Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

CloudFront コンソールを使ってトリガーを追加する

CloudFront イベントのトリガーを Lambda 関数に追加するには (CloudFront コンソール)

  1. トリガーを追加する Lambda 関数の ARN を取得します。

    1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/lambda/ にある AWS Lambda コンソールを開きます。

    2. ページの上部にあるリージョンのリストで、[米国東部(バージニア北部)] を選択します。

    3. 関数のリストで、トリガーを追加する関数の名前を選択します。

    4. [Qualifiers] を選択し、[Versions] タブを選択して、トリガーを追加する番号付きバージョンを選択します。

      重要

      トリガーを追加できるのは番号付きバージョンのみです。$LATEST には追加できません。

    5. ページの上部に表示される ARN をコピーします。次に例を示します。

      arn:aws:lambda:us-east-1:123456789012:function:TestFunction:2

      末尾の番号 (この例では 2) は関数のバージョン番号です。

  2. https://console.aws.amazon.com/cloudfront/ にある、CloudFront コンソールを開きます。

  3. ディストリビューションのリストで、トリガーを追加するディストリビューションの ID を選択します。

  4. [Behaviors] タブを選択します。

  5. トリガーを追加するキャッシュ動作のチェックボックスをオンにし、[Edit] を選択します。

  6. [Lambda Function Associations] の [Event Type] リストで、関数をいつ実行するかを選択します (ビューワーリクエスト、ビューワーレスポンス、オリジンリクエスト、またはオリジンレスポンス)。

    詳細については、「Lambda 関数をトリガーするために使用する CloudFront イベントを決定する方法」を参照してください。

  7. 選択したイベントの発生時に実行する Lambda 関数の ARN を貼り付けます。これは、ステップ 1 でコピーした値です。

  8. 他のイベントタイプで同じ関数を実行するには、[+] を選択してステップ 6 ~ 7 を繰り返します。

  9. [Yes, Edit] を選択します。

  10. このディストリビューションの他のキャッシュ動作にトリガーを追加するには、ステップ 5 ~ 9 を繰り返します。

    この関数は、更新された CloudFront ディストリビューションがデプロイされたときに、指定された CloudFront イベントのリクエストの処理を開始します。ディストリビューションがデプロイされているかどうかを確認するには、ナビゲーションペインで [Distributions] を選択します。ディストリビューションがデプロイされると、ディストリビューションの [Status] 列の値が、[In Progress] から [Deployed] に変わります。