Amazon SQS FIFO (先入れ先出し) キュー - Amazon Simple Queue Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SQS FIFO (先入れ先出し) キュー

FIFO キューには、標準キュー

FIFO (先入れ先出し)キューは、オペレーションやイベントの順序が重要である場合、または重複が許容されない場合に、アプリケーション間のメッセージングを強化するように設計されています。FIFO キューを使用する可能性のある状況の例を次に示します。

  • ユーザーが入力したコマンドが正しい順序で実行されていることを確認します。

  • 価格の変更を正しい順序で送信して、正しい製品価格を表示します。

  • アカウントを登録する前に受講者がコースに登録できないようにします。

FIFO キューはまた、1 回だけの処理を提供しますが、1 秒あたりのトランザクション (TPS) は制限されます。スループットクォータの詳細については、「」を参照してください。メッセージに関連するクォータ

注記

FIFO キューの名前は、.fifoサフィックス。サフィックスは、80 文字のキュー名クォータにカウントされます。キューがFIFOでは、キュー名がサフィックスで終わるかどうかを確認できます。

Amazon SQS FIFO キューは、Amazon SQS が利用可能なすべてのリージョンで使用できます。

Amazon SQS コンソールを使用したキューの作成および設定方法については、「」を参照してください。Amazon SQS キューの作成 (コンソール)。Java の例については、Amazon SQS Java SDK の例

FIFO キューを使用した作業のベストプラクティスについては、Amazon SQS FIFO キューに関するその他の推奨事項およびAmazon SQS 標準および FIFO キューに関する推奨事項

FIFO キューおよびクライアントやサービスとの互換性については、Compatibility