Amazon ECS イベントと EventBridge - Amazon Elastic Container Service

Amazon ECS イベントと EventBridge

Amazon EventBridge を使用すると、AWS サービスを自動化して、アプリケーションの可用性の問題やリソースの変更などのシステムイベントに自動的に対応できます。AWS サービスからのイベントは、ほぼリアルタイムに EventBridge に提供されます。簡単なルールを記述して、注目するイベントと、イベントがルールに一致した場合に自動的に実行するアクションを指定できます。自動的にトリガーできるオペレーションには、以下が含まれます。

  • CloudWatch Logs でのロググループへのイベントの追加

  • AWS Lambda 関数の呼び出し

  • Amazon EC2 Run Command の呼び出し

  • Amazon Kinesis Data Streams へのイベントの中継

  • AWS Step Functions ステートマシンのアクティブ化

  • Amazon SNS トピックまたは Amazon Simple Queue Service キュー (Amazon SQS) の通知

詳細については、Amazon EventBridge ユーザーガイド の「Amazon EventBridge の開始方法」を参照してください。

EventBridge の Amazon ECS イベントを使用して、Amazon ECS クラスターの現在の状態に関するほぼリアルタイムの通知を受け取ることができます。タスクで Fargate 起動タイプを使用している場合、タスクの状態を確認できます。 タスクで EC2 起動タイプを使用している場合は、コンテナインスタンスと、それらのコンテナインスタンスで実行中のすべてのタスクの現在の状態の両方の状態を確認できます。 サービスの場合、サービスの正常性に関連するイベントを表示できます。

EventBridge を使用して Amazon ECS 上にカスタムスケジューラを構築し、クラスター間のタスクを調整するとともに、クラスターの状態をほぼリアルタイムにモニタリングできます。Amazon ECS サービスに対して状態の変更を絶え間なくポーリングするスケジューリングおよびモニタリングのコードをなくし、代わりに、EventBridge ターゲットを使用して非同期的に Amazon ECS 状態の変更に対応できます。ターゲットには AWS Lambda、Amazon Simple Queue Service、Amazon Simple Notification Service、Amazon Kinesis Data Streams が含まれます。

Amazon ECS イベントストリームは、イベントごとに少なくとも 1 回必ず送信されます。重複したイベントが送信された場合、イベントには重複を識別できるだけの十分な情報が備わっています。詳細については、「イベントの処理」を参照してください。

イベントは相対的な順番になっているため、特定のイベントがいつ発生したかは、他のイベントとの前後関係から簡単に判断できます。