メニュー
AWS Import/Export
開発者ガイド

AWS Import/Export とは

AWS Import/Export は、物理ストレージアプライアンスを使用し、インターネットを迂回して AWS との大容量データ転送を高速化するサービスです。AWS Import/Export では、Amazon の高速内部ネットワークを駆使し、直接お客様所有のストレージデバイスとのデータ転送をサポートします。

AWS Import/Export の概要

AWS Import/Export は、AWS クラウドとお客様が当社にお送りいただくポータブルストレージデバイス間で、データの転送を高速化します。AWS Import/Export は、Amazon Simple Storage Service または Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) にインポートするデータが 16 テラバイト (TB) 以下である場合に適切です。AWS Import/Export を使用して Amazon S3 からデータをエクスポートすることもできます。

通常、データの読み込みは、お客様のストレージデバイスが AWS に到着後、翌営業日から開始されます。データのエクスポートまたはインポートの完了後、ストレージデバイスはお返しします。ほとんどのデータセットの場合、AWS Import/Export はインターネット転送の場合よりもかなり高速であり、お客様の接続性をアップグレードする場合よりも費用効率が高くなります。AWS Import/Export では、Amazon EBS からのエクスポートがサポートされていません。

重要

このガイドでは、お客様が Amazon EBS データを扱う Amazon S3 ユーザーまたは Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) ユーザーであることを前提としています。上記に当てはまらない場合は、Amazon S3 入門ガイドまたは Amazon EC2 入門ガイドで Amazon EBS データに関する項目を参照してください。

一般的に、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) にデータをインポートする場合は、AWS Import/Export よりも AWS Snowball (Snowball) を使用するほうがより高速で安価です。Snowball の詳細については、AWS Snowball ユーザーガイドを参照してください。

AWS Import/Export の機能

AWS Import/Export では、次の機能を利用できます。

  • ジョブあたり最大 16 TB のデータを AWS クラウドに移行する – データを保存した 1 つ以上のストレージデバイスを当社にお送りください。当社でお客様のデータを AWS クラウドにロードし、ストレージデバイスを返送します。

  • コンテンツ配信 – 顧客に配信できるように、当社が Amazon S3 からお客様のストレージデバイスにデータをエクスポートできます。

  • ダイレクトデータ交換 – お客様のビジネス上のパートナーから定期的にポータブルストレージデバイス上でコンテンツを受け取る場合、それを AWS まで直接送付してもらい、Amazon EBS または Amazon S3 にインポートすることができます。

  • オフサイトバックアップ – 完全バックアップまたは増分バックアップを Amazon S3 に送付して、信頼性の高い、冗長なオフサイトストレージを構築できます。

  • 災害復旧 – Amazon S3 に格納されている大きなバックアップをすぐに取り出す必要がある場合は、AWS Import/Export を使用してポータブルストレージデバイスへデータを転送し、ご自身のサイトに配信できます。

AWS Import/Export を初めてお使いになる方向けの情報

AWS Import/Export を初めて使用する場合、すぐに開始するには以下のリンクが役立ちます。

使用できるツール、ライブラリ、およびインターフェイス

AWS Import/Export は、コードを書かないでインポートジョブやエクスポートジョブを作成できるコマンドラインツールを提供しています。プログラミングインターフェイスを必要とするアプリケーションでは、AWS SDK の Java、.NET、および PHP ライブラリを使用してインポートジョブやエクスポートジョブを作成、管理できます。また、任意で REST インターフェイスを AWS Import/Export で使用することもできます。

AWS Import/Export をサポートするサードパーティーのツールもあります。詳細については、http://aws.amazon.com/importexport/disk/tools を参照してください。