Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

ネットワークロードバランサー の作成

このセクションでは、ネットワークロードバランサー を AWS マネジメントコンソール で作成する手順について説明します。

ロードバランサーを定義する

最初に、名前、ネットワーク、リスナーなど、ロードバランサーの基本的な設定情報を指定します。

リスナーとは接続リクエストをチェックするプロセスです。リスナーは、フロントエンド (クライアントからロードバランサー) 接続用のプロトコルとポート、およびバックエンド (ロードバランサーからバックエンドインスタンス) 接続用のプロトコルとポートを使用して設定します。この例では、ポート 80 で TCP トラフィックを受信するリスナーを持つ、選択したネットワークのインターネット接続ロードバランサーを設定します。

ロードバランサーを定義するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーで、ロードバランサーのリージョンを選択します。Amazon ECS コンテナインスタンス用に選択したリージョンと同じリージョンを必ず選択してください。

  3. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [Load Balancers] を選択します。

  4. [Create Load Balancer] を選択します。

  5. [Select load balancer type] ページで、[ネットワークロードバランサー] の下の [Create] を選択します。

  6. [Configure Load Balancer] ページで次の操作を完了します。

    1. [Name] に、ロードバランサーの名前を入力します。

    2. [Scheme] で、[internet-facing] または [internal] を選択します。インターネット向けロードバランサーは、クライアントからインターネット経由でリクエストをターゲットにルーティングします。内部ロードバランサーは、プライベート IP アドレスを使用してターゲットにリクエストをルーティングします。

    3. [Listeners] のデフォルトは、ポート 80 で TCP トラフィックを受け付けるリスナーです。デフォルトのリスナーの設定をそのままにしておくことも、リスナーのプロトコルまたはポートを変更することも、[Add listener] を選択して別のリスナーを追加することもできます。

      注記

      複数のターゲットグループにトラフィックをルーティングする場合は、ホストまたはパスベースのルールを追加する方法の詳細について、「ListenerRules」を参照してください。

    4. [アベイラビリティーゾーン] で、Amazon EC2 インスタンスに使用する VPC を選択します。Amazon EC2 インスタンスの起動に使用した各アベイラビリティーゾーンについて、アベイラビリティーゾーンを選択し、そのアベイラビリティーゾーンのパブリックサブネットを選択します。Elastic IP アドレスをサブネットに関連付けるには、[Elastic IP] から選択します。

    5. [Next: Configure Routing] を選択します。

ルーティングの設定

Amazon EC2 インスタンスなどのターゲットをターゲットグループに登録できます。このステップで設定するターゲットグループは、リクエストをターゲットグループに転送するリスナールールで、ターゲットグループとして使用されます。詳細については、「Network Load Balancerのターゲットグループ」を参照してください。

ターゲットグループを設定するには

  1. [Target group] で、デフォルトの [New target group] を保持します。

  2. [Name] に、ターゲットグループの名前を入力します。

  3. [Protocol] と [Port] を必要に応じて設定します。

  4. [ターゲットの種類] で、インスタンス ID と IP アドレスのどちらを使用してターゲットを登録するかを選択します。

    重要

    サービスのタスク定義で、awsvpc ネットワークモード (起動タイプが Fargate の場合に必要) が使用されている場合は、instance ではなく、ip をターゲットタイプとして選択する必要があります。これは、awsvpc ネットワークモードを使用するタスクは、Amazon EC2 インスタンスではなく、Elastic Network Interface に関連付けられているためです。

  5. [Health checks] は、デフォルトのヘルスチェック設定のままにします。

  6. [Next: Register Targets] を選択します。

ターゲットグループへのターゲットの登録

ロードバランサーは、ターゲットグループに登録されたターゲットにトラフィックを分散します。ターゲットグループを Amazon ECS サービスに関連付けると、Amazon ECS はターゲットグループにコンテナを自動的に登録および登録解除します。Amazon ECS によってターゲットの登録が処理されるため、現時点ではターゲットをターゲットグループに追加しません。

ターゲット登録をスキップするには

  1. [Registered instances] セクションで、インスタンスが登録用に選択されていないことを確認します。

  2. [Next: Review] を選択して、ウィザードの次のページに移動します。

確認と作成

ロードバランサーとターゲットグループの設定を確認して、[Create] を選択し、ロードバランサーを作成します。

Amazon ECS サービスを作成する

ロードバランサーとターゲットグループを作成した後、サービスを作成する際にサービス定義でターゲットグループを指定できます。サービスの各タスクが開始されると、サービス定義で指定されたコンテナとポートの組み合わせがターゲットグループに登録され、トラフィックはロードバランサーからそコンテナにルーティングされます。詳細については、「サービスの作成」を参照してください。