メニュー
Amazon Elastic Compute Cloud
Windows インスタンス用ユーザーガイド

インスタンス購入オプション

Amazon EC2 には、ニーズに基づいてコストを最適化するための以下の購入オプションがあります。

  • [オンデマンドインスタンス] – 起動するインスタンスに対して時間単位でお支払いいただきます。

  • [リザーブドインスタンス] – 1~3 年の期間で、常に使用できるインスタンスを大幅な割引で購入します。

  • スケジュールされたインスタンス – 1 年の期間、指定された定期的なスケジュールで常に使用できるインスタンスを購入します。

  • [スポットインスタンス] – 未使用の EC2 インスタンスをリクエストして、Amazon EC2 のコストを大幅に削減します。

  • [Dedicated Hosts] – 完全にインスタンスの実行専用の物理ホストに対してお支払いいただき、既存のソケット単位、コア単位、または VM 単位のソフトウェアライセンスを持ち込んでコストを削減できます。

  • [ハードウェア専有インスタンス] – シングルテナントハードウェアで実行されるインスタンスに対して、時間単位でお支払いいただきます。

キャパシティーの予約が連続して必要な場合、特定のアベイラビリティーゾーン用に リザーブドインスタンス を購入します。または、スケジュールされたインスタンスを購入します。スポットインスタンス は、アプリケーションを実行する時間に柔軟性がある場合や、それらを中断できる場合に、費用効率の高い選択肢です。Dedicated Hosts は、既存のサーバー範囲内のソフトウェアライセンスを使用することにより、コンプライアンス要件を満たし、コストを削減するのに役立ちます。詳細については、「Amazon EC2 インスタンス購入オプション」を参照してください。

インスタンスのライフサイクルの決定

インスタンスのライフサイクルは起動時に開始され、終了時に終了されます。選択する購入のオプションにより、インスタンスのライフサイクルに影響があります。たとえば、起動時に オンデマンドインスタンス が実行され、終了時に実行が終了されます。スポットインスタンス は、キャパシティーが利用可能で、上限料金がスポット料金より高い限り実行されます。スケジュールされたインスタンスは、スケジュールされた期間中に起動できます。Amazon EC2 はインスタンスを起動し、期間終了の 3 分前に終了します。

次の手順を使用して、インスタンスのライフサイクルを決定します。

コンソールを使用してインスタンスのライフサイクルを決定するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択します。

  3. インスタンスを選択します。

  4. [Description] タブで [Tenancy] を見つけます。値が host の場合、インスタンスは Dedicated Host で実行されています。値が dedicated の場合、インスタンスは ハードウェア専有インスタンス で実行されています。

  5. [Description] タブで [Lifecycle] を見つけます。値が spot の場合、インスタンスは スポットインスタンス で実行されています。値が scheduled の場合、インスタンスはスケジュールされたインスタンスです。値が normal の場合、インスタンスは オンデマンドインスタンス または リザーブドインスタンス です。

  6. (オプション) リザーブドインスタンス を購入し、適用されていることを確認するには、Amazon EC2 の使用状況レポートを確認できます。詳細については、「Amazon EC2 使用状況レポート」を参照してください。

AWS CLIを使用してインスタンスのライフサイクルを決定するには

次の describe-instances コマンドを使用します。

aws ec2 describe-instances --instance-ids i-1234567890abcdef0

インスタンスが Dedicated Host で実行されている場合、出力には次の情報が含まれます。

"Tenancy": "host"

インスタンスが ハードウェア専有インスタンス の場合、出力には次の情報が含まれます。

"Tenancy": "dedicated"

インスタンスが スポットインスタンス の場合、出力には次の情報が含まれます。

"InstanceLifecycle": "spot"

インスタンスがスケジュールされたインスタンスの場合、出力には次の情報が含まれます。

"InstanceLifecycle": "scheduled"

それ以外の場合、出力には InstanceLifecycle は含まれません。