Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

Include Body オプションを選択するリクエストボディへのアクセス

Lambda@Edge が書き込み可能な HTTP メソッド (POST、PUT、DELETE など) に対してリクエスト内で本文を公開するように選択することができるため、Lambda 関数でアクセスできます。読み取り専用アクセスも選択でき、ボディを置き換えることも指定できます。

このオプションを有効にするには、ビューワーリクエストやオリジンリクエストイベントのために関数に CloudFront トリガーを作成するとき、[Include Body] を選択します。詳細については、「Lambda@Edge 関数のトリガーの追加」を参照してください。または、関数で [Include Body] を使用する方法については、「Lambda@Edge イベント構造」を参照してください。

この機能を使用する場合のシナリオには次のようなものがあります。

  • お客様の入力データをオリジンサーバーに返送することなく、「お問い合わせ」フォームのようなウェブフォームを処理します。

  • ビューワーブラウザによって送信されるウェブビーコンデータを収集し、エッジで処理します。

サンプルコードについては、「Lambda@Edge 関数の例」を参照してください。

注記

リクエストボディが大きい場合は、Lambda@Edge によって切り捨てられます。サイズ制限と切り捨ての詳細については、「Include Body オプションがある本文のサイズ制限」を参照してください。