Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

ecs-cli scale

説明

クラスター内のコンテナインスタンスの数を変更します。このコマンドは、ecs-cli up コマンドによって作成された Auto Scaling グループ内のインスタンスの必要数と最大数を変更します。このコマンドを使用して、クラスターのスケールアウト (インスタンス数の増加) またはスケールイン (インスタンス数の削減) を行うことができます。

注記

Amazon ECS CLI は、CLI で作成されたタスク、サービス、およびコンテナインスタンスのみを管理できます。Amazon ECS CLI で作成されていないタスク、サービス、およびコンテナインスタンスを管理するには、AWS Command Line Interface または AWS マネジメントコンソールを使用します。

重要

記載されている機能の一部は、ECS CLI の最新バージョンでのみ使用可能です。最新バージョンを取得するには、「Amazon ECS CLI のインストール」を参照してください。

構文

ecs-cli scale --capability-iam --size n [--cluster cluster_name] [--region region] [--help]

オプション

名前 説明

--capability-iam

このコマンドが IAM リソースを作成できることを確認します。

必須: はい

--size n

クラスター内で維持するインスタンスの数を指定します。

タイプ: 整数

必須: はい

--cluster, -c cluster_name

使用する ECS クラスター名を指定します。デフォルトは、configure コマンドを使用して設定したクラスターになります。

型: 文字列

必須: いいえ

--region, -r region

使用する AWS リージョンを指定します。デフォルトは、configure コマンドを使用して設定したクラスターになります。

型: 文字列

必須: いいえ

--cluster-config cluster_config_name

使用する ECS クラスター設定の名前が指定されます。デフォルトでは、デフォルトとして設定するクラスター設定が指定されます。

型: 文字列

必須: いいえ

--ecs-profile ecs_profile

使用する ECS プロファイル設定の名前が指定されます。デフォルトは、configure profile コマンドを使用して設定したプロファイルになります。

型: 文字列

必須: いいえ

--aws-profile aws_profile

使用する AWS プロファイルが指定されます。~/.aws/credentials という名前の既存のプロファイルから、AWS 認証情報を使用することができます。

型: 文字列

必須: いいえ

--help, -h

指定したコマンドのヘルプテキストを表示します。

必須: いいえ

この例では、現在のクラスターを 2 つのコンテナインスタンスにスケーリングします。

ecs-cli scale --size 2 --capability-iam

出力:

INFO[0001] Waiting for your cluster resources to be updated INFO[0001] Cloudformation stack status stackStatus=UPDATE_IN_PROGRESS

このページの内容: