Amazon Simple Queue Service
開発者ガイド

サポートされている JMS 1.1 実装

Amazon SQS Java Messaging Library は、次の JMS 1.1 実装をサポートしています。Amazon SQS Java Messaging Library でサポートされている機能の詳細については、「Amazon SQS に関するよくある質問」を参照してください。

サポートされている Common Interface

  • Connection

  • ConnectionFactory

  • Destination

  • Session

  • MessageConsumer

  • MessageProducer

サポートされているメッセージタイプ

  • ByteMessage

  • ObjectMessage

  • TextMessage

サポートされているメッセージ確認モード

  • AUTO_ACKNOWLEDGE

  • CLIENT_ACKNOWLEDGE

  • DUPS_OK_ACKNOWLEDGE

  • UNORDERED_ACKNOWLEDGE

注記

UNORDERED_ACKNOWLEDGE モードは JMS 1.1 仕様には含まれていません。このモードにより、JMS クライアントによるメッセージの明示的な確認を Amazon SQS が許可できるようになります。

JMS 定義ヘッダーと予約プロパティ

メッセージの送信用

メッセージを送信する場合は、各メッセージに以下のヘッダーおよびプロパティを設定できます。

  • JMSXGroupID (FIFO キューの場合は必須で、スタンダード キューには許可されません)

  • JMS_SQS_DeduplicationId (FIFO キューの場合はオプションで、スタンダード キューには許可されません)

メッセージを送信すると、Amazon SQS により各メッセージに以下のヘッダーおよびプロパティが設定されます。

  • JMSMessageID

  • JMS_SQS_SequenceNumber (FIFO キューの場合のみ)

メッセージの受信用

メッセージを受信すると、Amazon SQS により各メッセージに以下のヘッダーおよびプロパティが設定されます。

  • JMSDestination

  • JMSMessageID

  • JMSRedelivered

  • JMSXDeliveryCount

  • JMSXGroupID (FIFO キューの場合のみ)

  • JMS_SQS_DeduplicationId (FIFO キューの場合のみ)

  • JMS_SQS_SequenceNumber (FIFO キューの場合のみ)