Amazon Simple Queue Service
開発者ガイド

チュートリアル: Amazon SNS トピックへ Amazon SQS キューをサブスクライブする

選択したキューで使用できる Amazon SNS トピックの一覧から選択したトピックに、1 つ以上の Amazon SQS キューをサブスクライブできます。Amazon SQS はサブスクリプションおよび必要なアクセス権限を管理します。メッセージがトピックに発行されると、Amazon SNS はサブスクライブされたすべてのキューにメッセージを送信します。Amazon SNS の詳細については、「Amazon Simple Notification Service 開発者ガイド」の「What is Amazon Simple Notification Service?」を参照してください。

このチュートリアルでは、既存の Amazon SQS キューを既存の Amazon SNS トピックにサブスクライブする方法について説明します。

注記

現在、Amazon SNS は FIFO キューと互換性がありません。

暗号化された Amazon SQS キューでの Amazon SNS の使用については、「を使用して AWS サービスとキューの間で互換性を保つ 」を参照してください。

Amazon SQS キューを Amazon SNS トピックにサブスクライブすると、Amazon SNS は HTTPS を使用してメッセージを Amazon SQS に転送します。

AWS マネジメントコンソール

  1. Amazon SQS コンソールにサインインします。

  2. キューの一覧から、Amazon SNS トピックをサブスクライブするキューを選択します。

  3. [Queue Actions] から、[Subscribe Queue to SNS Topic] (または [Subscribe Queues to SNS Topic]) を選択します。

    [Subscribe to a Topic] ダイアログボックスが表示されます。

  4. [Choose a Topic] ドロップダウンリストから、キューをサブスクライブする Amazon SNS トピックを選択し、[Topic Region] (オプション) を選択して [Subscribe] を選択します。

    注記

    別の [Topic ARN] を入力すると、Amazon SQS キューの作成に使用したアカウント以外の AWS アカウントから Amazon SNS トピックにキューをサブクライブするときに便利です。

    これは、[Choose a Topic] ドロップダウンリストに Amazon SNS トピックが表示されていない場合にも役立ちます。

    [Topic Subscription Result] ダイアログボックスが表示されます。

  5. Amazon SNS トピックにサブスクライブされた Amazon SQS キューの一覧を確認して、[OK] を選択します。

    キューがトピックにサブスクライブされます。

    注記

    Amazon SQS キューと Amazon SNS トピックが別の AWS アカウントにある場合、トピックの所有者は最初にサブスクリプションを確認する必要があります。詳細については、Amazon Simple Notification Service 開発者ガイドの「サブスクリプションの確認」を参照してください。

    サブスクリプションのリスト、トピックからのサブスクライブの解除、およびトピックの削除には、Amazon SNS コンソールを使用します。詳細については、「クリーンアップ」を参照してください。

    サブスクリプションの結果を検証するには、トピックに発行し、トピックからキューに送信されたメッセージを確認できます。詳細については、『Amazon Simple Notification Service 開発者ガイド』の「Amazon SQS キューへの Amazon SNS メッセージの送信」を参照してください。

このページの内容: