AWS Systems Manager for Microsoft SCVMM を使用した仮想マシンのインポート - Amazon Elastic Compute Cloud

AWS Systems Manager for Microsoft SCVMM を使用した仮想マシンのインポート

SCVMM から Amazon EC2 にインポートする仮想マシンから EC2 インスタンスを起動できます。

重要

Linux 仮想マシンは、SCVMM から Amazon EC2 にインポートできません。

前提条件

  • VM の準備ができていることを確認します。詳細については、『VM Import/Export ユーザーガイド』の「VM を準備する」を参照してください。

  • AWS Systems Manager で、[Configuration] をクリックし、[VM Import] タブを選択して、次の設定を確認します。

    • [S3 bucket prefix]: インポートされる前にアップロードするディスクイメージのバケットが作成されます。バケット名は、ここに示すプレフィックスで始まり、リージョン (us-east-2 など) を含みます。ディスクイメージをインポートした後に削除するには、[Clean up S3 bucket after import] を選択します。

    • [VM image export path]: VM からエクスポートされるディスクイメージの場所。ディスクイメージをインポートした後に削除するには、[Clean up export path after import] を選択します。

    • [Alternate Hyper-V PowerShell module path]: Hyper-V PowerShell モジュールの場所 (標準の場所にインストールされていない場合)。詳細については、Microsoft TechNet ライブラリの「Hyper-V 管理ツールのインストール」を参照してください。

仮想マシンのインポート

管理者から付与されたアクセス権限によって、Hyper-V Windows 仮想マシンを SCVMM から AWS にインポートできるかどうかが決まります。

仮想マシンをインポートするには

  1. SCVMM を開きます。

  2. リボンで、[VMs] をクリックします。リストから仮想マシンを選択します。

  3. リボンで、[Import VM to Amazon EC2] をクリックします。

  4. [Import Virtual Machine] ダイアログボックスで、次のように設定します。

    1. インスタンスのリージョンを選択します。デフォルトでは、デフォルトのリージョンとして設定したリージョンが選択されています。

    2. インスタンスのインスタンスタイプを選択します。まず、[Family] から最新のインスタンスファミリーのうち 1 つを選択し、[Instance type] からインスタンスタイプを選択します。旧世代のインスタンスファミリーをリストに含めるには、[Show previous generations (以前の世代を表示)] を選択します。 詳細については、「Amazon EC2 インスタンス」および「以前の世代のインスタンス」を参照してください。

    3. [Network (VPC)] から VPC を選択します。このリストにはリージョンのすべての VPC が含まれています。これらの VPC には、Amazon VPC コンソールを使用して作成された VPC やデフォルトの VPC (存在する場合) などがあります。このリージョンにデフォルトの VPC がある場合は、デフォルトでその VPC が選択されています。"There is no VPC available for launch or import operations in this region" と表示される場合は、Amazon VPC コンソールを使用してこのリージョンに VPC を作成する必要があります。

    4. [Subnet] からサブネットを選択します。このリストには、選択した VPC のすべてのサブネット(デフォルトのサブネットを含む)が含まれています。このリストが空の場合、Amazon VPC コンソールを使用して VPC にサブネットを追加するか、別の VPC を選択する必要があります。そうしなければ、サブネットは自動的に選択されます。

    
                             [Amazon EC2 インスタンスの作成] ダイアログボックス
  5. [Import] をクリックします。[VM Import] タブで必要な情報を指定しなかった場合は、必要な情報を指定するように求めるエラーが表示されます。指定した場合は、インポートタスクが開始したという確認メッセージが表示されます。[Close] をクリックします。

インポートタスクのステータスの確認

インポートタスクが完了するまでに数時間かかることがあります。現在のステータスを表示するには、AWS Systems Manager を開き、[Notifications] をクリックします。

インポートタスクの進行に合わせて、以下の通知が表示されます。

  • Import VM: Created Import VM Task

  • Import VM: Export VM Disk Image Done

  • Import VM: Upload to S3

  • Import VM: Image Conversion Starting

  • Import VM: Image Conversion Done

  • Import VM: Import Complete

ディスクイメージが変換されるたびに Import VM: Upload to S3Import VM: Image Conversion Starting、および Import VM: Image Conversion Done 通知が送信されることに注意してください。

インポートタスクが失敗した場合、通知 Import VM: Import Failed を受け取ります。インポートタスクでの問題のトラブルシューティングの詳細については、「仮想マシンのインポートエラー」を参照してください。

インポートしたインスタンスのバックアップ

インポート操作が完了したら、インスタンスが終了するまで実行します。インスタンスが終了した場合、接続してインスタンスを復元することはできません。インポートしたインスタンスと同じソフトウェアで必要に応じて新しいインスタンスを開始できるようにするには、インポートしたインスタンスからAmazon Machine Image (AMI) を作成します。詳細については、「カスタム Windows AMI を作成する」を参照してください。