Amazon ECS クラスターのLocal Zones、Wavelength Zones、およびAWS Outposts - Amazon Elastic Container Service

Amazon ECS クラスターのLocal Zones、Wavelength Zones、およびAWS Outposts

Amazon ECS は、低レイテンシーまたはローカルデータ処理要件が必要な場合に、Local Zones、Wavelength Zones、およびAWS Outpostsを利用するワークロードをサポートします。

  • Local Zones は、エンドユーザーに近い複数の場所にリソースを配置する機能を提供する、AWS リージョンの拡張です。

  • Wavelength ゾーンs を使用すると、デベロッパーは 5G デバイスやエンドユーザーに非常に低いレイテンシーを提供するアプリケーションを構築できます。Wavelength は、標準の AWS コンピューティングおよびストレージサービスを通信事業者の 5G ネットワークのエッジにデプロイします。

  • AWS Outposts では、ネイティブの AWS のサービス、インフラストラクチャ、運用モデルをほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミスの施設で利用できます。

重要

AWS Fargateワークロードの Amazon ECS は、現時点では、Local Zones、Wavelength Zones、またはAWS Outpostsではサポートされていません。

これらの各項目については、次のセクションで詳しく説明します。

Local Zones

Local Zoneは、ユーザーに近い場所に位置する AWS リージョンの拡張です。Local Zones にはインターネットへの接続があり、AWS Direct Connect をサポートしているため、Local Zone で作成されたリソースは、低レイテンシーの通信でローカルユーザーにサービスを提供できます。詳細については、「AWS Local Zones」を参照してください。

Local Zones を表すには、リージョンコードに続けて場所を示す識別子を使用します (例: us-west-2-lax-1a)。

Local Zones を使用するには、まずゾーンにオプトインする必要があります。オプトインしたら、Local Zones に Amazon VPC およびサブネットを作成する必要があります。その後、Amazon ECS クラスターとタスクに使用する Amazon EC2 インスタンス、Amazon FSx ファイルサーバー、Application Load Balancerを起動する準備が整います。詳細については、Amazon EC2 Linux インスタンス用ユーザーガイドの「Local Zones」を参照してください。

Wavelength ゾーン

AWS Wavelengthでは、開発者はモバイルデバイスおよびエンドユーザー向けに、非常にレイテンシーが低いアプリケーションを構築できます。Wavelength は、標準の AWS コンピューティングおよびストレージサービスを通信事業者の 5G ネットワークのエッジにデプロイします。デベロッパーは、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) を 1 つ以上の Wavelength Zone に拡張し、Amazon EC2 インスタンスなどのAWSリソースを使用して、超低レイテンシーやリージョンのAWSサービスへの接続を必要とするアプリケーションを実行できます。

Wavelength ゾーン は、Wavelength インフラストラクチャをデプロイする先のキャリアロケーション内の独立したゾーンです。Wavelength ゾーン は、リージョンに関連付けられています。Wavelength ゾーン は、リージョンの論理的な拡張であり、リージョンの制御プレーンによって管理されます。

Wavelength ゾーン は、リージョンコードに続けて Wavelength ゾーン を示す識別子で表されます (例: us-east-1-wl1-bos-wlz-1)。

Wavelength Zone を使用するには、まずゾーンにオプトインする必要があります。オプトインしたら、Wavelength Zone に Amazon VPC およびサブネットを作成する必要があります。その後、Amazon ECS クラスターとタスクに使用する Amazon EC2 インスタンスを起動する準備が整います。詳細については、AWS Wavelengthデベロッパーガイドの「AWS Wavelengthの使用開始」を参照してください。

Wavelength ゾーンは、すべてのリージョンで利用できるわけではありません。Wavelength ゾーン をサポートするリージョンについては、AWS Wavelength デベロッパーガイド利用可能な Wavelength ゾーン をご参照ください。

AWS Outposts

AWS Outposts は、オンプレミス施設でネイティブ AWS サービス、インフラストラクチャ、運用モデルを有効にします。AWS Outposts 環境では、AWS クラウドで使用するのと同じ AWS API、ツール、インフラストラクチャを使用できます。AWS Outpostsの Amazon ECS は、オンプレミスのデータやアプリケーションの近くで実行が必要な、低レイテンシーのワークロードに最適です。AWS Outposts の詳細については、AWS OutpostsのAmazon Elastic Container Service を参照してください。