Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

ecs-cli ps

説明

ECS クラスターで実行中のすべてのコンテナを一覧表示します。

Amazon ECS CLI によって表示される IP アドレスは、タスクとクラスターの設定方法によって異なります。

  • EC2 起動タイプを使用するタスクでタスクネットワーキングを使用しない場合、表示される IP アドレスは、タスクを実行する Amazon EC2 インスタンスのパブリック IP アドレスです。または、パブリック IP アドレスがない場合は、インスタンスのプライベート IP アドレスです。

  • EC2 起動タイプを使用するタスクでタスクネットワーキングを使用する場合、ECS CLI によって表示される IP アドレスは、タスクの Describe Task 出力のネットワークインターフェイスセクションから取得されるプライベート IP アドレスのみです。

  • Fargate 起動タイプを使用するタスクの場合、Amazon ECS CLI によって返されるパブリック IP アドレスは、Fargate タスクにアタッチされた伸縮自在なネットワークインスタンスに割り当てられたパブリック IP アドレスです。伸縮自在なネットワークインスタンスにパブリック IP アドレスがない場合は、Amazon ECS CLI によって、Describe Task 出力のネットワークインターフェイスセクションから取得されたプライベート IP アドレスが返ります。

構文

ecs-cli ps [--cluster cluster_name] [--region region] [--help]

オプション

名前 説明

--cluster, -c cluster_name

使用する ECS クラスター名を指定します。デフォルトは、configure コマンドを使用して設定したクラスターになります。

型: 文字列

必須: いいえ

--region, -r region

使用する AWS リージョンを指定します。デフォルトは、configure コマンドを使用して設定したクラスターになります。

型: 文字列

必須: いいえ

--cluster-config cluster_config_name

使用する ECS クラスター設定の名前が指定されます。デフォルトでは、デフォルトとして設定するクラスター設定が指定されます。

型: 文字列

必須: いいえ

--ecs-profile ecs_profile

使用する ECS プロファイル設定の名前が指定されます。デフォルトは、configure profile コマンドを使用して設定したプロファイルになります。

型: 文字列

必須: いいえ

--aws-profile aws_profile

使用する AWS プロファイルが指定されます。~/.aws/credentials という名前の既存のプロファイルから、AWS 認証情報を使用することができます。

型: 文字列

必須: いいえ

--help, -h

指定したコマンドのヘルプテキストを表示します。

必須: いいえ

この例では、クラスターで実行中のコンテナを一覧表示します。

ecs-cli ps

出力:

Name State Ports TaskDefinition Health afd7f8a0-3813-4e1a-9d9e-ca7e9d1fcfbb/wordpress RUNNING 36.253.177.221:80->80/tcp compose3:7 HEALTHY dca67e02-68ca-4507-b194-a47239b5e7a9/wordpress RUNNING 37.234.146.14:80->80/tcp healthcheck:3 UNKNOWN dca67e02-68ca-4507-b194-a47239b5e7a9/redis RUNNING healthcheck:3 HEALTHY feb6e10e-3385-4c9b-a6cb-787cc8e90dda/sample-app RUNNING 54.229.211.206:80->80/tcp tutorial-task-def:1 UNKNOWN

このページの内容: