Amazon SQS FIFO (先入れ先出し) キュー - Amazon Simple Queue Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SQS FIFO (先入れ先出し) キュー

FIFO キューには標準キューの機能がすべてあります。

FIFO (先入先出) キューは、オペレーションやイベントの順序が重要である場合、または重複不可の場合にアプリケーション間のメッセージングを強化するために開発されました。FIFO キューの使用をお勧めする状況に以下のような例が含まれます:

  • ユーザーが入力したコマンドが正しい順序で実行されていることを確認します。

  • 料金の修正を正しい順序で送信して、正しい製品料金を表示します。

  • アカウントを登録する前に受講者がコースに申込むことを防止します。

FIFO キューは、1 回限りの処理も実現しますが、1 秒あたりのトランザクション数 (TPS) が制限されます。スループットクォータの詳細については「メッセージに関連するクォータ」をご参照ください。

注記

FIFO キュー名は .fifo のサフィックスで終わる必要があります。サフィックスは 80 文字のキュー名クォータにカウントされます。キューが FIFO であるか否かについて断定する場合、キュー名がサフィックスで終わるか否かで確認できます。

Amazon SQS FIFO キューは、Amazon SQS が利用可能なすべてのリージョンでご利用いただけます。

Amazon SQS コンソールを使用してキューを作成および設定する方法については、「Amazon SQSキューの作成 (コンソール)」を参照してください。Java の例については、「Amazon SQS Java SDK の例」をご参照ください。

FIFO キューを使用したベストプラクティスについては、「Amazon SQS FIFOキューのその他の推奨事項」および「Amazon SQS の標準および FIFO キューの推奨事項」をご参照ください。

FIFO キューに対するクライアントやサービスとの互換性については、「互換性」をご参照ください。