CloudFront ディストリビューションの価格クラスを選択する - Amazon CloudFront

CloudFront ディストリビューションの価格クラスを選択する

CloudFront では、世界中にエッジロケーションがあります。各エッジロケーションのコストは異なるため、請求する料金は、どのエッジロケーションからリクエストを処理するかに応じて異なります。

CloudFront エッジロケーションは地理的リージョンに分類され、次の表に示すように、リージョンは料金クラスに分類されます。CloudFront ディストリビューションを作成または更新する際、料金クラスを選択できます。

北米 (米国、メキシコ、カナダ) ヨーロッパおよびイスラエル 南アフリカ、ケニア、中東 南米 日本 オーストラリアおよびニュージーランド 香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ インド
料金クラス All はい はい はい はい はい はい はい はい
料金クラス 200 はい はい はい いいえ はい いいえ はい はい
料金クラス 100 はい はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ

デフォルトでは、CloudFront はパフォーマンスのみに基づいてリクエストに応答します。オブジェクトは、ビューワーのレイテンシーが最も低いエッジロケーションから提供されます。コスト削減を優先し、一部の地理的リージョンにおけるビューワーの潜在的なレイテンシーの延長を容認できるのであれば、地理的リージョンが限定された料金クラスを選択することもできます。一部のビューワー、特に、料金クラスに含まれない地理的リージョンのビューワーについては、コンテンツが供給されるどの CloudFront エッジロケーションよりもレイテンシーが長くなる場合があります。例えば、料金クラス 100 を選択した場合、インドのビューワーのレイテンシーは料金クラス 200 を選択した場合よりも長くなる場合があります。

一部のエッジロケーションを含まない料金クラスを選択した場合も、CloudFront は料金クラスに含まれていないリージョンのエッジロケーションからリクエストを処理することがあります。この場合、コストの高いリージョンの料金は請求されません。代わりに、料金クラスのリージョンの中で最もコストの低いリージョンの料金が請求されます。

CloudFront の料金および価格クラスの詳細については、「Amazon CloudFront 料金表」を参照してください。