タスク定義のリビジョンから登録解除するには - Amazon Elastic Container Service

タスク定義のリビジョンから登録解除するには

Amazon ECS で特定のタスク定義が不要になった場合は、そのタスク定義リビジョンを登録解除すると、タスクの実行やサービスの更新時、タスク定義リビジョンは ListTaskDefinition API コールやコンソールに表示されなくなります。

登録解除されたタスク定義リビジョンは、すぐに INACTIVE にマークされます。INACTIVE タスク定義リビジョンを参照する既存のタスクおよびサービスは、中断することなく引き続き実行されます。INACTIVE タスク定義のリビジョンを参照する既存のサービスは、希望するサービスの数を変更することでスケールアップまたはスケールダウンできます。

INACTIVE タスク定義のリビジョンを使用して、新しいタスクを実行したり、新しいサービスを作成したりすることはできません。また、INACTIVE タスク定義のリビジョンを参照するように、既存のサービスを更新することもできません。ただし、登録解除後 10 分経過するまでは、これらの制限が有効にならないことがあります。

注記

現時点では、INACTIVE タスク定義のリビジョンはアカウントで無期限に検出可能です。ただし、この動作は、今後変更される可能性があります。したがって、関連するタスクおよびサービスのライフサイクル以後にも持続する INACTIVE タスク定義のリビジョンに、依存するような構成は避けてください。

新しいタスク定義の登録を解除するには (クラシック Amazon ECS コンソール)

  1. Amazon ECS コンソール (https://console.aws.amazon.com/ecs/) を開きます。

  2. ナビゲーションバーから、タスク定義を含むリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Task Definitions (タスク定義)] を選択します。

  4. [Task Definitions] (タスク定義) ページで、登録解除する 1 つ以上のタスク定義リビジョンを含むタスク定義ファミリーを選択します。

  5. [Task Definition name] (タスク定義) ページで、登録解除する各タスク定義リビジョンの左側でボックスを選択します。

  6. [Actions]、[Deregister] の順に選択します。

  7. [Deregister task definition] (タスク定義の登録解除) ウィンドウの情報を確認し、[Deregister] (登録解除) を選択して終了します。