Amazon CloudWatch
ユーザーガイド

AWS Storage Gateway のメトリクスおよびディメンション

AWS Storage Gateway は、複数のメトリクスのデータポイントを CloudWatch に送信します。すべてのアクティブなキューでは、5 分ごとにメトリクスが CloudWatch に自動送信されます。現在、詳細モニタリング(1 分)のメトリクスは AWS Storage Gateway では使用できません。詳細については、AWS Storage Gateway ユーザーガイドの「AWS Storage Gateway のモニタリング」を参照してください。

AWS Storage Gateway メトリクス

AWS/StorageGateway 名前空間には、次のメトリクスが含まれます。

これらのメトリクスを使用して、ゲートウェイについての情報を入手できます。GatewayId または GatewayName ディメンションを各メトリクスに指定して、ゲートウェイのデータを表示します。これらのメトリクスは 5 分間隔で測定できます。

メトリクス 説明 適用先..
CacheHitPercent

キャッシュから提供されたアプリケーション読み取りの割合。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: パーセント

ファイル、キャッシュボリューム、およびテープ。

CachePercentUsed

ゲートウェイのキャッシュストレージの使用率。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: パーセント

ファイル、キャッシュボリューム、およびテープ。

CachePercentDirty

AWS に保管されていないゲートウェイのキャッシュの割合。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: パーセント

ファイル、キャッシュボリューム、およびテープ。

CloudBytesDownloaded

レポートの期間中に AWS からダウンロードされたゲートウェイの圧縮済みの総バイト数。

このメトリクスを Sum 統計と共に使用してスループットを測定し、Samples 統計と共に使用して、1 秒あたりの入力/出力オペレーション (IOPS) を測定します。

単位: バイト

ファイル、キャッシュボリューム、保管型ボリューム、およびテープ。

CloudDownloadLatency

レポートの期間中に AWS からのデータの読み取りにかかった合計時間 (ミリ秒)。

このメトリクスを Average 統計と共に使用してレイテンシーを測定します。

単位: ミリ秒

キャッシュボリューム、保管型ボリューム、およびテープ。

CloudBytesUploaded

レポートの期間中にゲートウェイによって AWS にアップロードされた圧縮済みの総バイト数。

このメトリクスを Sum 統計と共に使用してスループットを測定し、Samples 統計と共に使用して IOPS を測定します。

単位: バイト

ファイル、キャッシュボリューム、保管型ボリューム、およびテープ。

UploadBufferFree

ゲートウェイのアップロードバッファの未使用領域の量。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: バイト

キャッシュボリュームおよびテープ。

CacheFree

ゲートウェイのキャッシュストレージの未使用領域の量。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: バイト

ファイル、キャッシュボリューム、およびテープ。

UploadBufferPercentUsed

ゲートウェイのアップロードバッファの使用率。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: パーセント

キャッシュボリュームおよびテープ。

UploadBufferUsed

ゲートウェイのアップロードバッファで使用されている総バイト数。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: バイト

キャッシュボリュームおよびテープ。

CacheUsed

ゲートウェイのキャッシュストレージで使用されている総バイト数。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: バイト

ファイル、キャッシュボリューム、およびテープ。

QueuedWrites

ゲートウェイにあるすべてのボリュームを対象としたレポートの期間の終わりの時点でサンプリングされた、AWS への書き込みを待機しているバイト数。このバイト数はゲートウェイの作業ストレージに保存されます。

単位: バイト

ファイル、キャッシュボリューム、保管型ボリューム、およびテープ。

ReadBytes

ゲートウェイにあるすべてのボリュームを対象としたレポートの期間中に内部設置型のアプリケーションから読み取られた総バイト数。

このメトリクスを Sum 統計と共に使用してスループットを測定し、Samples 統計と共に使用して IOPS を測定します。

単位: バイト

ファイル、キャッシュボリューム、保管型ボリューム、およびテープ。

ReadTime

ゲートウェイにあるすべてのボリュームを対象としたレポートの期間中にオンプレミスのアプリケーションからの読み込みオペレーションにかかった合計時間 (ミリ秒)。

このメトリクスを Average 統計と共に使用してレイテンシーを測定します。

単位: ミリ秒

ファイル、キャッシュボリューム、保管型ボリューム、およびテープ。

TotalCacheSize

キャッシュの総バイト数。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: バイト

ファイル、キャッシュボリューム、およびテープ。

WriteBytes

ゲートウェイにあるすべてのボリュームを対象としたレポートの期間中に内部設置型のアプリケーションに書き込まれた総バイト数。

このメトリクスを Sum 統計と共に使用してスループットを測定し、Samples 統計と共に使用して IOPS を測定します。

単位: バイト

ファイル、キャッシュボリューム、保管型ボリューム、およびテープ。

WriteTime

ゲートウェイにあるすべてのボリュームを対象としたレポートの期間中にオンプレミスのアプリケーションからの書き込みオペレーションにかかった合計時間 (ミリ秒)。

このメトリクスを Average 統計と共に使用してレイテンシーを測定します。

単位: ミリ秒

ファイル、キャッシュボリューム、保管型ボリューム、およびテープ。

TimeSinceLastRecoveryPoint

使用可能な最新の復旧ポイントからの時間。詳細については、「キャッシュボリュームのセットアップでボリューム復旧ポイントを使用する」を参照してください。

単位: 秒

キャッシュボリュームと保管型ボリューム。

WorkingStorageFree

ゲートウェイの作業ストレージの未使用領域の量。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: バイト

保管型ボリュームのみ。

WorkingStoragePercentUsed

ゲートウェイのアップロードバッファの使用率。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: パーセント

保管型ボリュームのみ。

WorkingStorageUsed

ゲートウェイのアップロードバッファで使用されている総バイト数。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

単位: バイト

保管型ボリュームのみ。

次の表で、ストレージボリュームについての情報の取得に使用できる AWS Storage Gateway メトリクスについて説明します。各メトリクスに VolumeId ディメンションを指定して、ストレージボリュームのデータを表示します。

メトリクス 説明 キャッシュボリューム 保管型ボリューム
CacheHitPercent

キャッシュから提供されるボリュームからのアプリケーション読み込みオペレーションの割合。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

ボリュームからのアプリケーション読み込みオペレーションがない割合、このメトリックにより 100 パーセントが報告されます。

単位: パーセント

はい いいえ
CachePercentDirty

AWS に保管されていないゲートウェイのキャッシュの割合全体に対するボリュームの割合。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

ゲートウェイの CachePercentDirty メトリクスを使用して、AWS に保管されていないゲートウェイのキャッシュの割合全体を表示します。詳細については、「ゲートウェイのモニタリング」を参照してください。

単位: パーセント

はい いいえ
CachePercentUsed

ゲートウェイのキャッシュストレージの総使用率に対するボリュームの割合。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

ゲートウェイの CachePercentUsed メトリクスを使用して、ゲートウェイのキャッシュストレージの総使用率を表示します。詳細については、「ゲートウェイのモニタリング」を参照してください。

単位: パーセント

はい いいえ
ReadBytes

レポートの期間中にオンプレミスのアプリケーションから読み取られた総バイト数。

このメトリクスを Sum 統計と共に使用してスループットを測定し、Samples 統計と共に使用して IOPS を測定します。

単位: バイト

はい はい
ReadTime

レポートの期間中にオンプレミスのアプリケーションからの読み込みオペレーションにかかった合計時間 (ミリ秒)。

このメトリクスを Average 統計と共に使用してレイテンシーを測定します。

単位: ミリ秒

はい はい
WriteBytes

レポートの期間中にオンプレミスのアプリケーションに書き込まれた総バイト数。

このメトリクスを Sum 統計と共に使用してスループットを測定し、Samples 統計と共に使用して IOPS を測定します。

単位: バイト

はい はい
WriteTime

レポートの期間中にオンプレミスのアプリケーションからの書き込みオペレーションにかかった合計時間 (ミリ秒)。

このメトリクスを Average 統計と共に使用してレイテンシーを測定します。

単位: ミリ秒

はい はい
QueuedWrites

レポートの期間の終わりの時点でサンプリングされた、AWS への書き込みを待機しているバイト数。

単位: バイト

はい はい

次の表は、ファイル共有に関する情報を取得するために使用できるストレージゲートウェイメトリクスを示しています。

メトリクス 説明
CacheHitPercent

キャッシュから提供されるファイル共有からのアプリケーション読み取りオペレーションのパーセント。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

ファイル共有からのアプリケーション読み取りオペレーションがない割合、このメトリクスは 100 パーセントをレポートします。

単位: パーセント

CachePercentDirty

AWS に保管されていないゲートウェイのキャッシュ全体の割合に占めるファイル共有のパーセント。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

ゲートウェイの CachePercentDirty メトリクスを使用して、AWS に保管されていないゲートウェイのキャッシュの割合全体を表示します。詳細については、「ゲートウェイのモニタリング」を参照してください。

単位: パーセント

CachePercentUsed

ゲートウェイのキャッシュストレージの総使用率に占めるファイル共有のパーセント。サンプリングは、レポート期間の最後に行われます。

ゲートウェイの CachePercentUsed メトリクスを使用して、ゲートウェイのキャッシュストレージの総使用率を表示します。詳細については、「ゲートウェイのモニタリング」を参照してください。

単位: パーセント

ReadBytes

ファイル共有のレポート期間中にオンプレミスのアプリケーションから読み取られた総バイト数。

このメトリクスを Sum 統計と共に使用してスループットを測定し、Samples 統計と共に使用して IOPS を測定します。

単位: バイト

ReadTime

レポートの期間中にオンプレミスのアプリケーションからの読み込みオペレーションにかかった合計時間 (ミリ秒)。

このメトリクスを Average 統計と共に使用してレイテンシーを測定します。

単位: ミリ秒

WriteBytes

レポートの期間中にオンプレミスのアプリケーションに書き込まれた総バイト数。

このメトリクスを Sum 統計と共に使用してスループットを測定し、Samples 統計と共に使用して IOPS を測定します。

単位: バイト

WriteTime

レポートの期間中にオンプレミスのアプリケーションからの書き込みオペレーションにかかった合計時間 (ミリ秒)。

このメトリクスを Average 統計と共に使用してレイテンシーを測定します。

単位: ミリ秒

AWS Storage Gateway メトリクスのディメンション

AWS Storage Gateway サービス用の Amazon CloudWatch 名前空間は AWS/StorageGateway です。データは自動的に 5 分間無料で取得できます。

ディメンション 説明
GatewayIdGatewayName

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータがフィルタリングされて、ゲートウェイ固有のメトリクスのものだけになります。対象となるゲートウェイは、GatewayId または GatewayName で特定できます。ただし、メトリクスの表示に関連した時間範囲でゲートウェイの名前が変更された場合は、GatewayId を使用します。

ゲートウェイのスループットとレイテンシーデータは、ゲートウェイの全ボリュームによって変動します。ゲートウェイメトリクスの詳細については Measuring Performance Between Your Gateway and AWS を参照してください。

VolumeId

このディメンションを指定すると、リクエストしたデータがフィルタリングされて、ボリュームに固有のメトリクスのものだけになります。VolumeId によって、使用するストレージの量を特定します。ボリュームメトリクスの使用については Measuring Performance Between Your Application and Gateway を参照してください。