Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

ecs-cli push

説明

イメージを Amazon ECR リポジトリにプッシュします。

重要

記載されている機能の一部は、ECS CLI の最新バージョンでのみ使用可能です。最新バージョンを取得するには、「Amazon ECS CLI のインストール」を参照してください。

構文

ecs-cli push [--registry-id registry_id] [--region region] ECR_REPOSITORY[:TAG] [--help]

オプション

名前 説明

--registry-id registry_id

イメージをプッシュする Amazon ECR レジストリ ID を指定します。デフォルトでは、イメージは現在の AWS アカウントにプッシュされます。

必須: いいえ

--region, -r region

使用する AWS リージョンを指定します。デフォルトは、configure コマンドを使用して設定したクラスターになります。

型: 文字列

必須: いいえ

--ecs-profile ecs_profile

使用する ECS プロファイル設定の名前が指定されます。デフォルトは、configure profile コマンドを使用して設定したプロファイルになります。

型: 文字列

必須: いいえ

--aws-profile aws_profile

使用する AWS プロファイルが指定されます。~/.aws/credentials という名前の既存のプロファイルから、AWS 認証情報を使用することができます。

型: 文字列

必須: いいえ

--cluster-config cluster_config_name

使用する ECS クラスター設定の名前が指定されます。デフォルトでは、デフォルトとして設定するクラスター設定が指定されます。

型: 文字列

必須: いいえ

--help, -h

指定したコマンドのヘルプテキストを表示します。

必須: いいえ

例 1

この例では、ubuntu という名前のローカルイメージを Amazon ECR リポジトリに同じ名前でプッシュします。

ecs-cli push ubuntu

出力:

INFO[0000] Getting AWS account ID... INFO[0000] Tagging image repository="aws_account_id.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/ubuntu" source-image=ubuntu tag= INFO[0000] Image tagged INFO[0001] Creating repository repository=ubuntu INFO[0001] Repository created INFO[0001] Pushing image repository="aws_account_id.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/ubuntu" tag= INFO[0079] Image pushed

このページの内容: