Amazon SQS ポリシーの基本的な例 - Amazon Simple Queue Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SQS ポリシーの基本的な例

このセクションでは、一般的な Amazon SQS ユースケースのサンプルポリシーを示します。

コンソールを使用して、ユーザーにポリシーをアタッチしながら各ポリシーの効果を確認できます。最初は、ユーザーにアクセス権限が付与されてないため、コンソールを使用して何もできません。ユーザーにポリシーを添付することで、ユーザーがコンソールで多様なアクションを実行できることを確認できます。

注記

2 つのブラウザウィンドウを使用することをお勧めします。1 つでアクセス権限を付与し、もう 1 つでユーザーの認証情報を使用して AWS Management Console にサインインして、アクセス権限をユーザーに付与するごとに確認します。

例 1: 1 つのアクセス権限を 1 つの AWS アカウント

以下のポリシーの例では、 AWS アカウント number111122223333SendMessageというキューのアクセス許可444455556666/queue1米国東部 (オハイオ) リージョンで。

{ "Version": "2012-10-17", "Id": "Queue1_Policy_UUID", "Statement": [{ "Sid":"Queue1_SendMessage", "Effect": "Allow", "Principal": { "AWS": [ "111122223333" ] }, "Action": "sqs:SendMessage", "Resource": "arn:aws:sqs:us-east-2:444455556666:queue1" }] }

例 2: 1 つのに 2 つのアクセス権限を付与する AWS アカウント

以下のポリシーの例では、 AWS アカウント number111122223333(SendMessageおよびReceiveMessageというキューのアクセス許可444455556666/queue1

{ "Version": "2012-10-17", "Id": "Queue1_Policy_UUID", "Statement": [{ "Sid":"Queue1_Send_Receive", "Effect": "Allow", "Principal": { "AWS": [ "111122223333" ] }, "Action": [ "sqs:SendMessage", "sqs:ReceiveMessage" ], "Resource": "arn:aws:sqs:*:444455556666:queue1" }] }

例 3: すべてのアクセス権限を 2 つの AWS アカウント

以下のポリシーの例は、2 つの AWS アカウント 数字 (111122223333および444455556666という名前のキューについて、Amazon SQS によって共有アクセスが許可されるすべてのアクションを使用するためのアクセス許可を123456789012/queue1米国東部 (オハイオ) リージョンで。

{ "Version": "2012-10-17", "Id": "Queue1_Policy_UUID", "Statement": [{ "Sid":"Queue1_AllActions", "Effect": "Allow", "Principal": { "AWS": [ "111122223333", "444455556666" ] }, "Action": "sqs:*", "Resource": "arn:aws:sqs:us-east-2:123456789012:queue1" }] }

例 4: ロールおよびユーザー名にクロスアカウントのアクセス許可を付与する

以下のポリシーの例では、role1およびusername1[] AWS アカウント number111122223333Amazon SQS が、という名前のキューについて、共有アクセスを許可するすべてのアクションを使用するクロスアカウントの権限123456789012/queue1米国東部 (オハイオ) リージョンで。

クロスアカウントのアクセス許可は、次のアクションには適用されません。

{ "Version": "2012-10-17", "Id": "Queue1_Policy_UUID", "Statement": [{ "Sid":"Queue1_AllActions", "Effect": "Allow", "Principal": { "AWS": [ "arn:aws:iam::111122223333:role/role1", "arn:aws:iam::111122223333:user/username1" ] }, "Action": "sqs:*", "Resource": "arn:aws:sqs:us-east-2:123456789012:queue1" }] }

例 5: すべてのユーザーにアクセス権限を付与する

以下のサンプルポリシーは、すべてのユーザー (匿名ユーザー) に、111122223333/queue1 という名前のキューに対する ReceiveMessage アクセス権限を付与します。

{ "Version": "2012-10-17", "Id": "Queue1_Policy_UUID", "Statement": [{ "Sid":"Queue1_AnonymousAccess_ReceiveMessage", "Effect": "Allow", "Principal": "*", "Action": "sqs:ReceiveMessage", "Resource": "arn:aws:sqs:*:111122223333:queue1" }] }

例 6: すべてのユーザーに時間制限付きのアクセス権限を付与する

以下のサンプルポリシーは、すべてのユーザー (匿名ユーザー) に、111122223333/queue1 という名前のキューに対する ReceiveMessage アクセス権限を 2009 年 1 月 31 日の午後 12:00 (正午) から 午後 3:00 の間のみ付与します。

{ "Version": "2012-10-17", "Id": "Queue1_Policy_UUID", "Statement": [{ "Sid":"Queue1_AnonymousAccess_ReceiveMessage_TimeLimit", "Effect": "Allow", "Principal": "*", "Action": "sqs:ReceiveMessage", "Resource": "arn:aws:sqs:*:111122223333:queue1", "Condition" : { "DateGreaterThan" : { "aws:CurrentTime":"2009-01-31T12:00Z" }, "DateLessThan" : { "aws:CurrentTime":"2009-01-31T15:00Z" } } }] }

例 7: CIDR 範囲のすべてのユーザーにすべてのアクセス権限を付与する

以下のサンプルポリシーは、すべてのユーザー (匿名ユーザー) に、という名前のキューで共有できるすべての Amazon SQS) に、111122223333/queue1からリクエストが来る場合に限ります。192.168.143.0/24CIDR 範囲。

{ "Version": "2012-10-17", "Id": "Queue1_Policy_UUID", "Statement": [{ "Sid":"Queue1_AnonymousAccess_AllActions_AllowlistIP", "Effect": "Allow", "Principal": "*", "Action": "sqs:*", "Resource": "arn:aws:sqs:*:111122223333:queue1", "Condition" : { "IpAddress" : { "aws:SourceIp":"192.168.143.0/24" } } }] }

例 8: 異なる CIDR 範囲のユーザーの許可リストとブロックリストのアクセス権限

以下のサンプルポリシーには、2 つのステートメントが含まれています。

  • 最初のステートメントは、192.168.143.0/24 CIDR の範囲 (192.168.143.188 を除く) に存在するすべてのユーザー (匿名ユーザー) に、111122223333/queue1 という名前のキューに対する SendMessage アクションを使用するアクセス権限を付与します。

  • 2 番目のステートメントは、10.1.2.0/24 CIDR の範囲に存在するすべてのユーザー (匿名ユーザー) のキュー使用をブロックます。

{ "Version": "2012-10-17", "Id": "Queue1_Policy_UUID", "Statement": [{ "Sid":"Queue1_AnonymousAccess_SendMessage_IPLimit", "Effect": "Allow", "Principal": "*", "Action": "sqs:SendMessage", "Resource": "arn:aws:sqs:*:111122223333:queue1", "Condition" : { "IpAddress" : { "aws:SourceIp":"192.168.143.0/24" }, "NotIpAddress" : { "aws:SourceIp":"192.168.143.188/32" } } }, { "Sid":"Queue1_AnonymousAccess_AllActions_IPLimit_Deny", "Effect": "Deny", "Principal": "*", "Action": "sqs:*", "Resource": "arn:aws:sqs:*:111122223333:queue1", "Condition" : { "IpAddress" : { "aws:SourceIp":"10.1.2.0/24" } } }] }