メニュー
Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

CloudWatch イベント の Amazon ECS イベントストリーム

CloudWatch イベント の Amazon ECS イベントストリームを使用して、Amazon ECS クラスターの現在の状態に関するほぼリアルタイムの通知を受け取ることができます。タスクで Fargate 起動タイプを使用している場合、タスクの状態を確認できます。タスクで標準起動タイプを使用している場合は、コンテナインスタンスと、それらのコンテナインスタンスで実行中のすべてのタスクの現在の状態の両方の状態を確認できます。

CloudWatch イベント で Amazon ECS 上にカスタムスケジューラを構築し、クラスター間のタスクを調整するとともに、クラスターの状態をほぼリアルタイムにモニタリングできます。Amazon ECS サービスに対して状態の変更を絶え間なくポーリングするスケジューリングおよびモニタリングのコードをなくし、代わりに AWS Lambda、Amazon Simple Queue Service、Amazon Simple Notification Service、Amazon Kinesis Data Streams などの CloudWatch イベント ターゲットを使用して非同期的に Amazon ECS の状態の変更に対応できます。

Amazon ECS イベントストリームのイベントは、少なくとも 1 回必ず送信されます。重複したイベントが送信された場合でも、イベントには重複を識別できるだけの十分な情報が備わっています。詳細については、「イベントの処理」を参照してください。

イベントは相対的な順番になっているため、特定のイベントがいつ発生したかは、他のイベントとの前後関係から簡単に判断できます。