メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API Version 2016-09-29)

Wowza Streaming Engine 4.2 が実行されていることを確認する

AWS CloudFormation がスタックを作成した後、以下のステップを実行して、AWS CloudFormation でプロビジョニングした Amazon EC2 インスタンスで Wowza Streaming Engine 4.2 が実行されていることを確認します。

Wowza Streaming Engine 4.2 が実行されていることを確認するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、AWS CloudFormation コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudformation) を開きます。

  2. リージョンセレクターで、作成した AWS CloudFormation スタックが含まれているリージョンを選択します。

  3. スタックリストで、「ライブストリーミング用の AWS CloudFormation スタックを作成する」で作成したスタックを選択します。

  4. [Outputs] タブを選択します。

  5. [Outputs] タブで、WowzaServerLoginInfo キーの値を取得します。次のステップで、その値をログイン認証情報に使用します。

  6. WowzaEngineManagerURL キーの URL、たとえば http://ec2-xx-xx-xxx-xxx.compute-1.amazonaws.com:8088/enginemanager を選択します。ログイン認証情報の入力を求められたら、ステップ 5 で取得した WowzaServerLoginInfo キーの値を使用します。

    重要

    この URL は、Wowza Streaming Engine を実行している Amazon EC2 インスタンスへの接続にポート 8088 を使用します。ファイアウォール設定によっては、Amazon EC2 インスタンスに接続できない可能性があります。問題が発生した場合は、ネットワーク管理者に連絡してください。

次の手順: ライブストリームを公開するエンコーダーをセットアップする