24 08:09:02 Info: ACPI SPCR table not supported. Bailing Out 2022-02-24 08:09:04 Info: ACPI SPCR table not supported. Bailing Out 2022-02-24 08:09:06 Info: ACPI SPCR table not supported. Bailing Out

考えられる原因

SAC が有効化され、シリアルポートを使用しています。詳細については、「SAC を使用して Windows インスタンスをトラブルシューティングする」を参照してください。

解決策

この問題を解決するには、以下の手順を実行します。

  • このシリアルポートを使用しているサービスを、無効にします。

  • サービスでこのシリアルポートを引き続き使用する場合は、起動エージェントタスクを実行するカスタムスクリプトを作成し、スケジュールされたタスクとして起動します。

無効なagent-config.ymlは EC2Launch v2 設定ダイアログボックスが開くことを防止します

説明

EC2Launch v2 設定は、ダイアログボックスを開く前に agent-config.yml ファイルの解析を試みます。YAML 設定ファイルがサポートされているスキーマに準拠しない場合、ダイアログボックスに次のエラーが表示されます。

Unable to parse configuration file agent-config.yml. Review configuration file. Exiting application.

解決策

  1. 設定ファイルが [supported schema] (サポートされているスキーマ) に準拠していることを検証します。

  2. 最初から始めたい場合は、デフォルトの設定ファイルを agent-config.yml にコピーします。「タスク設定セクション」に提供されている サンプル agent-config.yml を使用できます。

  3. agent-config.yml を削除して最初からやり直すこともできます。EC2Launch v2 設定は空の設定ファイルを生成します。

task:executeScript should be unique and only invoked once

説明

同じステージでタスクを繰り返すことはできません。

解決策

一部のタスクは、executeScriptexecuteProgram などの配列として入力する必要があります。スクリプトを配列として書き込む方法の一例については、executeScriptを参照してください。

Windows イベントログ

EC2Launch v2 は、サービスの開始、Windows の準備完了、さらにタスクの成否などの重要なイベントに関する Windows イベントログを発行します。イベント識別子は、特定のイベントを一意に識別します。各イベントには、ステージ、タスク、レベル情報、説明が含まれます。イベント識別子を使用して、特定のイベントのトリガーを設定できます。

イベント識別子は、イベントに関する情報を提供し、いくつかのイベントを一意に識別します。イベント ID の最下位桁は、イベントの重大度を示します。

イベント 最下位桁
Success . . .0
Informational . . .1
Warning . . .2
Error . . .3

サービスの開始時または停止時に生成されるサービスに関するイベントには、1 桁のイベント識別子が含まれます。

イベント 1 桁の識別子
Success 0
Informational 1
Warning 2
Error 3

EC2LaunchService.exe イベントのイベントメッセージは、Service: から始まります。EC2Launch.exe イベントのイベントメッセージは、Service: で始まるものではありません。

4 桁のイベント ID には、イベントのステージ、タスク、重大度に関する情報が含まれます。

イベント ID 形式

次の表に EC2Launch v2 でのイベント識別子の形式を示します。

3 2 1 0

S

T

L

表内の文字と数字は、次のイベントタイプと定義を表します。

イベントタイプ 定義

S (ステージ)

0 - サービスレベルのメッセージ

1 - Boot

2 - Network

3 - PreReady

5 - Windows is Ready

6 - PostReady

7 - User Data

T (タスク)

対応する 2 つの値で表されるタスクは、ステージごとに異なります。イベントの詳細なリストを表示するには、「Windows イベントログのスキーマ」を参照してください。

L (イベントのレベル)

0 - 成功

1 - 情報

2 - 警告

3 - エラー

イベント ID の例

イベント ID の例を次に示します。

  • 5000 - Windows の使用準備完了

  • 3010 - PreReady ステージの Windows のアクティブ化タスクが成功しました

  • 6013 - PostReady ローカルデータステージの壁紙の設定タスクでエラーが発生しました

Windows イベントログのスキーマ

メッセージ ID/イベント ID イベントメッセージ
. . .0 Success
. . .1 Informational
. . .2 Warning
. . .3 Error
x EC2Launch service-level logs
0 EC2Launch service exited successfully
1 EC2Launch service informational logs
2 EC2Launch service warning logs
3 EC2Launch service error logs
10 Replace state.json with previous-state.json
100 Serial Port
200 Sysprep
300 PrimaryNic
400 Metadata
x000 Stage (1 digit), Task (2 digits), Status (1 digit)
1000 Boot
1010 Boot - extend_root_partition
2000 Network
2010 Network - add_routes
3000 PreReady
3010 PreReady - activate_windows
3020 PreReady - install_egpu_manager
3030 PreReady - set_monitor_on
3040 PreReady - set_hibernation
3050 PreReady - set_admin_account
3060 PreReady - set_dns_suffix
3070 PreReady - set_wallpaper
3080 PreReady - set_update_schedule
3090 PreReady - output_log
3100 PreReady - enable_open_ssh
5000 Windows is Ready to use
6000 PostReadyLocalData
7000 PostReadyUserData
6010/7010 PostReadyLocal/UserData - set_wallpaper
6020/7020 PostReadyLocal/UserData - set_update_schedule
6030/7030 PostReadyLocal/UserData - set_hostname
6040/7040 PostReadyLocal/UserData - execute_program
6050/7050 PostReadyLocal/UserData - execute_script
6060/7060 PostReadyLocal/UserData - manage_package
6070/7070 PostReadyLocal/UserData - initialize_volume
6080/7080 PostReadyLocal/UserData - write_file
6090/7090 PostReadyLocal/UserData - start_ssm
7100 PostReadyUserData - enable_open_ssh
6110/7110 PostReadyLocal/UserData - enable_jumbo_frames

