メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

ウェブディストリビューションを作成するためのタスクリスト

以下のタスクリストでは、ウェブディストリビューションの作成処理の概要について説明します。

ウェブディストリビューションを作成するには

  1. 1 つ以上の Amazon S3 バケットを作成するか、HTTP サーバーをオリジンサーバーとして構成します。オリジンとは、ウェブコンテンツのオリジナルバージョンを保存する場所です。CloudFront は、ファイルに対するリクエストを受け取ると、オリジンにアクセスし、エッジロケーションに配信するファイルを取得します。オリジンサーバーとして、10 個の Amazon S3 バケットと HTTP サーバーの任意の組み合わせを使用できます。

    Amazon S3 を使用する場合は、バケット名をすべて小文字にする必要があります。また、バケット名にスペースを含めることはできません。

    Amazon EC2 サーバーまたは別のカスタムオリジンを使用する場合は、「Amazon EC2 と他のカスタムオリジンの使用に関する要件および推奨事項」を確認してください。

    ディストリビューションに作成できるオリジンの数に関する現在の制限については、『アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス』の「Amazon CloudFront の上限」を参照してください。制限の引き上げを要求するには、「https://console.aws.amazon.com/support/home#/case/create?issueType=service-limit-increase&limitType=service-code-cloudfront-distributions」を参照してください。

  2. コンテンツをオリジンサーバーにアップロードします。CloudFront の署名付き URL を使用して、コンテンツへのアクセスを制限しない場合は、オブジェクトをパブリックに読み出し可能にします。

    注意

    オリジンサーバーのセキュリティを確保する責任はお客様にあります。サーバーへのアクセス権限を CloudFront に持たせる必要があります。また、コンテンツを保護するためのセキュリティ設定を適切に行う必要があります。

  3. CloudFront ウェブディストリビューションを作成します。

  4. オプション: CloudFront コンソールを使用してディストリビューションを作成している場合は、ディストリビューションのキャッシュ動作またはオリジンをさらに作成します。詳細については、「CloudFront コンソールを使用して、CloudFront ディストリビューションの一覧表示、詳細表示、および更新を行うには」を参照してください。

  5. ウェブディストリビューションをテストします。詳細については、「ウェブディストリビューションのテスト」を参照してください。

  6. ステップ 3 でディストリビューションを作成した後に CloudFront から返されたドメイン名を使用して、お客様のコンテンツにアクセスするためのウェブサイトまたはアプリケーションを開発します。たとえば、CloudFront がディストリビューションのドメイン名として d111111abcdef8.cloudfront.net を返した場合、Amazon S3 バケット内または HTTP サーバーのルートディレクトリ内のファイル image.jpg の URL は http://d111111abcdef8.cloudfront.net/image.jpg になります。

    ディストリビューションの作成時に 1 つ以上の代替ドメイン名(CNAME)を指定した場合、独自のドメイン名を使用できます。この場合、image.jpg の URL を http://www.example.com/image.jpg にすることができます。

    次の点に注意してください。