新しいインスタンス設定への移行 - Amazon Elastic Compute Cloud

新しいインスタンス設定への移行

インスタンスの現在の設定に使用する新しいインスタンスタイプとの互換性がない場合、そのインスタンスタイプにインスタンスのサイズを変更することはできません。代わりに、使用する新しいインスタンスタイプと互換性がある設定で新しいインスタンスにアプリケーションを移行できます。

New console

互換性のあるインスタンスへアプリケーションを移行するには

  1. 永続的ストレージに保持する必要がある、インスタンスストアボリュームのデータをバックアップします。保持する必要がある EBS ボリュームのデータを移行するには、ボリュームのスナップショットを作成するか (「Amazon EBS スナップショットの作成」を参照)、またはインスタンスからボリュームをデタッチして後で新しいインスタンスにアタッチできるようにします (「Windowsインスタンスから Amazon EBS ボリュームをデタッチします。」を参照)。

  2. 新しいインスタンスを起動して、以下のものを選択します。

    • Elastic IP アドレスを使用している場合は、元のインスタンスを現在実行している VPC を選択します。

    • 元のインスタンスからデタッチして新しいインスタンスにアタッチする EBS ボリューム、または作成したスナップショットに基づいた新しい EBS ボリューム。

    • 同じトラフィックが新しいインスタンスに到達できるようにする場合は、元のインスタンスと関連付けられるセキュリティグループを選択します。

  3. アプリケーションと必要なソフトウェアをインスタンスにインストールします。

  4. 元のインスタンスのインスタンスストアボリュームからバックアップしたデータを復元します。

  5. Elastic IP アドレスを使用している場合、以下のように新しく起動したインスタンスにそのアドレスを割り当てます。

    1. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

    2. 元のインスタンスに関連付ける Elastic IP アドレスを選択して、[Actions (アクション)]、[Disassociate Elastic IP address (Elastic IP アドレスの関連付けの解除)] の順に選択します。確認を求めるメッセージが表示されたら、[Disassociate (関連付け解除)] を選択します。

    3. Elastic IP アドレスがまだ選択された状態で、[Actions (アクション)]、[Associate Elastic IP address (Elastic IP アドレスの関連付け)] の順に選択します。

    4. [リソースタイプ] で、[Instance (インスタンス)] を選択します。

    5. [Instance (インスタンス)] で、Elastic IP アドレスを関連付けるインスタンスを選択します。テキストを入力して特定のインスタンスを検索することもできます。

    6. (オプション) [プライベート IP アドレス] で、Elastic IP アドレスを関連付けるプライベート IP アドレスを指定します。

    7. [Associate] を選択します。

  6. (オプション) 不要になった場合は、元のインスタンスを終了できます。インスタンスを選択し、終了しようとしているのが新しいインスタンスではなく元のインスタンスであることを確認します (名前や起動時間を確認するなど)。[Instance state (インスタンスの状態)]、[Terminate instance (インスタンスの終了)] の順に選択します。

Old console

互換性のあるインスタンスへアプリケーションを移行するには

  1. 永続的ストレージに保持する必要がある、インスタンスストアボリュームのデータをバックアップします。保持する必要がある EBS ボリュームのデータを移行するには、ボリュームのスナップショットを作成するか (「Amazon EBS スナップショットの作成」を参照)、またはインスタンスからボリュームをデタッチして後で新しいインスタンスにアタッチできるようにします (「Windowsインスタンスから Amazon EBS ボリュームをデタッチします。」を参照)。

  2. 新しいインスタンスを起動して、以下のものを選択します。

    • Elastic IP アドレスを使用している場合は、元のインスタンスを現在実行している VPC を選択します。

    • 元のインスタンスからデタッチして新しいインスタンスにアタッチする EBS ボリューム、または作成したスナップショットに基づいた新しい EBS ボリューム。

    • 同じトラフィックが新しいインスタンスに到達できるようにする場合は、元のインスタンスと関連付けられるセキュリティグループを選択します。

  3. アプリケーションと必要なソフトウェアをインスタンスにインストールします。

  4. 元のインスタンスのインスタンスストアボリュームからバックアップしたデータを復元します。

  5. Elastic IP アドレスを使用している場合、以下のように新しく起動したインスタンスにそのアドレスを割り当てます。

    1. ナビゲーションペインで [Elastic IP] を選択します。

    2. 元のインスタンスに関連付ける Elastic IP アドレスを選択して、[アクション]、[アドレスの関連付けの解除] の順に選択します。確認を求めるメッセージが表示されたら、[Disassociate address] を選択します。

    3. Elastic IP アドレスがまだ選択された状態で、[アクション]、[アドレスの関連付け] の順に選択します。

    4. [Instance] から新しいインスタンスを選択し、[Associate] を選択します。

  6. (オプション) 不要になった場合は、元のインスタンスを終了できます。インスタンスを選択し、終了しようとしているのが新しいインスタンスではなく元のインスタンスであることを確認します (名前や起動時間を確認するなど)。[Actions]、[Instance State]、[Terminate] の順に選択します。