メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

ライブスムーズストリーミング用の AWS CloudFormation スタックを作成する

以下の手順では、AWS CloudFormation テンプレートを使用し、Amazon EC2 インスタンスを含め、ライブスムーズストリーミングで必要とされる AWS リソースを起動するスタックを作成します。

重要

Amazon EC2 インスタンスをデプロイする AWS CloudFormation スタックを作成した時点から、Amazon EC2 インスタンスに対する時間単位の料金が発生します。ライブビデオのストリーミングに Amazon EC2 インスタンスを使用しているかどうかに関係なく、AWS CloudFormation スタックを削除するまで、この料金がかかります。詳細については、「Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 」の詳細ページの「料金表」を参照してください。ライブイベントが終了したら、ライブスムーズストリーミング用に作成したスタックを削除します。これにより、ライブストリーミングイベント用に作成した AWS リソースが削除され、このリソースの AWS 料金が停止します。詳細については、「AWS CloudFormation のライブスムーズストリーミングスタックの削除」を参照してください。

ライブストリーミング用の AWS CloudFormation スタックを作成するには

  1. 以下のリストから、スタックの作成先の Amazon EC2 リージョンをクリックします。[Create Stack] ウィザードが開始され、リージョン固有の値が [Provide a Template URL] フィールドに自動的に入力されます。

    米国東部(バージニア北部)

    米国西部 (オレゴン)

    米国西部 (北カリフォルニア)

    欧州 (アイルランド)

    アジアパシフィック (シンガポール)

    アジアパシフィック (東京)

    南米 (サンパウロ)

  2. AWS マネジメントコンソール にまだサインインしておらず、サインインを求められた場合は、サインインしてください。

  3. オプション: [Create Stack] ウィザードで、[Stack Name] フィールドの値を変更します。スタック名にスペースを含めることはできません。また、スタック名は AWS アカウント内で一意である必要があります。

  4. [Stack Template Source] オプションまたは [Provide a Template URL] の値を変更しないでください。

  5. オプション: SNS 通知の構成、スタックの作成を待機する時間の指定、およびスタックの作成が失敗した場合に変更をロールバックするかどうかの選択を行うには、[Show Advanced Options] チェックボックスをオンにして、該当の値を指定します。

  6. [Continue] をクリックします。

    AWS CloudFormation スタックの作成
  7. [Specify Parameters] ページの [KeyPair] フィールドに、ライブストリーミング用のスタックを作成するリージョン内の Amazon EC2 キーペアの名前を入力します。キーペアは、ログオンに現在使用しているアカウントに関連付けられている必要があります。「Amazon EC2 キーペアを作成する」の手順を実行したときにキーペアを作成した場合は、そのキーペアの名前を入力します。

  8. [InstanceType] フィールドにインスタンスタイプを入力し、[Continue] をクリックします。デフォルト値は m1.xlarge です。

    インスタンスタイプによって、Windows Server を実行する Amazon EC2 インスタンスの料金表が決まります。料金表に関する情報を含め、Windows 用の Amazon EC2 インスタンスタイプの詳細については、「Microsoft Windows Server および SQL Server を実行する Amazon EC2」を参照してください。

  9. スタックの設定を確認します。設定が適切であることを確認したら、[Create Stack] をクリックします。

    スタックが作成されるまで数分かかる場合があります。スタックの作成状況を追跡するには、スタックを選択し、下部のフレームにある [Events] タブをクリックします。AWS CloudFormation がスタックを作成できない場合、[Events] タブにエラーメッセージが表示されます。

    スタックの準備が整うと、上部のフレームにあるスタックのステータスが [CREATE_COMPLETE] に変わります。

    AWS CloudFormation の [Create Stack] の [Events] タブ

    スタックが作成されたら、[Outputs] タブをクリックします。このタブには、スタックの作成に関する出力が表示されます。これらの値は、このプロセスの後で Microsoft Expression Encoder をセットアップするときに使用します。

    AWS CloudFormation の [Create Stack] の [Outputs] タブ

次の手順: Amazon EC2 Windows Server インスタンスの実行確認