メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

ライブストリーミング用の AWS CloudFormation スタックを作成する

以下の手順では、AWS CloudFormation テンプレートを使用し、Amazon EC2 インスタンスおよび CloudFront ディストリビューションを含め、ライブストリーミングで必要とされる AWS リソースを起動するスタックを作成します。

重要

Amazon EC2 インスタンスをデプロイする AWS CloudFormation スタックを作成した時点から、Amazon EC2 インスタンスに対する時間単位の料金が発生します。ライブビデオのストリーミングに Amazon EC2 インスタンスを使用しているかどうかに関係なく、AWS CloudFormation スタックを削除するまで、この料金がかかります。詳細については、AWS Marketplace ウェブサイトの Adobe Media Server 5 Extended のページを参照してください。ライブイベントが終了したら、ライブストリーミング用に作成したスタックを削除します。これにより、ライブストリーミングイベント用に作成した AWS リソースが削除され、このリソースの AWS 料金が停止します。詳細については、「ライブストリーミング用の AWS CloudFormation スタックと Amazon EBS ボリュームを削除する」を参照してください。

AWS CloudFormation の詳細については、「AWS CloudFormation ドキュメント」を参照してください。

ライブストリーミング用の AWS CloudFormation スタックを作成するには

  1. [Create Stack] ウィザードを開始するには、以下の Amazon EC2 リージョンの 1 つをクリックします。

    ウィザードが開始され、該当する URL が [Provide an S3 URL to template] フィールドに自動的に表示されます。

    注記

    ユーザーが、独自のドメインでホストされる Flash ベースのプレーヤーを使用してライブストリーミングを視聴するようにするには、「独自のドメインでホストされている Flash ベースのストリームの crossdomain.xml を更新するにはどのようにすればよいですか?」を参照してください。

  2. AWS マネジメントコンソール にまだサインインしておらず、サインインを求められた場合は、サインインしてください。

  3. (オプション)[Stack Name] を変更します。スタック名にスペースを含めることはできません。また、スタック名は AWS アカウント内で一意である必要があります。

    [Template] オプションまたは [Provide an S3 URL to template] のアドレスは変更しないでください。

  4. [Next Step] をクリックします。

  5. [Specify Parameters] ページで、[AMSAdminPassword] に AMS 管理コンソールのパスワード (最小 8 文字) を入力します。

  6. [AMSAdminUserName] にユーザー名を入力します。Amazon EC2 の Adobe Media Server インスタンスを作成した後、この値と先のステップで入力したパスワードを使用して AMS 管理コンソールにログインします。

  7. [InstanceType] に、Adobe Media Server インスタンスの料金を決定するインスタンスタイプを入力します。Amazon EC2 インスタンスタイプの詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」で、使用可能なインスタンスタイプを参照してください。

    価格の詳細については、AWS Marketplace ウェブサイトの Adobe Media Server 5 Extended のページを参照してください。

  8. [KeyPair] に、ステップ 1 で選択したリージョンと同じリージョンの Amazon EC2 キーペアの名前を入力します。キーペアは、サインインに現在使用しているアカウントに関連付けられている必要があります。「Amazon EC2 キーペアを作成する」の手順を実行したときにキーペアを作成した場合は、そのキーペアの名前を入力します。

  9. [StreamName] にライブストリームのショートネーム (スペースなし) を入力します。

  10. [Next Step] をクリックします。

  11. (オプション)[Add Tags] ページで、タグを 1 つ以上追加します。

  12. (オプション) SNS 通知の構成、スタックの作成を待機する時間の指定、スタックの作成が失敗した場合に変更をロールバックするかどうかの選択、スタックポリシーの入力を行うには、[Advanced] をクリックし、必要に応じて設定を調整します。

  13. [Next Step] をクリックします。

  14. スタックの設定を確認します。設定が適切であることを確認したら、[Create] をクリックします。AWS CloudFormation によってスタックが作成されます。

    スタックの作成には数分かかる場合があります。スタックの作成状況を追跡するには、スタックを選択し、下部のフレームにある [Events] タブをクリックします。AWS CloudFormation がスタックを作成できない場合、[Events] タブにエラーメッセージが表示されます。

    スタックの準備が整うと、上部のフレームにあるスタックのステータスが [CREATE_COMPLETE] に変わります。

    スタックが作成されたら、[Outputs] タブをクリックします。このタブには、スタックの作成に関する出力が表示されます。これらの値は、このプロセスの後で Adobe Flash Media Live Encoder をセットアップするときに使用します。

次の手順: Adobe Media Server が実行されていることを確認する