メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

オンデマンドストリーミング用の AWS CloudFormation スタックの作成

AWS CloudFormation テンプレートを使用して、オンデマンドストリーミングに必要な AWS リソースを作成するスタックを作成します。これらのリソースには、Amazon EC2 インスタンス、Amazon S3 バケット、および CloudFront ディストリビューションが含まれます。必要に応じて、既存のバケットを使用できます。

重要

AWS CloudFormation スタックを作成すると、AWS リソースに対する課金が開始されます。

  • Amazon EC2 インスタンスとロードバランサーの 1 時間単位の利用料金と CloudWatch の月額料金は、リソースを使用してビデオをストリーミングするかどうかに関係なく、AWS CloudFormation スタックを削除するまで課金されます。

  • Amazon S3 と CloudFront の使用料金は、リソースの使用量によって異なります。

AWS CloudFormation スタックが作成するリソースを使用する必要がなくなれば、スタックを削除してください。これにより、スタックが作成した AWS リソースが削除され、リソースに対する AWS 料金の課金が停止されます。スタックを削除しても Amazon S3 バケットは削除されません。バケットにメディアファイルが含まれている可能性があるからです。

AWS リソースの価格設定については、「AWS サービス料金の概要」を参照してください。AWS CloudFormation スタックを削除する方法については、「オンデマンドストリーミング用の AWS CloudFormation スタックと Amazon S3 バケットの削除」を参照してください。AWS CloudFormation の詳細については、「AWS CloudFormation ドキュメント」を参照してください。

オンデマンドストリーミング用の AWS CloudFormation スタックを作成するには

  1. [Create Stack] ウィザードを開始するには、該当する Amazon EC2 リージョンに対応するリンクを選択します。Amazon EC2 インスタンスと CloudFront ディストリビューションの作成に加えて Amazon S3 バケットの作成も AWS CloudFormation が行うかどうかに応じて、1 番目のグループまたは 2 番目のグループのリンクをクリックします。

    • 最初のグループのリンクを選択すると、AWS CloudFormation は対応するリージョンに Amazon EC2 インスタンスと Amazon S3 バケットを作成します。CloudFront ディストリビューションは特定のリージョンに関連付けられていません。

    • 2 番目のグループのリンクを選択すると、AWS CloudFormation は Amazon EC2 インスタンスを作成し、使用する Amazon S3 バケットを指定するように求めます。リージョン間におけるデータ転送に対して課金されないように、Amazon S3 バケットが既にあるリージョンを選択することを推奨します。

    メディアをアップロードおよび格納するための新しい Amazon S3 バケットを含む必要なすべてのリソースを作成します。

    Amazon EC2 インスタンスと CloudFront ディストリビューションを作成します。ただし、メディアをアップロードおよび格納するには既存の Amazon S3 バケットを使用します。

    ウィザードが開始され、該当する URL が [Provide an S3 URL to template] フィールドに自動的に表示されます。

  2. AWS マネジメントコンソールにまだサインインしていない場合は、サインインを求められたときにサインインします。

  3. (オプション)[Stack Name] を変更します。スタック名にスペースを含めることはできません。また、スタック名は AWS アカウント内で一意である必要があります。

    [Template] オプションまたは [Provide an S3 URL to template] のアドレスは変更しないでください。

  4. [Next] をクリックします。

  5. [Amazon EC2KeyPair] に、ステップ 1 で選択したリージョンと同じリージョンの Amazon EC2 キーペアの名前を入力します。キーペアは、サインインに現在使用しているアカウントに関連付けられている必要があります。「Amazon EC2 キーペアを作成する」の手順を実行したときにキーペアを作成した場合は、そのキーペアの名前を入力します。

  6. ステップ 1 で既存の Amazon S3 バケットを使用するためのリンクを選択した場合は、[AmazonS3BucketName] フィールドにバケットの名前を入力します。

  7. [InstanceType] にインスタンスタイプを入力します。これにより、Amazon EC2 インスタンスの価格設定が決定されます。Amazon EC2 インスタンスタイプの詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」で、使用可能なインスタンスタイプを参照してください。

    価格設定については、AWS Marketplace のウェブサイトの「Unified Streaming (USP) 」ページを参照してください。

  8. [Next] をクリックします。

  9. (省略可能) [Options] ページで 1 つ以上のタグを追加します。指定したタグは、Amazon EC2 インスタンスと、AWS CloudFormation が作成する Amazon S3 バケットに適用されます。ただし、タグは AWS CloudFormation が作成する CF; ディストリビューションには適用されません。AWS CloudFormation では、CloudFront ディストリビューションにタグを追加できません。

  10. (オプション) SNS 通知の構成、スタックの作成を待機する時間の指定、スタックの作成が失敗した場合に変更をロールバックするかどうかの選択、スタックポリシーの入力を行うには、[Advanced] を選択し、必要に応じて設定を調整します。

  11. [Next] をクリックします。

  12. スタックの設定を確認します。設定が適切であることを確認したら、[Create] を選択します。AWS CloudFormation によってスタックが作成されます。

    スタックの作成には数分かかることがあります。スタックの作成状況を追跡するには、スタックを選択し、下部のフレームにある [Events] タブを選択します。AWS CloudFormation がスタックを作成できない場合、[Events] タブにエラーメッセージが表示されます。

    スタックの準備が整うと、スタックのステータスが [CREATE_COMPLETE] に変わります。

次の手順: Unified Streaming サーバーが実行されていることの確認