有料 AMI - Amazon Elastic Compute Cloud

有料 AMI

AMI を作成したら、自分だけがそれを使用できるようにプライベートとして保存したり、AWS アカウントの指定リストと共有したりできます。コミュニティで利用できるように、カスタム AMI を公開することもできます。安全で信頼性が高く、便利な AMI を作成して、一般公開する手順はきわめて単純で、いくつかのシンプルなガイドラインにしたがうだけです。共有 AMI の作成および使用方法の詳細については、「共有 AMI」を参照してください。

Red Hat のような組織のサービス契約に付属する AMI など、サードパーティーから AMI を購入できます。また、AMI を作成し、他の Amazon EC2 ユーザーに販売することもできます。

Amazon Kernel Image は、デベロッパーから購入できる 有料 AMI です。

Amazon EC2 は AWS Marketplace と統合されており、デベロッパーは自身が開発した AMI を他の Amazon EC2 ユーザーに有償で提供したり、インスタンスにサポートを提供したりできます。

AWS Marketplace は、EC2 インスタンスの起動に使用できる AMI など、AWS で実行されるソフトウェアを購入できるオンラインストアです。 AWS Marketplace AMI はデベロッパーツールなどカテゴリ別に整理されており、ユーザーは要件に適合する製品を見つけることができます。 AWS Marketplace の詳細については、 AWS Marketplace のサイトをご参照ください。

有料 AMI からのインスタンスの起動は、他の AMI からのインスタンスの起動と同じです。追加パラメータは必要ありません。インスタンスは、AMI の所有者が設定した料金と、Amazon EC2 で m1.small インスタンスタイプを実行する場合の 1 時間あたりの料金など、関連ウェブサービスの標準使用料に基づいて課金されます。税金が加算されることもあります。有料 AMI の所有者は、特定のインスタンスがその有料 AMI から起動されたかどうかを確認できます。

重要

Amazon DevPay は新しい販売者または製品の受付を停止しました。現在は AWS Marketplace が、ソフトウェアとサービスを AWS で販売しており、唯一の統一された e コマースプラットフォームとなっています。 AWS Marketplace でソフトウェアをデプロイし販売する方法については、AWS Marketplace での販売を参照してください。 AWS Marketplace は Amazon EBS-Backed の AMI をサポートしています。

AMI の販売

AWS Marketplace を使用して AMI を販売できます。 AWS Marketplace では体系的に買い物をすることができます。また AWS Marketplace は、Amazon EBS-Backed AMI、リザーブドインスタンス、スポットインスタンス などの AWS 機能もサポートしています。

AWS Marketplace で AMI を販売する方法の詳細については、AWS Marketplace での販売を参照してください。

有料 AMI の検索

購入できる AMI を検索する方法はいくつかあります。たとえば、 AWS Marketplace 、Amazon EC2 コンソール、コマンドラインを使用できます。あるいは、デベロッパーが有料 AMI に関する情報をお客様にお知らせすることがあります。

コンソールを使用して有料 AMI を見つけるには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [AMIs] を選択します。

  3. 最初のフィルタで、[パブリックイメージ] を選択します。

  4. 検索バーで、[Owner] (所有者)、[ AWS Marketplace ] の順に選択します。

  5. 製品コードがわかっている場合は、[製品コード]を選択し、製品コードを入力します。

AWS Marketplace を使用して有料 AMI を検索する

AWS Marketplace を使用して有料 AMI を見つけるには

  1. を開く。。 AWS Marketplace

  2. 検索ボックスにオペレーティングシステムの名前を入力して、[Go] をクリックします。

  3. 検索結果をさらに絞るには、カテゴリまたはフィルタを利用します。

  4. 各製品には、製品タイプ (AMI または Software as a Service) のラベルが付けられています。

Tools for Windows PowerShell を使用して有料 AMI を見つける

次の Get-EC2Image コマンドを使用して有料 AMI を見つけることができます。

PS C:\> Get-EC2Image -Owner aws-marketplace

有料 AMI の出力には、製品コードが含まれています。

ProductCodeId ProductCodeType ------------- --------------- product_code marketplace

製品コードがわかっている場合は、結果を製品コードでフィルタリングすることができます。次の例は、指定された製品コードを持つ最新の AMI を返します。

PS C:\> (Get-EC2Image -Owner aws-marketplace -Filter @{"Name"="product-code";"Value"="product_code"} | sort CreationDate -Descending | Select-Object -First 1).ImageId

AWS CLI を使用して有料 AMI を見つける

次の describe-images コマンド (AWS CLI) を使用して、有料 AMI を見つけることができます。

aws ec2 describe-images --owners aws-marketplace

このコマンドは、有料 AMI の製品コードなど、各 AMI を説明するさまざまな詳細を返します。describe-images からの出力には、次のような製品コードのエントリがあります:

"ProductCodes": [ { "ProductCodeId": "product_code", "ProductCodeType": "marketplace" } ],

製品コードがわかっている場合は、結果を製品コードでフィルタリングすることができます。次の例は、指定された製品コードを持つ最新の AMI を返します。

aws ec2 describe-images --owners aws-marketplace \ --filters "Name=product-code,Values=product_code" \ --query "sort_by(Images, &CreationDate)[-1].[ImageId]"

有料 AMI の購入

AMI を使用してインスタンスを起動するには、有料 AMI にサインアップする (購入する) 必要があります。

通常、有料 AMI の販売者は、価格や購入サイトへのリンクなど、AMI に関する情報を提供します。リンクをクリックすると、最初に AWS へのログインが求められます。ログイン後、AMI を購入できます。

コンソールを使用した有料 AMI の購入

Amazon EC2 Launch Wizard を使用して有料 AMI を購入できます。詳細については、「 AWS Marketplace インスタンスの起動」を参照してください。

AWS Marketplace を使用した製品の登録

AWS Marketplace を使用するには AWS アカウントが必要です。 AWS Marketplace 製品からインスタンスを起動するには、Amazon EC2 サービスを利用するためのサインアップと、インスタンスを起動する製品のサブスクリプションが必要です。 AWS Marketplace の製品を受信登録するには、2 つの方法があります。

  • AWS Marketplace ウェブサイト: 1-Click デプロイメント機能で、事前に設定したソフトウェアをすばやく起動できます。

  • Amazon EC2 Launch Wizard : AMI を検索し、ウィザードからインスタンスを直接起動できます。詳細については、「 AWS Marketplace インスタンスの起動」を参照してください。

インスタンスの製品コードの取得

インスタンスの AWS Marketplace 製品コードは、インスタンスメタデータを使用して取得できます。メタデータの取得については、「インスタンスメタデータとユーザーデータ」を参照してください。

製品コードを取得するには、次のコマンドを使用します。

PS C:\> Invoke-RestMethod -uri http://169.254.169.254/latest/meta-data/product-codes

インスタンスに製品コードが含まれる場合、Amazon EC2 はそれを返します。

有料サポートの使用

Amazon EC2 は、デベロッパーがソフトウェア (またはそれに由来する AMI) のサポートを提供できるように手配します。デベロッパーは、お客様がサインアップして使用できるサポート製品を提供することができます。サポート製品にサインアップすると、デベロッパーはお客様に製品コードを渡します。お客様はそのコードをご自分の AMI に関連付ける必要があります。これにより、デベロッパーは、ユーザーのインスタンスがサポート対象であることを確認できます。また、お客様が製品からインスタンスを実行すると、デベロッパーが定めた製品の利用規約にしたがい、お客様に課金されます。

重要

リザーブドインスタンス とともにサポート製品を使用することはできません。お客様は常に、サポート製品の販売者が指定した価格を支払います。

製品コードと自分の AMI を関連付けるには、次のコマンドの 1 つを使用します。ami_id は AMI の ID で、product_code は製品コードです。

  • modify-image-attribute (AWS CLI)

    aws ec2 modify-image-attribute --image-id ami_id --product-codes "product_code"
  • Edit-EC2ImageAttribute (AWS Tools for Windows PowerShell)

    PS C:\> Edit-EC2ImageAttribute -ImageId ami_id -ProductCode product_code

一度設定した製品コード属性を変更したり削除したりすることはできません。

有料およびサポートされる AMI の請求書

有料またはサポートされた AMI の使用料金がお客様のクレジットカードに請求され、その金額を記載した E メールが毎月末に届きます。これは通常の Amazon EC2 使用料金とは別に請求されます。詳細については、 AWS Marketplace 購入者ガイドの「製品の支払い」をご参照ください。

AWS Marketplace サブスクリプションを管理する

AWS Marketplace ウェブサイトでは、サブスクリプションの詳細の確認、使用に関するベンダー指示の表示、サブスクリプションの管理などを行うことができます。

サブスクリプションの詳細を確認するには

  1. AWS Marketplace にログインします。

  2. [Your Marketplace Account] を選択します。

  3. [Manage your software subscriptions] を選択します。

  4. 現在のすべてのサブスクリプションが表示されます。実行中のインスタンスに接続するためのユーザー名など、製品の使用に関する特定の取扱説明を表示するには、[ Usage Instructions] を選択します。

AWS Marketplace のサブスクリプションをキャンセルするには

  1. サブスクリプションによって実行されていたすべてのインスタンスを終了したことを確認します。

    1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

    2. ナビゲーションペインで、[インスタンス] を選択します。

    3. 該当インスタンスを選択し、[Actions]、[Instance State]、[Terminate] の順に選択します。

    4. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Yes, Terminate] を選択します。

  2. AWS Marketplace にログインし、[Your Marketplace Account] (自分の Marketplace アカウント)、[Manage your software subscriptions] (ソフトウェアサブスクリプションの管理) の順に選択します。

  3. [Cancel subscription] を選択します。取り消しの確認を求めるプロンプトが表示されます。

    注記

    受信登録をキャンセルすると、その AMI からインスタンスを起動できなくなります。その AMI を再度使用するには、 AWS Marketplace ウェブサイト、または Amazon EC2 コンソールの Launch Wizard を使用して、その AMI を再度サブスクライブする必要があります。