メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

CloudFront および任意の HTTP オリジンを使用したライブ HTTP ストリーミング

Amazon CloudFront ライブストリーミングでは、HTTP ベースのストリームを出力する Elemental Live などのライブエンコーダーを使用して、ライブ演奏、オンラインセミナー、およびその他のイベントをストリーミングできます。このチュートリアルでは、ライブストリーミングを設定するプロセスを順番に見ていきます。

注記

このチュートリアルでは、ライブエンコーダーをセットアップ済みであることを前提としています。

ライブストリーミング用の新しい CloudFront ディストリビューションの作成

次の手順では、AWS CloudFormation テンプレートを使用して、ライブストリームに使用する新しい CloudFront ディストリビューションを作成します。

ライブストリーミング用の新しい CloudFront ディストリビューションを作成する方法

  1. Amazon Web Services ページにアクセスし、お客様の Amazon.com アカウントでサインインするか、または新しいアカウントを作成します。

  2. 新しい CloudFront ディストリビューションを作成するウィザードを開始するには、以下のリンクを選択します。

    ライブ HTTP ストリーミング用の CloudFront ディストリビューションの作成

  3. [Select Template] ページで、[Next] を選択します。

  4. [Specify Details] ページで次の値を入力します。

    スタックの名前

    ライブストリーミングスタックを示すわかりやすい名前を入力するか、デフォルトの名前をそのまま使用します。

    CustomOriginDNSName

    CloudFront がライブフィードを取得するカスタムオリジンの DNS 名を入力します。

    CustomOriginHTTPPort

    カスタムオリジンと通信するために CloudFront で使用する HTTP TCP ポートを入力します。

    DistributionComment

    複数のディストリビューションを管理する場合に役立つ、ディストリビューションを識別するコメントを入力します。ここで入力した値は、CloudFront コンソールに表示されます。

  5. [Next] を選択します。

  6. (オプション) [Options] ページで、使用する予定のタグについてキーと値のペアを追加します。また、SNS 通知の構成、スタックの作成を待機する時間の指定、スタックの作成が失敗した場合に変更をロールバックするかどうかの選択、スタックポリシーの入力を行うには、[Advanced] を選択し、必要に応じて設定を調整します。詳細については、「AWS CloudFormation スタックオプションの設定」を参照してください。

  7. [Next] を選択します。

  8. スタックの設定を確認し、[Create] を選択します。AWS CloudFormation がスタックを作成します。

    スタックの作成には数分かかる場合があります。スタックの作成状況を追跡するには、スタックを選択し、[Events] タブを選択します。AWS CloudFormation がスタックを作成できない場合、[Events] タブにエラーメッセージが表示されます。

    スタックの準備が整うと、スタックリストにあるスタックのステータスが [CREATE_COMPLETE] に変わります。

  9. スタックが作成されたら、CloudFront ドメイン名が表示される [Outputs] タブを選択します。ウェブプレーヤーでライブストリームの再生をセットアップするときに、この値が必要です。

ライブストリームを再生するためのウェブプレーヤーの設定

ライブストリームを再生するには、ユーザーがライブストリームの再生に使用するプレーヤーにマニフェスト URL を埋め込みます。たとえば、マニフェストファイルが [myStream/playlist.m3u8] で CloudFront ディストリビューションが [d111111abcdef8.cloudfront.net] のライブストリームを再生するには、次の URL をプレーヤーに埋め込みます。

http://d111111abcdef8.cloudfront.net/myStream/playlist.m3u8

(オプション) ライブストリーミング用の AWS CloudFormation スタックの削除

ライブイベントが終了したら、ライブストリーミング用に作成したスタックを削除します。これにより、ライブストリーミングイベント用に作成した CloudFront ディストリビューションが削除されます。

注記

ストリーミングを停止すると、このディストリビューションに関する CloudFront の料金の発生も停止されます。AWS CloudFormation スタックには料金がかかりません。

ライブストリーミング用の AWS CloudFormation スタックを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、AWS CloudFormation コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudformation) を開きます。

  2. スタックを作成したリージョンを、画面右上で選択します。

  3. そのスタックを選択してから [Delete Stack] を選択します。

  4. [Yes, Delete] を選択して確定します。

  5. スタックの削除状況を追跡するには、スタックを選択し、[Events] タブを選択します。