セットアップする - Amazon CloudFront

セットアップする

このトピックでは、Amazon CloudFront を使用する前の事前ステップ (AWS アカウントの作成など) について説明します。

AWS アカウントへのサインアップ

AWS アカウントがない場合は、以下のステップを実行して作成します。

AWS アカウントにサインアップするには
  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話キーパッドで検証コードを入力するように求められます。

    AWS アカウントにサインアップすると、AWS アカウントのルートユーザーが作成されます。ルートユーザーには、アカウントのすべてのAWS のサービスとリソースへのアクセス権があります。セキュリティのベストプラクティスとして、ユーザーに管理アクセスを割り当て、ルートユーザーのみを使用してルートユーザーアクセスが必要なタスクを実行してください。

サインアップ処理が完了すると、AWS からユーザーに確認メールが送信されます。https://aws.amazon.com/[アカウント] をクリックして、いつでもアカウントの現在のアクティビティを表示し、アカウントを管理することができます。

管理アクセスを持つユーザーを作成する

AWS アカウント にサインアップしたら、AWS アカウントのルートユーザー をセキュリティで保護し、AWS IAM Identity Center を有効にして、管理ユーザーを作成します。これにより、日常的なタスクにルートユーザーを使用しないようにします。

AWS アカウントのルートユーザーをセキュリティで保護する
  1. [ルートユーザー] を選択し、AWS アカウント のメールアドレスを入力して、アカウント所有者として AWS Management Console にサインインします。次のページでパスワードを入力します。

    ルートユーザーを使用してサインインする方法については、AWS サインイン ユーザーガイドの「ルートユーザーとしてサインインする」を参照してください。

  2. ルートユーザーの多要素認証 (MFA) を有効にします。

    手順については、IAM ユーザーガイドの「AWS アカウント のルートユーザーの仮想 MFA デバイスを有効にする (コンソール)」を参照してください。

管理アクセスを持つユーザーを作成する
  1. IAM アイデンティティセンターを有効にします。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「AWS IAM Identity Center の有効化」を参照してください。

  2. IAM アイデンティティセンターで、ユーザーに管理アクセスを付与します。

    IAM アイデンティティセンターディレクトリ をアイデンティティソースとして使用するチュートリアルについては、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「デフォルト IAM アイデンティティセンターディレクトリを使用したユーザーアクセスの設定」を参照してください。

管理アクセス権を持つユーザーとしてサインインする
  • IAM アイデンティティセンターのユーザーとしてサインインするには、IAM アイデンティティセンターのユーザーの作成時に E メールアドレスに送信されたサインイン URL を使用します。

    IAM Identity Center ユーザーを使用してサインインする方法については、AWS サインイン ユーザーガイドの「AWS アクセスポータルにサインインする」を参照してください。

追加のユーザーにアクセス権を割り当てる
  1. IAM アイデンティティセンターで、最小特権のアクセス許可を適用するというベストプラクティスに従ったアクセス許可セットを作成します。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「権限設定を作成する」を参照してください。

  2. グループにユーザーを割り当て、そのグループにシングルサインオンアクセス権を割り当てます。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「グループの参加」を参照してください。

CloudFront へのアクセス方法を選択する

Amazon CloudFront には、以下の方法でアクセスできます。

  • AWS Management Console – このガイドの手順は、AWS Management Console を使用してタスクを実行する方法について説明します。

  • AWS SDK – AWS が SDK を提供しているプログラミング言語を使用している場合は、SDK を使用して CloudFront にアクセスできます。SDK によって認証が簡素化され、開発環境との統合が容易になり、CloudFront コマンドにアクセスすることができます。詳細については、「AWS SDK での CloudFront の使用」を参照してください。

  • CloudFront API – SDK が提供されていないプログラミング言語を使用している場合、API アクションの情報と API リクエストの作成方法については、Amazon CloudFront API リファレンスを参照してください。

  • AWS CLI – AWS Command Line Interface (AWS CLI) は AWS のサービスを管理するための統合ツールです。AWS CLI をインストールして設定する方法については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」の「AWS CLI の最新バージョンをインストールまたは更新する」を参照してください。

  • Tools for Windows PowerShell – Windows PowerShell の使用経験がある場合は、AWS Tools for Windows PowerShell を使用することもできます。詳細については、「AWS Tools for Windows PowerShell ユーザーガイド」の「AWS Tools for Windows PowerShell のインストール」を参照してください。