メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

バージョン付きのオブジェクト名を使用した既存オブジェクトの更新

CloudFront ディストリビューション内の既存のオブジェクトを更新する場合、何らかのバージョン識別名をオブジェクト名またはディレクトリ名に含めて、コンテンツを容易に制御できるようにすることをお勧めします。この識別名には、日付タイムスタンプ、連番など、同じオブジェクトの 2 つのバージョンを区別する方法を使用できます。

たとえば、グラフィックファイルに image.jpg ではなく image_1.jpg という名前を付けることができます。ファイルの新しいバージョンを供給する場合は、新しいファイルに image_2.jpg という名前を付けて、image_2.jpg を指すようにお使いのウェブアプリケーションまたはウェブサイトのリンクを更新します。また、すべてのグラフィックを images_v1 ディレクトリに配置することもできます。1 つ以上のグラフィックの新しいバージョンを供給する場合は、新しい images_v2 ディレクトリを作成し、そのディレクトリを指すようにリンクを更新します。バージョニングを行うことで、CloudFront で新しいバージョンの供給を開始するのにオブジェクトの有効期限切れを待つ必要がなくなり、オブジェクトの無効化に対して料金を支払う必要もなくなります。

オブジェクトにバージョンを設定した場合も、有効期限切れ日付を設定することをお勧めします。詳細については、「CloudFront エッジキャッシュにオブジェクトを保持する時間の指定(有効期限切れ)」を参照してください。

Note

バージョン付きのオブジェクト名またはディレクトリ名の指定は、Amazon S3 オブジェクトのバージョニングとは関係がありません。