AWS Systems Manager for Microsoft SCVMM を使用した EC2 インスタンスの管理 - Amazon Elastic Compute Cloud

AWS Systems Manager for Microsoft SCVMM を使用した EC2 インスタンスの管理

AWS の認証情報を使用して Systems Manager にログインすると、EC2 インスタンスを管理できます。

EC2 インスタンスの作成

管理者から付与されたアクセス権限によって、インスタンスを作成できるかどうかが決まります。

前提条件

  • インスタンスを起動するアベイラビリティーゾーンのサブネットを持つ Virtual Private Cloud(VPC)。VPC の作成方法の詳細については、「Amazon VPC 入門ガイド」を参照してください。

EC2 インスタンスを作成するには

  1. SCVMM を開きます。

  2. リボンで、[Create Amazon EC2 Instance] をクリックします。

  3. [Create Amazon EC2 Instance] ダイアログボックスで、次のように設定します。

    1. インスタンスのリージョンを選択します。デフォルトでは、デフォルトのリージョンとして設定したリージョンが選択されています。

    2. インスタンスのテンプレート (AMI と呼ばれます) を選択します。Amazon が提供する AMI を使用するには、[Windows] または [Linux] を選択し、[Image] から AMI を選択します。作成した AMI を使用するには、[My images] を選択し、[Image] から AMI を選択します。

    3. インスタンスのインスタンスタイプを選択します。まず、[Family] から最新のインスタンスファミリーのうち 1 つを選択し、[Instance type] からインスタンスタイプを選択します。旧世代のインスタンスファミリーをリストに含めるには、[Show previous generations (以前の世代を表示)] を選択します。 詳細については、「Amazon EC2 インスタンス」および「以前の世代のインスタンス」を参照してください。

    4. キーペアを作成または選択します。キーペアを作成するには、[Key pair name] から Create a new key pair を選択し、強調表示されたフィールドにキーペアの名前 (my-key-pair など) を入力します。

    5. (オプション) [詳細設定] で、インスタンスの表示名を指定します。

    6. (オプション) [Advanced settings] で、[Network (VPC)] から VPC を選択します。このリストにはリージョンのすべての VPC が含まれています。これらの VPC には、Amazon VPC コンソールを使用して作成された VPC やデフォルトの VPC (存在する場合) などがあります。このリージョンにデフォルトの VPC がある場合は、デフォルトでその VPC が選択されています。"There is no VPC available for launch or import operations in this region" と表示される場合は、Amazon VPC コンソールを使用してこのリージョンに VPC を作成する必要があります。

    7. (オプション)[Advanced settings] で、[Subnet] からサブネットを選択します。このリストには、選択した VPC のすべてのサブネット (デフォルトのサブネットを含む) が含まれています。このリストが空の場合、Amazon VPC コンソールを使用して VPC にサブネットを追加するか、別の VPC を選択する必要があります。そうしなければ、サブネットは自動的に選択されます。

    8. (オプション) [詳細設定] で、セキュリティグループを作成するか、1 つ以上のセキュリティグループを選択します。Create default security group を選択すると、すべてのユーザーに RDP および SSH アクセスを付与するセキュリティグループが作成されます。これは、Amazon EC2 または Amazon VPC コンソールを使用して変更できます。[Group name] ボックスに、このセキュリティグループの名前を入力できます。

    9. (オプション) [詳細設定] で、IAM ロールを選択します。このリストが空の場合、IAM コンソールを使用してロールを作成できます。

    
                             [Amazon EC2 インスタンスの作成] ダイアログボックス
  4. [Create] をクリックします。キーペアを作成している場合は、.pem ファイルを保存するように求められます。このファイルを安全な場所に保存します。これは、インスタンスにログインするために必要になります。インスタンスが起動したという確認メッセージが表示されます。[Close] をクリックします。

作成したインスタンスは、インスタンスを起動したリージョンのインスタンスのリストに表示されます。最初は、インスタンスのステータスは pending です。ステータスが running に変わったら、インスタンスは使用できる状態です。

このページで説明されているように、Systems Manager を使用してインスタンスのライフサイクルを管理できます。次のような他のタスクを実行するには、AWS マネジメントコンソール を使用する必要があります。

