Amazon Simple Queue Service
開発者ガイド

前提条件

始めるには以下の前提条件を満たす必要があります。

  • SDK for Java

    プロジェクトに SDK for Java を含めるには以下の 2 つの方法があります。

    • SDK for Java をダウンロード、インストールします。

    • Maven を使用して Amazon SQS Java Messaging Library を入手します。

      注記

      SDK for Java は依存関係として含められます。

      The SDK for Java and Java 用 Amazon SQS 拡張クライアントライブラリ require the J2SE Development Kit 8.0 or later.

      SDK for Java のダウンロードの詳細については、「SDK for Java」を参照してください。

  • Amazon SQS Java Messaging Library

    Maven を使用しない場合は、amazon-sqs-java-messaging-lib.jar パッケージを Java クラスパスに追加する必要があります。ライブラリのダウンロードの詳細については、「Amazon SQS Java Messaging Library」を参照してください。

    注記

    Amazon SQS Java Messaging Library には、Maven および Spring Framework のサポートが含まれています。

    Maven、Spring Framework、および Amazon SQS Java Messaging Library を使用するサンプルコードについては、「JMS を使用した Amazon SQS スタンダード キューでの Java の使用例」を参照してください。

    <dependency> <groupId>com.amazonaws</groupId> <artifactId>amazon-sqs-java-messaging-lib</artifactId> <version>1.0.4</version> <type>jar</type> </dependency>
  • Amazon SQS キュー

    キューを作成するには、Amazon SQS 用のAWS マネジメントコンソール、CreateQueue API、または Amazon SQS Java Messaging Library に含まれているラップされた Amazon SQS クライアントを使用できます。

    • AWS マネジメントコンソール または CreateQueue API を使用して Amazon SQS でキューを作成する方法については、「キューの作成」を参照してください。

    • Amazon SQS Java Messaging Library の使用については、「Amazon SQS Java Messaging Library の使用開始」を参照してください。