メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

よくある質問

CloudFront と Wowza Streaming Engine 4.2 を使用するライブ HTTP ストリーミングの料金を教えてください。

CloudFront と Wowza Streaming Engine 4.2 を使用するライブ HTTP ストリーミングの料金には、以下が含まれます。

AWS CloudFormation の使用料はありません。

Wowza Streaming Engine 4.2 が実行されている Amazon EC2 インスタンスに Secure Shell (SSH) を使用して接続する方法を教えてください。

少しの手順だけで、SSH を使用して Amazon EC2 インスタンスに接続できます。

SSH を使用して、Wowza Streaming Engine 4.2 が実行されている Amazon EC2 インスタンスに接続するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. 左のナビゲーションで、[Instances] を選択します。

  3. 適切なインスタンスを右クリックし、[Connect] を選択します。SSH を使用して Amazon EC2 インスタンスに接続するための手順が表示されます。ユーザー名は ec2-user です。

Amazon EC2 インスタンスまたは CloudFront ディストリビューションの CNAME エイリアスをどのように作成できますか?

Wowza Streaming Engine 4.2 を実行する Amazon EC2 インスタンスには内部および外部の DNS 名があります。Amazon EC2 では、この DNS 設定を変更できません。Wowza Streaming Engine が実行されている Amazon EC2 インスタンスに既存のドメイン名をマップする場合は、Amazon Route 53 などの DNS サービスプロバイダーを使用します。独自のドメイン名を使用する場合、インスタンスの IP アドレスを指す A レコードを使用するのではなく、CNAME を使用してインスタンスの外部 DNS 名にマップすることをお勧めします。

独自のドメイン名を CloudFront ディストリビューションにマップするには、「代替ドメイン名 (CNAME) を使用する」を参照してください。

私のライブイベントを、Flash Player 互換デバイス、Apple デバイス、およびスムーズストリーミングプレイヤーに同時にストリーム配信できますか?

はい、できます。Wowza Streaming Engine 4.2 では、Adobe HTTP Dynamic Streaming (Adobe HDS)、Apple HTTP Live Streaming (Apple HLS)、および Microsoft スムーズストリーミングのフォーマットで同時にライブストリーム配信できます。配信されたストリームはそれぞれ Adobe Flash Player アプリケーション、Apple iOS デバイス、スムーズストリーミングプレイヤーで再生できます。

Wowza Streaming Engine 4.2 では、HTML5 をサポートしていますか?

はい、Wowza Streaming Engine は、以下の構成の HTML5 にコンテンツを配信することができます。

  • Apple iOS デバイスで Apple HLS streaming フォーマットを使用できます。

  • Windows 8 デバイスでスムーズストリーミングフォーマットを使用できます。詳細については、MSDN ウェブサイトの「Walkthrough: Building Your First HTML5 Smooth Streaming Player」を参照してください。

  • HTML5 をサポートする他のブラウザには、Wowza Streaming Engine を使用して、プログレッシブダウンロードでビデオを配信できます。

Wowza と CloudFront を使用してライブストリームをプライベートに配信できますか?

現時点では、CloudFront 署名付き URL を使用して、ライブストリームをセキュリティー保護された状態で配信することはできません。しかし、プログレッシブダウンロードで提供されるメディアを署名付き URL を使用してプライベートに配信することは可能です。詳細については、「CloudFront を使用してプライベートコンテンツを供給する」を参照してください。