Amazon CloudWatch
ユーザーガイド

Amazon SNS 通知の設定

Amazon CloudWatch は、Amazon SNS を使用して E メールを送信します。最初に、SNS トピックを作成してサブスクライブします。CloudWatch アラームを作成する際、この SNS トピックを追加して、アラームの状態が変わったときにメールの通知が送信されるように設定できます。詳細については、『Amazon Simple Notification Service 入門ガイド』を参照してください。

注記

または、AWS マネジメントコンソールを使用して CloudWatch アラームを作成する計画の場合は、アラームの作成ウィザード を使用してトピックを作成できるため、この手順を省略できます。

AWS マネジメントコンソール を使用した Amazon SNS トピックの設定

最初にトピックを作成して、それをサブスクライブします。オプションでトピックにテストメッセージを発行できます。

SNS トピックを作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home にある Amazon SNS コンソールを開きます。

  2. Amazon SNS ダッシュボードの [一般的なアクション] の下で、[トピックの作成] を選択します。

  3. [Create new topic] ダイアログボックスの [Topic name] に、トピックの名前 (例: my-topic) を入力します。

  4. [Create topic] を選択します。

  5. 次のタスクの [トピックの ARN] (例: arn:aws:sns:us-east-1:111122223333:my-topic) をコピーします。

SNS トピックをサブスクライブするには

  1. https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home にある Amazon SNS コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Subscriptions]、[Create subscription] の順に選択します。

  3. [Create subscription] ダイアログボックスの [Topic ARN] に、前のタスクで作成したトピック ARN を貼り付けます。

  4. [Protocol] で [Email] を選択します。

  5. [Endpoint] に通知の受取先として使用する E メールアドレスを入力し、[Create subscription] を選択します。

  6. E メールアプリケーションで AWS 通知から届いたメッセージを開き、サブスクライブを確認します。

    ウェブブラウザに Amazon SNS の確認画面が表示されます。

SNS トピックにテストメッセージを発行するには

  1. https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home にある Amazon SNS コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Topics] を選択します。

  3. [Topics] ページでトピックを選択し、次に [Publish to topic] を選択します。

  4. [Publish a message] ページの [Subject] にメッセージの件名を入力し、[Message] に短いメッセージを入力します。

  5. [Publish Message] を選択します。

  6. メールをチェックして、メッセージを受信したことを確認します。

AWS CLI を使用した SNS トピックの設定

最初に SNS トピックを作成してから、直接メッセージをトピックにパブリッシュして、設定が正しいことをテストします。

SNS トピックを設定するには

  1. 次のように create-topic コマンドを使用してトピックを作成します。

    aws sns create-topic --name my-topic

    Amazon SNS は次の形式でトピック ARN を返します。

    { "TopicArn": "arn:aws:sns:us-east-1:111122223333:my-topic" }
  2. subscribe コマンドを使用して、自分の E メールアドレスをトピックにサブスクライブします。サブスクライブのリクエストが成功すると、確認メールが届きます。

    aws sns subscribe --topic-arn arn:aws:sns:us-east-1:111122223333:my-topic --protocol email --notification-endpoint my-email-address

    Amazon SNS は、次の情報を返します。

    { "SubscriptionArn": "pending confirmation" }
  3. E メールアプリケーションで AWS 通知から届いたメッセージを開き、サブスクライブを確認します。

    ウェブブラウザに Amazon Simple Notification Service の確認画面が表示されます。

  4. list-subscriptions-by-topic コマンドを使用して、サブスクリプションを確認します。

    aws sns list-subscriptions-by-topic --topic-arn arn:aws:sns:us-east-1:111122223333:my-topic

    Amazon SNS は、次の情報を返します。

    { "Subscriptions": [ { "Owner": "111122223333", "Endpoint": "me@mycompany.com", "Protocol": "email", "TopicArn": "arn:aws:sns:us-east-1:111122223333:my-topic", "SubscriptionArn": "arn:aws:sns:us-east-1:111122223333:my-topic:64886986-bf10-48fb-a2f1-dab033aa67a3" } ] }
  5. (オプション) publish コマンドを使用して、トピックにテストメッセージを発行します。

    aws sns publish --message "Verification" --topic arn:aws:sns:us-east-1:111122223333:my-topic

    Amazon SNS は、次の情報を返します。

    { "MessageId": "42f189a0-3094-5cf6-8fd7-c2dde61a4d7d" }
  6. メールをチェックして、メッセージを受信したことを確認します。