メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

CloudFront 用の AWS 請求レポート

AWS マネジメントコンソール の請求ページで、AWS の使用状況と料金の概要をサービス別に表示できます。

また、レポートの詳細版を CSV 形式でダウンロードすることもできます。詳細請求レポートには、CloudFront に該当する次の値が記載されています。

  • ProductCodeAmazonCloudFront

  • UsageType — 以下の値のいずれかです。

    • データ転送のタイプを識別するコード

    • Invalidations

    • SSL-Cert-Custom

    詳細については、「CloudFront の AWS 請求書と AWS 使用状況レポートの解釈」を参照してください。

  • ItemDescriptionUsageType の請求レートの説明。

  • Usage Start Date/Usage End Date — 使用状況に該当する協定世界時(UTC)による日付。

  • Usage Quantity — 以下の値のいずれかです。

    • 指定した期間のリクエストの数

    • データ転送量(GB)

    • 無効にされたオブジェクトの数

    • SSL 証明書を有効な CloudFront ディストリビューションに関連付けた月数を案分計算した合計値。たとえば、ある証明書を有効なディストリビューションに 1 か月まるまる関連付け、別の証明書を有効なディストリビューションに半月だけ関連付けた場合、この値は 1.5 になります。

請求情報の概要を表示し、詳細請求レポートをダウンロードするには

  1. AWS マネジメントコンソール(https://console.aws.amazon.com/console/home)にサインインします。

  2. タイトルバーで、自分の IAM ユーザー名をクリックし、[Billing & Cost Management] をクリックします。

  3. ナビゲーションペインで、[Bills] をクリックします。

  4. CloudFront の概要情報を表示するには、[Details] の [CloudFront] をクリックします。

  5. 詳細請求レポートを CSV 形式でダウンロードするには、[Download CSV] をクリックし、画面の指示に従ってレポートを保存します。