メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

よくある質問

CloudFront と Unified Streaming を使用したオンデマンド HTTP ストリーミングの料金を教えてください。

CloudFront で Unified Streaming を使用するとき、以下の料金が発生します。

AWS CloudFormation の使用料はありません。

Unified Streaming が実行されている Amazon EC2 インスタンスに Secure Shell (SSH) を使用して接続する方法を教えてください。

注記

デフォルトでは、セキュリティの理由で、Amazon EC2 インスタンスの SSH ポート (ポート 22) は無効になっています。次の手順は、SSH ポートを有効にする方法と、SSH を使用して Amazon EC2 インスタンスに接続する方法を示しています。

Unified Streaming が実行されている Amazon EC2 インスタンスのポート 22 へのアクセスを有効にするには

  1. Amazon EC2 インスタンスに関連付けられている Amazon EC2 セキュリティグループの名前を取得します。

    1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、AWS CloudFormation コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudformation) を開きます。

    2. [Region] リストで、作成した Amazon EC2 インスタンスが含まれているリージョンを選択します。

    3. 対象の AWS CloudFormation スタックの行をクリックします。

    4. 下部のペインで、[Resources] タブを選択します。

    5. [Stack Resources] テーブルの左の列で、値が AMSOriginServerSecurityGroup になっている行を見つけます。

    6. その行の [Physical ID] 列の値を書き留めます。

  2. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  3. ナビゲーションペインで、[Security Groups] を選択します。

  4. [Security Groups] ページで、ステップ 1f で取得した物理 ID と [Name] 列が一致している行を選択します。

  5. 下部のペインで、[Inbound] タブを選択します。

  6. [Create a new rule] で、[SSH] を選択します。

  7. [Add Rule] をクリックします。

  8. [Apply Rule Changes] をクリックします。

Unified Streaming が実行されている Amazon EC2 インスタンスに SSH を使用して接続するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択します。

  3. 適切なインスタンスを右クリックし、[Connect] を選択します。SSH を使用して Amazon EC2 インスタンスに接続するための手順が表示されます。ユーザー名は ubuntu です。

Amazon EC2 インスタンスまたは CloudFront ディストリビューションの CNAME エイリアスをどのように作成できますか?

Unified Streaming を実行している Amazon EC2 インスタンスには内部 DNS 名と外部 DNS 名があります。Amazon EC2 では、この DNS 設定を変更できません。Unified Streaming が実行されている Amazon EC2 インスタンスに既存のドメイン名をマップする場合は、Amazon Route 53 などの DNS サービスプロバイダーを使用します。独自のドメイン名を使用する場合は、ドメイン名を Amazon EC2 インスタンスの外部 DNS 名にマップする CNAME リソースレコードセットを作成することを推奨します。また、Amazon EC2 インスタンスに Elastic IP アドレスを関連付けている場合には、Elastic IP アドレスを指す A レコードを作成できます。

CloudFront ディストリビューションで独自のドメイン名を使用する方法については、「代替ドメイン名 (CNAME) を使用する」を参照してください。

メディアを複数の形式で複数のデバイスに同時にストリーミングできますか?

はい。Unified Streaming では、以下のプロトコルを使用して各種デバイスにコンテンツをストリーミングできます。

  • Adobe HTTP Dynamic Streaming (Adobe HDS)

  • Apple HTTP Live Streaming (Apple HLS)

  • Microsoft Smooth Streaming

  • MPEG-DASH

コンテンツを保護する方法を教えてください。

Unified Streaming では、いくつかの DRM、暗号化 (AES)、およびトークンベースの保護スキームがサポートされています。DRM については、Unified Streaming のウェブサイトの「Unified Origin (DRM)」を参照してください。個々のテクノロジーに関する具体的なチュートリアルについては、Unified Streaming のウェブサイトの以下のページを参照してください。

トークンベースのアクセス対策については、Unified Streaming のウェブサイトの以下のページを参照してください。