クラスターの削除 - Amazon Elastic Container Service

クラスターの削除

クラスターの使用を終了する場合は、クラスターを削除できます。削除されると、クラスターは INACTIVE 状態に移行します。INACTIVE ステータスのクラスターは、一定期間アカウント内で検出可能なままになる場合があります。ただし、この動作は将来変更される可能性があるため、INACTIVE クラスターの永続化に頼るべきではありません。

Amazon ECS コンソールでクラスターを削除すると同時に削除される関連付けられたリソースは、クラスターの作成方法によって異なります。以下の手順の ステップ 5 はその条件に基づいて変わります。

クラスターが AWS マネジメントコンソール を使用して作成された場合は、クラスターの削除時にクラスター用に作成された AWS CloudFormation スタックも削除されます。基になるクラスターリソースを追加または変更すると、クラスターを削除する際にエラーが発生することがあります。AWS CloudFormation は、これをスタックドリフトと呼んでいます。既存の AWS CloudFormation スタックでのドリフトの検出の詳細については、AWS CloudFormation ユーザーガイド の「CloudFormation スタック全体のドリフトの検出」を参照してください 。

クラスターを削除するには

  1. Amazon ECS コンソール (https://console.aws.amazon.com/ecs) を開きます。

  2. ナビゲーションバーから、使用するリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択します。

  4. [Clusters] ページで、削除するクラスターを選択します。

    注記

    クラスターにコンテナインスタンスが登録されている場合は、そのインスタンスを登録解除または終了する必要があります。詳細については、「コンテナインスタンスの登録解除」を参照してください。

  5. [Delete Cluster] を選択します。以下の 2 つの確認プロンプトのいずれかが表示されます。

    • Deleting the cluster also deletes the AWS CloudFormation stack EC2ContainerService-cluster_name このクラスターを削除すると、クラスターで作成されて関連付けられたリソース (Auto Scaling グループ、VPC、ロードバランサーなど) もクリーンアップされます。

    • Deleting the cluster does not affect AWS CloudFormation resources – このクラスターを削除しても、クラスターに関連付けられたリソース (Auto Scaling グループ、VPC、ロードバランサーなど) はクリーンアップされません。また、このクラスターに登録されているコンテナインスタンスはすべて、クラスターを削除する前に登録解除または終了する必要があります。詳細については、「コンテナインスタンスの登録解除」を参照してください。AWS CloudFormation コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudformation/) にアクセスして、これらのリソースをすべて更新または削除できます。