インスタンスの表示

管理者から付与されたアクセス許可によって、インスタンスを表示して詳細情報を入手できるかどうかが決まります。

インスタンスを表示して詳細情報を入手するには

  1. AWS Systems Manager コンソールを開きます。

  2. リージョンのリストから、リージョンを選択します。

  3. インスタンスの一覧から、1 つ以上のインスタンスを選択します。

  4. 下部のペインで、各インスタンスの隣にある下矢印をクリックして、インスタンスの詳細情報を表示します。

    
                            インスタンスの詳細の表示

インスタンスへの接続

インスタンスを起動する際に指定されたキーペアのプライベートキー (.pem ファイル) がある場合は、EC2 インスタンスにログインできます。インスタンスへの接続に使用するツールは、インスタンスが Windows インスタンスであるか、Linux インスタンスであるかによって異なります。

Windows の EC2 インスタンスに接続するには

  1. AWS Systems Manager を開きます。

  2. インスタンスの一覧から、インスタンスを選択して右クリックし、[Retrieve Windows Password] をクリックします。

  3. [Retrieve Default Windows Administrator Password] ダイアログボックスで、[Browse] をクリックします。キーペアのプライベートキーファイルを選択し、[Open] をクリックします。

  4. [Decrypt Password] をクリックします。パスワードを保存するか、クリップボードにコピーします。

  5. インスタンスを選択して右クリックし、[Connect via RDP] をクリックします。認証情報を求められたら、前の手順で保存した管理者アカウントの名前とパスワードを入力します。

  6. 証明書は自己署名であるため、セキュリティ証明書が信頼された認証機関からのものではないという警告が表示される場合があります。[Yes] をクリックして続行します。

    接続に失敗した場合は、Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイド の「Windows インスタンスのトラブルシューティング」を参照してください。

Linux の EC2 インスタンスに接続するには

  1. AWS Systems Manager を開きます。

  2. インスタンスの一覧から、インスタンスを選択します。

  3. 下部のペインで、インスタンス ID の隣にある下矢印をクリックして、インスタンスの詳細情報を表示します。

  4. パブリック DNS 名を見つけます。この情報は、インスタンスに接続する際に必要になります。

  5. PuTTY を使用してインスタンスに接続します。詳細な手順については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の「PuTTY を使用した Windows から Linux インスタンスへの接続」を参照してください。

インスタンスの再起動

管理者から付与されたアクセス許可によって、インスタンスを再起動できるかどうかが決まります。

インスタンスを再起動するには

  1. AWS Systems Manager を開きます。

  2. インスタンスの一覧から、インスタンスを選択します。

  3. インスタンスを右クリックし、[Reset (Reboot)] をクリックします。

  4. 確認を求められたら、[Yes] をクリックします。

インスタンスを停止する

管理者から付与されたアクセス許可によって、インスタンスを停止できるかどうかが決まります。

インスタンスを停止するには

  1. AWS Systems Manager を開きます。

  2. インスタンスの一覧から、インスタンスを選択します。

  3. インスタンスを右クリックし、[Shut Down (Stop)] をクリックします。

  4. 確認を求められたら、[Yes] をクリックします。

インスタンスの起動

管理者から付与されたアクセス許可によって、インスタンスを起動できるかどうかが決まります。

インスタンスを起動するには

  1. AWS Systems Manager を開きます。

  2. インスタンスの一覧から、インスタンスを選択します。

  3. インスタンスを右クリックし、[Power On (Start)] をクリックします。

  4. 確認を求められたら、[Yes] をクリックします。

インスタンスを起動する際にクォータエラーが発生した場合は、同時に実行できるインスタンスの数が上限に達しています。ご使用の AWS アカウントのデフォルトの上限は 20 です。実行中のインスタンスを追加する必要がある場合は、「Amazon EC2 インスタンス上限緩和申請」フォームを使用してください。

インスタンスの終了

管理者から付与されたアクセス許可によって、インスタンスを終了できるかどうかが決まります。

インスタンスを終了するには

  1. AWS Systems Manager を開きます。

  2. インスタンスの一覧から、インスタンスを選択します。

  3. インスタンスを右クリックし、[Delete (Terminate)] をクリックします。

  4. 確認を求められたら、[Yes] をクリックします。