メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

同じオブジェクト名を使用した既存オブジェクトの更新

CloudFront ディストリビューション内の既存のオブジェクトを更新し、同じオブジェクト名を使用することできますが、これはお勧めしません。CloudFront は、オブジェクトが要求された場合にのみ、オブジェクトをエッジロケーションに配信します。新しいまたは更新されたオブジェクトがオリジンに配置された場合ではありません。オリジン内の既存のオブジェクトを同じ名前の新しいバージョンで更新した場合、以下の両方のイベントが発生するまで、エッジロケーションはオリジンから新しいバージョンを取得しません。

オブジェクトを置き換えるときに同じ名前を使用した場合、CloudFront で新しいファイルの供給を開始するタイミングを制御できません。デフォルトでは、CloudFront はエッジロケーションのキャッシュにオブジェクトを 24 時間保持します。(詳細については、「CloudFront エッジキャッシュにオブジェクトを保持する時間の指定(有効期限切れ)」を参照してください)。たとえば、ウェブサイト全体のすべてのオブジェクトを置き換えると仮定します。

  • 人気のないページのオブジェクトは、どのエッジロケーションにも存在しない可能性があります。これらのオブジェクトの新しいバージョンについては、次回のリクエストで供給が開始されます。

  • ページによっては、そのオブジェクトが一部のエッジロケーションに存在し、他のエッジロケーションに存在しない場合があります。したがって、供給元のエッジロケーションによって、エンドユーザーに表示されるバージョンが異なります。

  • 最も人気のあるページの新しいバージョンのオブジェクトは、最大で 24 時間供給されない可能性があります。そのようなページのオブジェクトは、新しいバージョンで置き換えられる直前に、CloudFront が取り込んでいる可能性があるためです。