EC2Launch v2 コンソールログ出力

このセクションには、サンプルの EC2Launch v2 コンソールログ出力が含まれており、EC2Launch v2 コンソールログエラーメッセージのうち、問題のトラブルシューティングに役立つものを一覧表示しています。

EC2Launch v2 コンソールログ出力

以下に示しているのは、サンプルの EC2Launch v2 コンソールログ出力です。

2020/08/13 17:25:12Z: Windows is being configured. SysprepState=IMAGE_STATE_UNDEPLOYABLE 2020/08/13 17:27:44Z: Windows is being configured. SysprepState=IMAGE_STATE_UNDEPLOYABLE 2020/08/13 17:28:02Z: Windows sysprep configuration complete. 2020/08/13 17:28:03Z: Message: Waiting for meta-data accessibility... 2020/08/13 17:28:03Z: Message: Meta-data is now available. 2020/08/13 17:28:03Z: AMI Origin Version: 2020.07.15 2020/08/13 17:28:03Z: AMI Origin Name: EC2LaunchV2_Preview-Windows_Server-2012_R2_RTM-English-Full-Base 2020/08/13 17:28:03Z: OS: Microsoft Windows NT 6.3.9600 2020/08/13 17:28:03Z: OsVersion: 6.3 2020/08/13 17:28:03Z: OsProductName: Windows Server 2012 R2 Standard 2020/08/13 17:28:03Z: OsBuildLabEx: 9600.19761.amd64fre.winblue_ltsb.200610-0600 2020/08/13 17:28:03Z: OsCurrentBuild: 9600 2020/08/13 17:28:03Z: Language: en-US 2020/08/13 17:28:03Z: TimeZone: GMT 2020/08/13 17:28:03Z: Offset: UTC +0000 2020/08/13 17:28:03Z: Launch: EC2 Launch v2.0.0 2020/08/13 17:28:03Z: AMI-ID: ami-1a2b3c4d 2020/08/13 17:28:03Z: Instance-ID: i-1234567890abcdef0 2020/08/13 17:28:03Z: Instance Type: t2.nano 2020/08/13 17:28:07Z: Driver: AWS PV Driver Package v8.3.3 2020/08/13 17:28:07Z: RDPCERTIFICATE-SUBJECTNAME: EC2AMAZ-A1B2C3D 2020/08/13 17:28:07Z: RDPCERTIFICATE-THUMBPRINT: A1B2C3D4E5 2020/08/13 17:28:12Z: SSM: Amazon SSM Agent v2.3.842.0 2020/08/13 17:28:13Z: Username: Administrator 2020/08/13 17:28:13Z: Password: <Password> A1B2C3D4E5F6G7H8I9J10K11L12M13N14O15P16Q17 </Password> 2020/08/13 17:28:13Z: Message: Windows is Ready to use

EC2Launch v2 コンソールログメッセージ

以下に示しているのは、すべての EC2Launch v2 コンソールログメッセージのリストです。

Message: Error EC2Launch service is stopping. {error message} Error setting up EC2Launch agent folders See instance logs for detail Error stopping service Error initializing service Message: Windows sysprep configuration complete Message: Invalid administrator username: {invalid username} Message: Invalid administrator password Username: {username} Password: <Password>{encrypted password}</Password> AMI Origin Version: {amiVersion} AMI Origin Name: {amiName} Microsoft Windows NT {currentVersion}.{currentBuildNumber} OsVersion: {currentVersion} OsProductName: {productName} OsBuildLabEx: {buildLabEx} OsCurrentBuild: {currentBuild} OsReleaseId: {releaseId} Language: {language} TimeZone: {timeZone} Offset: UTC {offset} Launch agent: EC2Launch {BuildVersion} AMI-ID: {amiId} Instance-ID: {instanceId} Instance Type: {instanceType} RDPCERTIFICATE-SUBJECTNAME: {certificate subject name} RDPCERTIFICATE-THUMBPRINT: {thumbprint hash} SqlServerBilling: {sql billing} SqlServerInstall: {sql patch leve, edition type} Driver: AWS NVMe Driver {version} Driver: Inbox NVMe Driver {version} Driver: AWS PV Driver Package {version} Microsoft-Hyper-V is installed. Unable to get service status for vmms Microsoft-Hyper-V is {status} SSM: Amazon SSM Agent {version} AWS VSS Version: {version} Message: Windows sysprep configuration complete Message: Windows is being configured. SysprepState is {state} Windows is still being configured. SysprepState is {state} Message: Windows is Ready to use Message: Waiting for meta-data accessibility... Message: Meta-data is now available. Message: Still waiting for meta-data accessibility... Message: Failed to find primary network interface...retrying...