Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

コンテナインスタンス AMI

基本的な Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) コンテナインスタンスの仕様は以下のもので構成されます。

必須

  • バージョン 3.10 以上の Linux カーネルを実行する最新の Linux ディストリビューション。

  • Amazon ECS コンテナエージェント (最新バージョンを推奨)。詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェント」を参照してください。

  • バージョン 1.9.0 以上を実行する Docker デーモン、および Docker 実行時の依存関係。詳細については、Docker ドキュメントの「実行時の依存関係を確認する」を参照してください。

    注記

    最大限のエクスペリエンスを得るには、対応する Amazon ECS エージェントバージョンに同梱されており、そのバージョンでテストされた Docker バージョンをお勧めします。詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントバージョン」を参照してください。

推奨

  • Amazon ECS エージェントを実行およびモニタリングするための初期化および nanny プロセス。Amazon ECS-optimized AMI は、エージェントを管理するために ecs-init RPM を使用します。詳細については、GitHub で「ecs-init プロジェクト」を参照してください。

Amazon ECS-optimized AMI は、これらの要件および推奨事項に従って事前設定されています。アプリケーションが特定のオペレーティングシステムやその AMI でまだ使用できない Docker バージョンを必要とする場合を除き、コンテナインスタンスには Amazon ECS-optimized Amazon Linux 2 AMIを使用することをお勧めします。詳細については、「Amazon ECS-Optimized Amazon Linux 2 AMI」を参照してください。